0033
僕の姉とは年がまったく離れていません。


実は自分は二卵性双生児なんですけど、たまたま姉の方が早くでてきたから姉らしいです。

年も近いので、と言うかまったく離れてないので、お互い名前で呼び合ってます。

姉とはいまでもお風呂を一緒に入りますが昔はなんでもないのにアソコが立っていることがありました。

その頃はまだ子供なので「なんで立ってるんだろう?」って思ってました。

そしてお風呂に入ってるときもたびたび立ってるときがあって「姉になんでたってるの?」なんて聴かれたときもありました。


だけど、僕も思春期になり姉と一緒にお風呂に入るたび姉の裸などを意識するようになり、お風呂に入ってるときはいつも立ってる状態になってしまいました。

姉の方が性の知識が豊富になってきたりして立ってるものを見られるたび「えっちーw」とか言うようになりました。

姉とお風呂にはいってるときはいつっも立ちっぱなしでしたが抜くってことはまだしらなかったです。

そしてある日のお風呂のできごと。

僕は姉に背中を洗ってもらってたとき姉がいきなり僕のものの触ってきました。

「うわーこんな感触なんだぁー」とか姉はいってましたが「僕はさわらないでよー」と嫌がりました。


だけど姉は興味があるらしく「おちんちんも洗わしてー」と言うので僕も別にいいかなって思ったのでさわらしてあげました。

姉は普通にスポンジで洗った後、手で触ってきました。

その時、たまたま僕のアソコの皮を剥いてしまいました。

はっきり言ってそのときまだ皮を被っていた僕はものすごい激痛に「いたー」といって屈みました。


姉はびっくりして「ごめんねごめんね」と何度も繰り返しました。

僕もちょっとずつ痛みが引いたので「気にしないで・・・」といって一緒に湯船につかりお風呂をでました。

お風呂から上がった後ご飯を食べたりみんなでテレビも見たりして10時ぐらいになったので僕は自分の部屋でパソコンでもしよっかなと思い自分の部屋にもどりました。


自分の部屋についてパソコンの電源を入れたときノックがしたので誰かと思ったら姉がいました。

いつもはノックなんてしないのになんだろうって思ったら「お風呂ではごめんね。

上下に動かすといいって聞いたから。

」と話し始めました。

僕は「へぇーそうなんだー」と聞いていました。


姉は「自分でいじったりしないの?」って言ってましたがまだオナニーをしてなかったので、「しないよー」って素直の答えました。

姉は「じゃあしてみない?」唐突なことを言い出しました。

僕は「別にいいよー」って言いましたが、なぜか姉は引かず「やろ」ってことになりました。

僕はベッドに座り下半身のパジャマを脱ぎました。

すでになぜか立っていた僕のアソコを姉はじーっとみてました。


姉に言われたとおり上下に動かしたりしましたが、その時はなぜかあまり反応がなかったです。

姉が「どう?」って聞いてきたので僕は「別に変わらない」といいました。

そしたら姉が私に「触らして」というのですが、お風呂でのこともあり僕は「やだ」っと言いました。

それでも姉は触りたいらしく、僕は「あんま下に引っ張らないでよ」と言い触らしました。

姉はベッドに座る僕の足元にひざまずいて両手でぎゅーっとつかみました。


その後、いろいろやって二人でセックスしてしまいました。

始めては気持ち良くて何回も姉の中で出したのを覚えています。

何回やってもちんちんは立ったままでしたが、さすがに痛くなってやめました。

姉がしゃがむと僕の精液が出て来たりして、その後の処理が大変だったです。


僕はその味を覚えてしまって、ほぼ毎日姉とセックスしてました。

その時はずっと中だしだったけど今考えたらよく妊娠しなかったなと思います。

姉の方が性の知識も豊富で「ちゃんと避妊しよう」と言ってきたのも姉のほうでした。


始めの頃は僕は自分が逝くのが気持ちよくて、前戯などまったくしないで始めてました。

その頃は姉はあんまり気持ちよくなかったそうです。

姉は何処からかいつも性の知識をもってきました。

きっとパソコンからだと思います。

前戯を覚えたのも姉が「始める前に舐めてよ」と言ったことから前戯も覚えました。


それ前はただおっぱいをちょっと揉んだりしたら直ぐ入れてたんだけど、姉の言う通りに始める前は舐めたり触ったりして、姉を気持ち良くさせてからセックスするようになりました。

姉の方が僕よりセックスに興味あるらしくいろいろ体位なども指図してきました。


セックスの主導権は完全に姉の方にありました。

僕がやりたがっても、姉の気がなければまったくさせてくれませんでした。

たしか中2の頃姉は、Gスポットの知識をもってきました。

「指を入れてクリの裏をなでてみて」と言われたので姉の中に中指を入れてクリのうしろ辺りはこすってあげました。

姉はその時は凄く悶えてて、僕はGスポットをさすりながら口でクリを転がしました
姉はいままでに無い声でというか声が出ないような感じでのけぞり逝きました。

姉はその時始めてイったらしく「いままでで一番きもちよかったー」って言ってました。

その後、姉は僕がいってもセックスは終わりにしなくなりました。

セックスするときは前戯で本番で僕が逝きます。

そのあと後戯で姉を逝かせることが僕達のセックスになりました。


姉は後戯で逝かない時もありました。

1時間以上舐めたときもあります。

その時は姉が「もうかんにんして~」って言って終わったときもありました。

だけどいつも9割型姉を逝かせることができセックスを終えていました。

その頃から重大な問題が浮かんできました。

まだ中2だったのでほぼ毎日、姉があの日ではないときはセックスしてました。

重大な問題とはコンドームを買うお金がなくなってしまったのです姉は「外にだしなさいよ」と言ったので、その日は外で出そうってことになったのですが、間違えて中で出してしまいました。

