0101
俺には彼女がいてラブラブなんだが、友達と飲みに行くと女の子に声をかけたりしてます。


(成功は殆どないんだけど)

数ヶ月前に、たまたまナンパが成功して、その日の内にゲットできた年上のおしゃれな感じのお姉さん智子とは相性が良いのか、ちょくちょく会い、セフレになった。

まぁ、真面目な彼女がいるので頻繁には会えないが、彼女は彼女でセックスの相性も良く、結構ラッキーな状態になっていた。

智子にも彼はいるらしいし、お互いセックスだけの関係なので心配もない。

智子と会うようになってからひと月くらいたったある日。

彼女(涼子)とマックで遅い昼を食べてたら、涼子の携帯にメールが来た。

涼子が、外に出てくると言うので一人で待っていた。


帰ってきた涼子の後ろにいるのは智子だった!

ハッキリ言って焦った。

智子の顔も硬直していた。


(いつ、ばれたんだ・・・。

しかも、智子を連れてくるなんて・・・)


心の中で動揺し、全身から汗が出た。

涼子が智子に対して「座ってよ。

早く」と言う。

そして俺の方を見て、涼子が言った。


「私のお姉ちゃんなの。

近くに来てたってメールあったから連れてきたのいいでしょ?」


涼子がトイレにたったときに、

「姉貴だったの?」
「あんた、妹も縛ったりしてないでしょうね?」
・・・などと、とにかくばれてない事が確認できてホッとした。


それから智子と会うときは
「昨日、涼子のこと縛ってバイブ入れて放置しちゃったよ。

する?」

「妹に変なことしないでよぉ」
・・・などと話しながらセックスしてます。


たまに涼子が機嫌がいいときにエッチな写真を撮らせてくれるので、智子にも同じエッチな格好をさせて写真を撮り、
二人で
「涼子の方がくびれてない?」
「私の方が胸大きいよ。

お尻も綺麗だし」

「でも、アソコの色は少し黒いよね」
「なによ、良く見てよ」
・・・などと遊んでます。


たまに智子の彼とのノロケ話を聞かされる事を除けば、かなり楽しい状態になってます。

涼子とは結婚もしたいし、このまま楽しみたいな。