0128
もう七年ほど前の話ですが、大学卒業の記念に温泉に行きました。


男と女が3人ずつ、計6人で新潟の山奥にある秘湯へ。

女の子は、ケイコちゃん、ミナちゃん、サチちゃん、とします。


僕たちのほかに誰もいないところでしたし、みんな離れ離れになるということで最後の思い出にとみんなで混浴しました。

・・・とはいえ、割とまじめなグループでしたので女の子はバスタオルを軍艦巻き、男もタオルを完全に腰に巻き、お互いどこも見せないという格好でした。

4年間の思い出などを語り合ったりするだけでしたが、それはそれで楽しく過ごしました。

1時間くらい入ってて、じゃあそろそろ上がろうかっていう雰囲気になったときワイワイとにぎやかな声が聞こえてきました。

女の子4人組でした。

とてもノリノリな子たちで、「おじゃましていいですかー?」と聞くが早いか、次々にお湯の中に入ってきました。


聞くところによると、僕たちより3つくらい上のOLだそう。

ニュアンスが伝わるかわかりませんが、僕たちとはちょっと住む世界が違うって感じで、完全に僕たち6人をリードする形でずっとしゃべり続けてます。

そのうち、きれいめOLのAさんが「バスタオル取っちゃおっかなー」と言い出し、もうひとりのBさんも「いいねいいね、マッパマッパ」と盛り上がりはじめました。

きっとウブな僕たちをからかってたんでしょうねw

Aさんはお湯につかりながらですけど、ほんとにバスタオルを取っちゃって、おっぱいポロリン。

僕たちは顔を見合わせましたが、そのときの上気したような女の子たち(ケイコちゃんたち)の顔のほうがエロかった。

そのうちOL4人はみんなバスタオルを取っちゃって、おっぱい見放題。


ちなみに僕らの友達の女3人は、「なによ!」っていう感じではなく(内心はわかりませんが)、純粋にその場の盛り上がりを、驚きと共に楽しんでいるようでした。

しばらくお姉さんのおっぱいやお尻を堪能していると、OLのCさんが「ほら、あんたたちも取りなさいよ」と言って来ました。

女の子3人は「えーっ?!」とか「やだー」と言って笑ってごまかしていました。

彼女らが裸になるわけがないのは4年間の付き合いでわかってます。

そしたら矛先は当然僕ら男性陣のほうへ。


「じゃあんたたちだけでも。

ほらっ」っと言ってタオルに手を伸ばしてきます。


僕ら男たちも、人前で脱いだりするような人間はいなかったので、結構みんな本気で逃げてました。

僕も当時は相当恥ずかしくてお湯の中を逃げ回ってました。

そのうちお姉さんたちはE雄(男友達)に狙いを定めたようで、4人がかりでE雄のタオルを剥がしてしまいました。

E雄は辛うじて剥がされたタオルで股間を隠し、遠くに逃げていきました。


そのときお尻が丸見えになり、女の子たちから「きゃーーっ」と声が上がりました。


僕は当時はなぜだかわからぬまま、頭が真っ白になるほど興奮していました。

気を失いそうになるほどでした。


お姉さんたちは今度はF男に襲い掛かろうとしましたが、F男はぎりぎりのところで難を逃れE雄のほうへ。

ふと女の子たちを見るとケラケラと楽しそうに笑ってる。

F男の裸は見えなかったと思うが、この子達もこういうので笑うんだ・・・とショックを受けつつ、頭は真っ白。


そして、ついにお姉さんたちは僕のほうに向きを変えました。

そのときはまだ初めての体験で自分の興奮の意味がわかってなかったので、ヤバイと思い身構えました。

しかしお姉さんたちはいっせいに僕に掴み掛かってきたので逃げられません。


もみくちゃにされる僕。


辛うじてタオルを取られないまま逃げ出せたと思ったら、目の前にはミナちゃんが。

お姉さんが「捕まえてー」というと、ミナちゃんは笑いながら僕の腕を掴みました。

ミナちゃんは3人の中ではまだノリのいい子でしたが、僕はびっくりして、立ち上がってしまいました。


そのとき、後ろからきたお姉さんの一人が僕の背後からタオルを一気に奪いとってしまいました。

体がすーっと宙に浮くような感じがして。

僕の真ん前に座っていたミナちゃんが「キャッ」と言って顔を背けました。


慌てて手で股間を掴むように隠して周りを見ると、真ん前で見たミナちゃんと違ってケイコちゃんとサチちゃんは笑ってました。

ミナちゃんもそそくさと下がり、3人に「さいってーー」とか「信じらんなーい」とかさんざん言われました。

お姉さんたちは後ろで笑ったり「こっちにも見せてー」とか言ってました。

僕は足ががくがくするほど興奮していました。


3人の女友達にアソコを見られ、お姉さんたちにお尻を見られ・・・。


そのうちE雄とF男、お姉さんたちも集まってきて、ミナちゃんはお姉さんに「しっかり見ちゃったねー」と言われて、真っ赤になりながら「いい記念になりました」と言い返していました。

ちょっと一段落して、まったりしてるとAさんが「F男だけズルイ」みたいなことを言い出して、3人も開き直ったのか「そうだそうだ」というようなことを言って一緒に騒ぎ出しました。

するとF男は「しょうがねーなー」と言い、立ち上がってくるっと後ろを向くとタオルをバッと取っておしり全開。

3人ももう慣れたのか、「いやー」と言いつつも普通に笑って楽しんでました。


そのときお姉さんのうちの一人が「3人のなかで誰が一番大きいか比べてみよう」と言い出しました。


僕はドキンっとして、「7人の女の子にまじまじと見られるのか?」と思い、想像の中だけで息苦しくなりました。

さすがに3人も「それはちょっと!」って感じで、なによりE雄が本気で拒否したので、代わりに男3人のなかでお尻が一番きれいな人を決める大会に落ち着きました。

僕らは三人並んでお尻を出しました。


結果はE雄が3票、僕とF男が2票ずつでした。


審査の最中、お姉さんが僕らのお尻をピチャピチャと叩き始め、誘われたミナちゃんとケイコちゃんも加わり、僕も2人に叩かれました。

もうそのころには完全に快感だと認識できていて、一番お気に入りだったサチちゃんにも触られたくて触られたくて。

悔しいのがまた快感みたいなわけのわからない状況でした。


・・・という具合で、僕の初めて知り合いに裸を見られる体験は終わりました。


結局3人は一切脱がず、サービスもありませんでしたが、そこまでガードの固い女の子達とあんな体験が出来たってことがかえって良かったかなと思っています。