僕は気持ちよい意識のなかで「やっばー」って思ってました。


姉は「へたねーw」といって笑っていました。

僕はどうしても生の時は外に出せませんでした。

気持ち良すぎて外に出せなかったのです。

コンドームが変えないときはいつも中だししてたけど妊娠はしませんでした。

姉がちゃんと良い日とコンドームの日を作ってくれたのでコンドームを買うお金が断然浮きました。


その後、中3になったとき僕は皮が剥けてきました。

姉はその変化をたのしんだしりてました。

剥けてからすこしたったとき姉はセックス中、なぜか失神してしまいました。

姉は入れたままで逝ったことがいままでなかったのでびっくりしました。

そのとき姉はおしっこを漏らしてしまい布団の片付けが大変だったです。

「なんで布団洗濯したの?」って親に言われました。

そのとき「コーラをこぼしてしまって」とか嘘をついてました。


姉は失神することをオーガニズムだと言ってました。

なんかものすごく気持ち良くていつもの後戯のクリで行くのとは段違いだといってました。

なぜかその後一週間に一回は姉は僕が入れたままで逝くことができるようになりました。

「やっぱ入れたままで逝くのがさいこー」って姉は言ってました。


姉の性知識の賜物なのか僕たちは色々ためしたりして、まったくセックスに飽きずにやってました。

だけど中3の夏休み最悪なことが起きてしまいました。

親は共働きでして母のほうは夕方、父の方は夜帰って来たので、僕たちがセックスするときはお風呂場か昼間が多かったです。

その夏休みのとき僕たちはちょっと夕方にセックスを始めました。

まだ母が帰ってくるには早かったので、どこかで気が緩んでたのかもしれません。

その時は居間で二人で裸で抱き合ったりキスしたりしてました。

そして姉が僕の上でまたがり僕のものを入れて楽しんでた時でした。

玄関のドアが開いた音がその時はまったく聞こえませんでした。


姉も聞こえてなかったでしょう。

いきなり母が帰ってきました。

僕たちは二人でセックスしてる姿を見られてしまったのです。

母はビクッとして僕たちの方に近づき姉を叩きました。

次に僕も叩かれました。

「早く服をきなさい!!」と強く言われて、「話があるから」と言い、姉と一緒に外に出てしまいました。

僕はものすごい罪悪感と、これからどうなるかと思い自分の部屋にいました。

夜になって、母と姉と父が何故か一緒に帰ってきました。


僕は居間に呼ばれ、いきなり父に頬を殴られました。

姉は「なんで弟だけ殴るのよっ!」怒りましたが、そのとき父が泣きました。

父はおばあちゃん(父の母)が死んだときも泣かなかったのに、初めてみた父の涙でした。

その涙を見たとき、僕はものすごく心が重くなりました。

この感情を表す言葉を知らなくてすみませんが、なんか罪悪感にも似た重い感情でした。


殴られた後「部屋に戻れ」と言われたので、もどって寝ました。

次の朝がものすごく憂鬱だったです。

だけど、なぜか母はいつもと変わらず僕に接してくれました。

それが薄気味悪かったですが、親二人は時刻になったので働きにいきました。

姉と二人きりになったので母に連れて行かれたとき何をしたのか聞きました。

姉は「たいした事は話していない」と言いました。


「中出ししてたのか」とか、「いつからこのような事をしてるのか」とか聞かれたと言ってました。


そして「これからはもう絶対こうのようなことはしない」と、姉は言ったそうです。

なぜ姉だけにそのような話しをしたかわかりませんでしたが、姉いわく、帰ってきたら父が僕に聞くはずっだったらしいです。

だけど、いきなり殴ったので予定が変わったんじゃないかなって言いました。

その日、父が帰ってきたら僕の部屋にきていろいろな話しをしました。

姉とのセックスとはまったく違う話もしたりしました。

最終的に「もう絶対姉とセックスはしない」と約束をしました。

父が部屋を出るときに「はやく彼女をつくれよ」って言ったのがなんとも言えなかったです。


その後、僕たちは一緒にお風呂に入ることも禁じられました。

姉も親に「もう絶対に僕とセックスはしない」と言ったそうですが、姉のほうから求めてきたりしました。

僕は父との約束もあり断りったりしてましたが、姉が「オナニーの手伝いならいいでしょ?」というので、僕は、「うん」と答えてしまいました。

姉は舐めたりしてくれましたが、「やっぱ入れた方がいい」というので僕はなすがまま、また姉とセックスしてしまいました。


そんな感じで高2の今になってもこの関係は続いています。

親を裏切ってますが僕たちはずっと体を合わせています。

僕と姉とはまったく正反対です。

僕の利き手は左なのに姉は右だし、姉はかっぱつで積極的ですが、僕はどちらかというと消極的なほうだし、食べ物の好みなんかもちがいますし、だけど僕たちは仲がいいです。

それに体の相性もいいです。

この夏、姉は「25になっても二人とも結婚しなかったら一緒に暮らそう」って言いました。

僕はそれもいいなと思います。


一般の兄弟とは違うかもしれませんが、こういう関係もいいかなっておもってます。