0556
只今自宅に到着しました。

仕事帰りに社員の早苗ちゃんの女子寮に寄って、2回ほどエッチしてきました。


早苗ちゃんは19才で、先月入社したコです。

前からそれとなくアプローチをしてて、3日前だったかな?何回かお願いしたら、「いいよ~」って言ってくれました。

女子寮は男子社員禁制なので本来なら入る事はできないのですが、今日は他の女子社員が全員遅番だったので大丈夫でした。


部屋に入るなりイキナリ早苗ちゃんに抱き付いちゃいました。

早苗ちゃんは濃厚なキスが凄く好きみたい。

自分から舌を絡めてきます。

自分も早苗ちゃんの舌を軽く噛んだり、歯の裏とかも舐めてたり・・・。

そのうち早苗ちゃん、立ってられなくなったのかしゃがみ込んでしまいました。

それからは横になっておっぱいを攻撃。

早苗ちゃんは小柄でロリ体型のくせに胸は結構ありました。

しかも、かなり美乳。

小梅のような乳首を舐めたり吸ったり噛んだりしました。

そしたら乳首がコリコリになって、とれちゃうんじゃないかと思いました。

早苗ちゃんは体中が性感帯みたい。

舐める度にビクンビクンと震えてた。

なんか凄く可愛かったです。


こっちも興奮してチンポが完全勃起状態で、気が付いたら先っぽからカウパーが垂れてました。

もう、ソッコーで入れたくなって仕方がなかったので下の服を脱がしました。

そしたらサイズの小さい可愛い紐パンで、かなり萌え・・・。

その可愛い紐パンを横にずらしてマンコをいじったらもうヌルヌルでした。


本当は早苗ちゃんにフェラしてもらいたかったけど、その必要もないくらいギンギンだったから別にいいかなぁと思ったから、パンツずらして入れちゃいました。

結構キツめでしたけど、濡れてたから簡単に根元まで入っちゃいました。

早苗ちゃん、すごくいいコです。

あまりにも気持ちいいマンコだったので、早苗ちゃんの事いっぱい褒めちゃいました。

早苗ちゃんはカラダがちっちゃいから小学生か中学生とやっているみたいで、なんだか凄く興奮しました。

完全主導のセックスでしたね。

早苗ちゃんに抱き付いてグリグリしてあげました。


1分くらいしたら、「ひゃっ!ひゃっ!」とか変な声出し始めたから、「あれっ?イクのかな?」と思ったので、チョイ強めに小突いてあげて・・・。

案の定、プルプル震えながらイッたみたい。

僕の顔を涙目でじっと見つめちゃったりして、なんかとても可愛かったです。


こっちもチンポがパンクしそうだったから、「もう1回ね。

次は勝手にイッちゃダメだから」って言って激しくスパート。

なんだか早苗ちゃんを犯している気分。

早苗ちゃん、なんか失神しそう・・・。

んで、早苗ちゃんのガクンガクンって挙動でイッたのを確認。

早苗ちゃんの唇をブチュブチュ吸いながら、そのまま射精体勢に。


早苗ちゃん、「んん~っ、ちょっ・・」とか言いながら腰を動かしたので、ちっちゃいカラダをがっちりホールドして中出し敢行。

自分でもびっくりするくらい長い射精だったと思います。

なんだかその日のエネルギーを使い果たした感じでした。

早苗ちゃんもボーッとした表情で目が潤んでた。


んで、疲れながらも余韻で腰を動かしてたら、また勃起してきちゃって・・・。

1回目も中に出したから2回目も中出し。

2回目もいっぱい出ました。

早苗ちゃん、2回目は逃げなかったです。

今までセックスしたコで一番気持ちよかったです。

そのまま2人で2時間くらい寝ちゃいました。


起きたら「気持ちよかったよ~」って早苗ちゃんも言ってくれたので、「ならさ、また遊んじゃう?」って言ったら、「また遊んで欲しいけど、絶対誰にも言わない?」って言うから、「言わないよ」っていうかしゃべれる訳ないじゃんとは思いましたけど。


今度、早苗ちゃんと遊ぶ時は今日みたいに中出しできるといいな~。

次に遊べるのはいつかなぁ?今日は中出しOKだったから、次もそうだといいな~って思います。

次までオナニー我慢します。


このままセフレに出来ちゃえば最高ですけど、早苗ちゃん結構可愛いし・・・。

他の野郎どもに気をつけないとです。

次のエッチでもメチャメチャに気持ちよくさせて、早苗ちゃんを僕専用にできるように頑張ります。


実は結構自信ありです。