0574
二十歳の時に当時14歳の子の相談に乗っていた時。


「広◯さんを好きなんです。

彼女はいるんですか?」と告白された。


彼女も居て、ましてや相手は中学生という事で「俺がフリーで、みやこが大人になったらね」と断った。

そして1年ちょっとが経った頃「私はあなたの事が好きだから、彼女がいてもいいから駄目?」と、再度告白してきて泣きながら抱き付いて来た。

けなげな気持ちに嬉しくなって・・・。


「本当に俺でいいの?」と聞くと、
「広◯さんがいいんです」と答え泣きそうに言う。


頭を撫でながら抱き寄せる。

愛しくなり上を向かせると目を閉じ何かを待ってる。

優しくキスをすると「うふっ」と余程嬉しいのか照れる。


部屋に入り抱き締めてキスし、舌で唇をこじ開け差し込むと「んっ」と可愛い反応し、体の力が抜けたのかベッドに倒れ込む。

まだ子供と思っていたが、体は立派に成熟しCはありそうな胸を服の上から揉む「あっ」と呻きしがみついて来る。


セーターに手を入れてブラの上から揉んでみる。

そしてブラの隙間から手を滑り込ませるとマシュマロの様な柔らかさだ。

優しく揉みながら乳首に指が触れると「あっ」と声が出て同時にピクッと体が反応した。


指で転がすとコリコリとしてきて「はっはっ」と息遣いも荒くなってきた。

セーターをたくし上げると恥ずかしそうに手で隠す。

優しくどかし乳首を口に含むと「んっ、ん~」と喘ぎ舌で転がすと「あっ!あ~っ」と声を上げる。


手を股間に這わすとオマンコの辺りが既に湿っている。

クリの辺りを指で刺激すると「あっあっ」と声を上げながら腰が動く。

中に手を入れると産毛の様な柔らかい陰毛に触れた。


更に指先が堅くなり始めてるクリに当たり体をピクンと震わせ「あんっ」と小さく喘ぎながらしがみついて来て俺の胸に顔を埋め小刻みに震える。

オマンコにも指を這わしてみるともうビショ濡れだ。

中指で掻き回すとクチュクチュと音がして準備はOKの様だ。


パンティを脱がせ上に乗りチンポをあてがうと亀頭にぬめりを感じて腰を押すと「痛いっ」と腰を引く彼女。

まさかと思い「初めて?」と聞くと「うん」と頷き「初めては広◯さんって決めてたの」と言う。


「いいの?この先出来る彼氏じゃなくても」
「広◯さんにあげたいの、もらって」と言いギュッと抱き着く。


「分かった!優しくするから」と言って体を起こしヌルヌルしたオマンコに再びチンポの先をあてがい「体に力が入ってると余計に痛くなるから力を抜いて」と囁く。

緊張を解く為にキスをしながら胸を揉んで指で乳首を摘む。

「あ~っ」と喘いだ、その時にフッと足の力が抜けたと同時に腰を一気に押す。

亀頭がニュルッとした感触の後に暖かい粘膜に包まれた。


「痛~い!痛いよ~」と彼女は痛がり上にずり上がり頭をヘッドボードにぶつけた。


痛みが治まるまで待ち太ももを抱え体を元の位置まで引き下げ体勢を整えて腰をゆっくり動かし始める。


すると「うっ」と眉をしかめるので「少し痛いかも知れないけど我慢して」と言い、腰を動かし続けると最初「うっうっ」と言っていたが15分もすると「あっあっ」になり更に続けていると「あ~あ~あ~」と喘ぎ始めた。

それと比例して、はじめはきつく締め付けていたオマンコも愛液の量も増え粘膜も馴染みいい具合に絡み付く。

(30分以上もしてれば当たり前か)

長過ぎると疲れるので「もう出すね」と言うと「うん」と頷く。

腰をマッハで動かすと「あんあんあん」という可愛いい喘ぎ声を聞きながら

「あっ出そう」
「出して」
「出る、うっ」

・・・と、次の瞬間ドクッドクドクと数日分の白濁液をみやこの膣の奥に注ぎ込んだ。


するとみやこは「私の中が広◯さんのでいっぱい」と言う。


確認無しで中出ししてしまい・・・。


「中に出しちゃったけど大丈夫だったの?」
「来週には生理来るし、たぶん大丈夫!それに広◯さんのが欲しかったし」

バージンのなのにそんな知識だけは持ってる。


次の週に入り、生理が来たと聞いて一安心した。

それから暫くしてみやこに彼氏が出来たとお母さんから聞いた。


憧れを引き摺って普通の恋愛が出来るか心配だったので安心した。