15
私と、私の彼女の有香は大学が同じで、2人とも今年で20歳です。

有香は童顔で、身長も小さく155cmで、胸もまあ、許せるくらいでしょうか。


彼女には1つ下の妹、有希がおります。

有希は165cmくらいでスーとした綺麗系の顔です。

有希には21歳の彼がおり、彼の家に同棲しております。

先日、その彼の家にお邪魔し、夜遅くまで、酒を飲みつつ駄べってました。

その彼とも親しく話すようになり、酒が切れたとき、その時の雰囲気でなぜかその彼と買物に行くことになりました。


その途上、彼は「有香ちゃん、可愛いな。

有希もいいけどな。

どう思う?」と、聞いてきました。


私は有希に興味があったので「有希ちゃんの方が可愛いんちゃう。

もう見飽きたわ」と応えると、彼は「なあ、今晩有希を抱いてみいへん、その代わり有香ちゃん抱かして」と言ってきました。


「でも、許さんやろ。

ふつう」と応えると、

「ちょっといい計画考えてんねん」と言います。


その計画とは・・・。

まず、今日は4人でその彼の家に泊まることにする。

一応、酒を飲みつつエッチな話をおり混ぜつつ就寝へ。

寝るときは別々の部屋でカップルで寝る。

当然のように各々の彼女を愛撫する(いかせても良い)。

十分やる雰囲気になったら、「トイレに行ってくる」と言って部屋を出る。

出るときに、「帰って来たら、今度はやってね」と言って布団を頭から被せておく。

片方の男がトイレに行ったら、すこし後にもう一人の男がトイレに向かう。

そして、そのまま入れ替わって彼氏になりきって相手の部屋に入る。

布団に入ると相手の彼女の頭を下腹部にそっと押しやり、フェラに持ち込む。

そのあとは、今回はできるだけ最後まで気づかれない様に、やれるとこまでやる。

やばくなったら、またトイレに行き、同様にして、元に戻る。


大変危険に思えたのですが、有希を抱きたい気持ちもあり、そのうえ酒も入ってるためか気が大きくなってしまって、即その計画に乗ってしまいした。

コンビニで冷酒やおつまみを買い、内心ドキドキしつつ計画について話したり、自分の彼女の敏感なところや、自分の癖などを抜かり無く教え合いながら帰途につきました。


部屋に帰り、1時くらいまで飲んだでしょうか、そろそろ寝ようと言うことになりました。

有香は最初から泊まるつもりだったんでしょう。

歯磨きをしたり、カップルで風呂に入ったりして、その後、私達は彼のベッドの部屋を使わせてもらえることとなり、お礼を言いつつ(意味深な顔で)、各々の部屋に入りました。

