0390
俺の彼女、千賀子23歳。

その妹、千鶴子23歳。


2人は双子。


妹と出会ったのは彼女を自宅近くへ車で迎えに行った時。

バックミラーに映った女性を彼女と思い込み、ドアを開ける為に車を降りて手を振ったら素通りされたのが初めての出会い。

首を傾けながら知らん振りして通り過ぎようとする彼女に呆然となって、そこに本物の彼女が現れて双子の妹だと初めて知らされたのです(苦笑)

今度紹介するという事で2週間後3人で食事に出掛けました。

2人が並んでると若干の違いが解かるけど見分けが付かない位ソックリ。

その日から千鶴子とも仲良くなって、たまにメールのやり取りする程度の交流はありました。

半年ぐらい前に千鶴子から1通のメールで、「相談したい事があるのでお姉ちゃんに内緒で会いたい」との事。

断わる理由も無く、千賀子は地元の横浜に勤めてて千鶴子は都内に勤務、俺の会社も都内なので千鶴子の会社の近くで待ち合わせして居酒屋へ。

相談は仕事の事だった(比較的似た様な業種だったので)。

クライアントとのトラブルで悩んでいたものの、特に大きな問題って事でもなかったので簡単なアドバイスして、少し笑顔が戻った彼女に酒を勧めた。


「なんで千賀子が一緒じゃ駄目だったの?」と聞いたら、物心ついた頃からいつも2人は比較されて育ってきたので、自分の失敗を姉に知られたくなかったとそれだけの理由だった。


もっと期待してた俺はちょっとガッカリしたが、千鶴子のアルコールペースが早くなってトイレに行く足も千鳥足状態。

そんな状態で横浜まで帰れるのか心配になり、「どこかホテルを予約しようか」と声を掛けると、千鶴子は自宅に電話して、友達とお酒を呑み過ぎたので友達の家に泊めてもらうと言って電話を切った。


「じゃあホテルを予約しなきゃ何処が良い?この辺りが便利だよね」と聞くと、俺を指差して「ホテルは勿体無いから部屋に泊めて」と言い出したのです。


ちょっと考えた振りして「しょうがないなー」と言いながらタクシーで俺のマンションへ。

部屋のドアを開けると彼女はそのままトイレへ直行。

トイレからはカエルの泣き声、少ししてトイレに様子を見に行こうとしたら出すもの出し切ったのか、ちょっとスッキリした表情で出て来たのだけど、足は踊っているようでした。

肩を抱いて寝室へ連れて行き、千賀子が普段使ってるジャージを渡して部屋を出たら、すぐに部屋から千鶴子が呼ぶ声が聞こえて部屋のドアを開けた。


そこには下着姿の千鶴子がベッドに横になって目をつぶっていた。

そして俺もすべての服を脱いで千鶴子に重なった。


何もかもが千賀子と同じ、胸のサイズも乳首の色も大きさも。


ただ違ったのは俺のチンポを口に咥えた時の上手さと、チンポをオマンコに突っ込んだ時の締め付け。


凄く淫乱な千鶴子の締め付けに我慢出来ず、俺は千鶴子の中に果ててしまった。


その日から時間があると千鶴子が俺の部屋を訊ねて来て、身体の関係はどんどん深まっていった。


そして昨夜、以前から結婚の約束をしていた千賀子が「そろそろ式の日取りや場所を決めたい」と電話で相談を持ち掛けて来た。

その時、俺のチンポを究極のフェラで舐め尽していたのは、妊娠12週目の千鶴子であった。


千鶴子は絶対に産むと言ってるけど・・・。