0550
もう6年半も前の話になるが・・・。


当時、俺は29歳(以下、田中けん)。

彼女は27歳だった(以下、長谷川りな)。

彼女のスペックは、155センチ・48キロ・Bカップ。

顔は、綺麗というより可愛いという感じだった。

彼女は、俺がリーダーを務め、これから立ち上げるという業務に派遣社員として着任した。

最初の内は、正社員も交えた数人の部下の一人として、特に何の感情もなく淡々と業務をしていた。

ある日、少々重い仕事を彼女に振ってしまい、彼女が残業をする羽目になってしまった。

俺は自分の業務もまだ残っていたし、仕事をまかせている彼女より早く帰ることはあり得ないので、当然残っていた。

そこそこの時間(確か21時頃)で仕事も片付き、帰り支度をしていたが、たまにはおごってやるかくらいの軽い気持ちで、りなを飲みに誘った。


この時、彼女と初めて飲みに行ったが、彼女に会ってから既に2ヶ月が過ぎていた。

要はそれまではまったく女として見ていなかったということだ。


その飲み屋で、仕事のことや趣味の事などたわいのない会話をした。

あっという間に2時間程が経過し、23時30分頃となった。

最終電車も気になるところなので、お開きということで席を立ち外に出た。


俺は、握手をしようと手を差し出した。

(酔ったおやじがよくやる行動だ)

りなは何の躊躇もなく、手を差し出し握手をした。

(この握手が全ての始まりでした。


どうしてか、りなは手を離しません。


ぼく「何してるの?手離しなよ」

りな「・・・」

ぼく「なんだよ?」

俺は、半ば振り払う感じで、手を離した。


ぼく「どうしたん?」

りな「田中主任・・・、これから家に寄ってもらえませんか?」

ぼく「(なんだよ?訳分からん。

いきなりかよ)どうして?」


りな「来てほしんです・・・(涙目)」

要は俺は誘われてる訳だが、この2ヶ月間も今日の飲みの時もまったくそんな素振りはなかったし、まったくの突然という感じと前置き無しのストレートな誘いなので少々戸惑った。

しかし、すぐ気を取り直し行くことにした。

付き合ってる彼女はいたが、俺にとってはそれは断る理由にはならなかったので。


ぼく「いいの、行って?」

りな「はい・・・」

ぼく「そんな態度で誘ったら、最後までOKだと思っちゃうよ」

りな「はい・・・」

彼女の家は、一般的なワンルームマンションの2階だった。

ドアを開け中に入った途端に、彼女は振り向き首に手を回してのディープキスとなった。

俺もやる気マンマンで電車に乗り、彼女の家までついて来たので、すぐに応戦した。

スカートをたくしあげパンティの上(おへその方)から手をすべりこませ、マンコを触った。

驚いたことに、この時点でお漏らしをしたようにぐしょぐしょだった。


そのままなだれこむようにベッドへ行き、愛撫をしようとしたところ・・・。


りな「入れて」

ぼく「(ラジャー!しかし、いきなり入れてかよ)いくよ」

パンティだけは、脱がせて正常位で挿入した。


りな「あぁぁーん。

はぁー。

いぃー。

けんちゃーん」


ぼく「(もう、けんちゃんかよ。

)いいよ、りな。

気持ちいいよ」


・・・とは言ってみたが、はっきり言ってゆるゆるのマンコだった。

相当使い込んでると思われ、確かめてみようと一旦チンポを抜き、クンニをするふりでマンコを観察した。

そこは、裏ビデオに出てくる訳の分からんAV女優並みに黒ずんでいた。

また、ひだひだもすごく伸びた状態になっていた。


(何人と何回やればこんなマンコになるんだろう)と考えながら
(これなら何やってもOKだな)とも考えた。


マンコはあまり気持ちよくないので、奉仕させることにした。


ぼく「ねえ、舐めてよ」

りな「わかった、けんちゃん」

玉なめから始まり、アナルなめ、竿なめをしてくれた。

これが上手いのなんのって、もう最高だった。

程ない時間で口内発射となり、ヒクヒクしていると、そのままザーを飲み込み休むことなく俺の内もも、たま、アナル、竿をまたなめ始めた。


もう今までに味わったことのない気持ちよさで、喘ぎ声を上げていたら、なんとりなは俺のアナルに指を入れようとしてきた。

さすがにこれには驚き穴が締まってしまい、上手くいかないと・・・。


りな「けんちゃん、力抜いて」

ぼく「う、うん・・・」

また指でトライを始めた。

そしてとうとう指が中に侵入してきた。

そして、それをゆっくり優しく中で動かし始めた。

これが気持ちいいのなんのって、電気がチンポから頭、足まで全身に走るような感じで、あえぎまくっていた。

そしてのたうちまわるくらいによがっていると、快感がどんどんどんどん押し寄せてきて、なんとチンポに全然触られていない状態で射精してしまった。

もう、やる気など起きるわけがなくぐったりしていると、奉仕しかしていないりなは不満であり、俺を仰向けにしてテクニックを駆使しチンポを復活させ、俺の上で勝手に腰を動かしていた。


俺のチンポは普通よりは少々大きい方なので、りなには満足してもらえたらしく、俺の上で3回ほど逝っていました。

しかし、ゆるゆるマンコでは俺は3回目を逝くことはなかった。

結局、その晩は泊まって夜中やりまくってた。

もう一回アナル攻めをお願いするとやってくれ、またチンポ触りなしの射精をしてしまった。


それからは、りなの家にちょくちょく行くようになり、かなりの回数Hをした。

また、会社内の至るところで色々なことをやった。

トイレ・給湯室・女子更衣室・休憩室・非常階段・屋上と考えられる場所全てを制覇した。

とにかく、りなのテクにやられてしまい、今までで最高に気持ちよかった経験談でした。


ちなみに、りなとは2年位続き、りなが故郷に帰るとの理由で引越しをしてしまいました。

それっきりです。


別に彼氏彼女という付き合いをしなかったので、根堀葉堀は聞かなかったが、りなとは何者だったんだろう?
あのマンコの使い古し具合、そしてあのテク。

ただのヤリマンか!


(2年の間そんな関係を続けても「付き合って」の一言もなかったもんな)