布団に入り、有香を抱きキスをしました。

酒臭かったので口を首から胸に移し、右手は足に、口は乳首を愛撫します。

有香は大変感じやすく、胸の愛撫だけでいきやすくなります。


その日も「妹の彼の布団の中」という特殊な状況に興奮したのか、良く感じます。

クリトリスを愛撫し続けると、有香も手を私のパンツに滑り込まします。

お互いを愛撫しあった後、おもむろに有香のズボン(妹から借りたトレーナー)を下ろし、クンニに入ります。

有香も声を出さないように布団に顔を押しつけ耐えています。

舌で転がしたり、弾いたりしているうちに、有香も終わりに近付いて来たのでしょう、体に力が籠り、時々ピンと腰を浮かします。

いきそうになると、舌で触れるか触れないかの微妙な刺激に変えて焦らし、おさまってくると、強弱をつけ激しく刺激します。

そんなことを、20回繰り返し、最後は腰を引いて快感から逃れようとする有香のお尻をつかまえて愛撫します。

腰を激しく振り、有香はいきました。

多分声は隣まで聞こえていたでしょう。

そのあとこそばゆくなる期間をおいて、また愛撫します。

そんなことの繰り返しで4、5回ほどいかせたでしょう。

有香の愛液と私の唾液でべとべとです。

そのとき、となりの部屋のドアの開く音がし、足音が聞こえました。


私は顔を上げて、有香に「ちょっと待ってて、帰ってきたら頼むね」と言い、キスをします。

有香は「わかった。

はやくね」と言い、キスを返します。


私は部屋を出て、トイレの前に行きます。

そこで、有希の彼と無言の合図を交わし、私はそのまま妹の有希の部屋に入りました。

どうも布団を被り切っていないようなので、私は足の方から布団に入り、有希の足に達しました。

有希は完全に騙せたようです。

そこから徐々に上に手を滑べらせマンコに到着。


洪水でした。


私は熱くなっていたので有希の腰まで布団をあげ、クンニをしました。

かなり感じていたのか、有希の声は布団の中で籠っていましたが、大きいものでした。

そのとき後ろでトイレの流れる音がし、続いてドアの閉まる音がしました。

向こうでどうなるのかちょっと心配でしたが・・私は有希に集中し、一回いかせました。


そしてパンツを脱ぎ、布団を頭から被せつつ、有希の顔をちんちんに寄せました。


有希は躊躇無く彼と思い込みフェラをします。

有希は姉と違い、玉の裏から丹念に舐めてくれます。

私はかなり興奮しましたが、ここでいってはと思い、必死で我慢します。

絶対に声は出せません。

有希はなかなかイカない私をいかそうと咥えたまま激しく頭を振ります。

私も限界を感じ、そのまま射精。

その後も丹念に舐めて綺麗にしてくれます。

また大きくなってこようとしたそのとき、有希が布団から出ようとしました。

私はびっくりし、慌てて彼女の頭を押さえ、そのまま後ろを向かせます。

そして布団を被せ、私と有希の間に布団を入れました。

手は彼女の股間にあります。

私は後ろからの挿入を考え、まず愛撫しました。

そうすると有希も前から手を伸ばし私を探します。

手をチンチンに導き、しばらくお互いを愛撫しながら楽しみました。


もうそろそろだろうと思い、有希のマンコのにチンチンを宛てがって擦ります。

入口を見付け、一気に突きました。

有希も布団の中で「ううぅ」と呻きます。

中の感触はなかなかです。

姉と違い、ざらっとした感触があります。

締まりは濡れすぎていたため、あまり感じませんでした。

私も一回いっていたので少しは余裕があります。


後ろから激しく突きながら、手でクリトリスを愛撫。

たまにケツにも指を入れたりして10分ほどしたでしょうか、有希も限界が来たのか声がかなり布団から洩れて来ます。

布団を捲らないように、布団越しに有希の肩を押えていたのですが、私も必死になっており、気付けば布団をふたりで挟む形になっておりました。

当然妹の声は部屋に響きます。

そして体を反らして有希はいきます。

有香のことを思い出し、耳を澄ますと、隣の部屋からも呻くような声が聞こえていました。

有香にはいくときは「いく」と言えと教育していたため、隣の部屋からは時々、有香の「いく。

いくぅ!」という声が聞こえます。


その声に興奮した私は、いったばかりの有希のマンコを突き続けます。

有希は二度の快感に我を忘れて喘ぎます。

3度程いかせたところで私も限界です。


「中でいいのか?」とか聞けませんし・・悩んでいますと、有希が「もう、いっていいよ。

一緒にいこう」と言います。


少々の罪悪感を感じつつもラストスパート。

めでたく中出ししてしまいました。

すかさず布団を被せ、私はトイレに逃げます。

向かいの部屋からはまだ有香の喘ぎ声が聞こえます。


しばらくトイレで我慢していると有香の「ああぁ・・いい、いくぅ・・」という声が聞こえました。


しばらくしてドアが開き、彼が出て来ます。

私はトイレを流し、彼は私ににんまりと笑い、そのまま有希の部屋に帰りました。


私は1分程トイレでじっとし、流した後有香の部屋に戻りました。

有香は全裸で布団の中で待っていました。


「妹の家でするのって興奮するね」と言います。


私は「よかった?」と聞きますと、「むっちゃ、感じた。

でも中だしダメっていったのにーー」と言います。


手を伸ばすと既にティッシュで拭いていたのか、乾いていました。


「有希のとこも凄かったね、喘ぎ声聞こえてた。

私らも聞こえてたんかな?」


私は「大丈夫ちゃう」と適当に返事をし、「じゃあ寝ようか」と言いました。


有香は「うん。

愛してるよ」と私にキスをしました。


精子の匂いと、罪悪感、快感の複雑なキスでした。