0292
3ヶ月ほど前、彼女と神奈川県のとある混浴露天風呂のある温泉旅館にいった。

貸切風呂もあったのだが、せっかくなので入ろうよという話になり、夜遅くなるのを待って彼女と混浴に入る事にした。


いざ行ってみると、どうやら別のカップルがいるらしく、中から男女の話声が聞こえてきた。

一瞬戸惑ったのだが、ここまできたらと思い切って入ることにした。

脱衣所が別々だったため、いったん分かれて俺は服を脱ぎだしたのだが、温泉内から脱衣所が丸見えな事に気づいた。

しかし、俺の所からは先にいるカップルは見えない。

ということは、俺の彼女はそのカップルの前で服を脱いでいるのか?
そう思ったら、少しだけ興奮してしまった俺がいた。

そんな事を考えていると、タオルを巻いた彼女が温泉を通ってこちらに移動して来た。


「向こうに人いた?」

そう聞くと彼女は、

「うん、カップルが一組」と恥ずかしそうに答えた。


「着替えみられたんじゃない?」と少しいやらしく聞いてみると、彼女は顔を赤らめながら、「だって・・・しょうがないじゃん」とつぶやいた。

それがこの夜の始まりだった。


中にはいってみると、先にいたカップルと目があった。


「こんばんは」

カップルの彼女が気さくに声を掛けてくれ、「一緒に飲みます?」と男の方がビールをくれた。

いい人そうでよかったと思い、俺達も一緒させてもらう事にした。


話をしてみると、25才同士のK(男)・S(女)という名前だそうで、向こうも混浴は初めてということだった。

年も近かく、酒のまわりも早かった為、俺達はすぐに打ち解けていた。


すると突然、Kが「そんなことよりS、温泉でタオルはないんじゃない?」と言い出した。


そして、俺に同意を求めるように「そうですよねぇ?」と話を振ってきた。


「無理だよぉ」と恥ずかしそうにしているSを見て、俺の中の何かがはじけた。


「そうだよ、お前もタオルは取れ」

そう彼女にいうと、彼女は意外にも「温泉だしね。

いいのかな?」と、まんざらでもない様子だった。


俺とKは一瞬で心が通じ合い、「じゃあ、せえので取ろう」と彼女達を立たせた。


今思えば、別に立ち上がる必要はなかったのだが、俺とKはお互いの彼女を前に立たせ、同時に声を上げた。


「せえのっ!」

次の瞬間、Sはタオルを剥ぎ取られ、生まれたままの姿で俺の前に立っていた。

そして、同時に俺の彼女もKの前で同じ姿を見せていた。


「あーん、K、恥ずかしいよぅ・・・」Sは顔を真っ赤にして立ちすくんでいた。


手で隠せばいいものを、恥ずかしさで訳が分からなくなっているようで、隠すこともなく俺の前できれいな裸体をさらしている。


「彼女、きれいですね」

そういうKの声で我に返ると、俺の彼女も顔を真っ赤にして体をよじらせている。


「もういい?もういい?」

恥ずかしそうにしている彼女を見て、俺の興奮はさらにヒートアップしていた。


「だーめ、Sちゃんだってやってるんだから」

するとSが口を開いた。


「あたしも恥ずかしいですよぉ。

あんまり見ないで下さいね」


その敬語口調に、俺はもうどこか壊れそうだった。


「Sちゃん、何カップ?」

俺は、突然アホなことを聞いていた。


しかし、それに対してSは、「C・・・です」と恥ずかしそうに、けれど真面目に答えていた。


「ここが敏感なんだもんね」

KはそういうとおもむろにSの乳首をつまみ出した。


「ちょっ、あっ」

Sの可愛い声がもれた。

ナイスだ、K!
俺はそれに答えるように彼女の乳首をつまんだ。


「やっ、あん」

同じように俺の彼女も声をあげた。


「もう、私たちばっかりずるぃ」

Sはそういうと、腰にまいたタオルの上から、Kのあそこを触りだした。


「自分だってタオルしてるじゃん」

そんなSにつられるように俺の彼女も「そうだよ。

お互い様でしょ」といい俺のあそこに手を伸ばした。


「じゃーん」

Sはそう言いながらKのタオルをはずした。


そして、ほぼ同時に彼女が俺のタオルを取った。

Kも俺も、すでにはちきれんばかりな状態だった。


「ちょっとー、なんでこんなになってるのぉ?」

Sは笑いながらKのそれをつかんだ。

彼女も「もー」と言いつつ、俺のものを掴んでいた。


「いつもより硬いよ」

Sが嬉しそうに言った。


Sは黒髪のロングヘアーをお団子頭にした、正直かなり可愛い子だった。

普段は普通にOLしてそうな感じだったが、そんなSの言動に俺のあそこもどうにかなってしまいそうだった。


「どっちが硬いか確かめてみなよ」

Kはそういうと、Sの右手を持ち、俺のあそこに近づけてきた。

いいのか?K。

そう思った瞬間、Sの手が俺のあそこを握り締めた。


「おぅ」

俺は変な声を出してしまった。


「どう?」

Kが聞くと、Sは小声で「・・・同じくらい」とつぶやいた。


「もう、恥ずかしいよぉ。

ごめんなさい」


Sは俺に謝っていた。


「お前も触ってみる?」

そう聞くと、彼女は「ん?」と、とぼけた返事をした。

俺は彼女の手をとり、Kのあそこに持っていった。


「かたーい」

彼女が無邪気に答えた。

ついでにKのたままで触っている。


「気持ちいいんでしょ?」

Sは焼きもち気味に言うと、自ら俺のあそこを触りだした。


「気持ちいいですか?」

彼女が俺のあそこをいじりながら言った。


「うん」

俺はあまりの幸せに酔いしれていた。


「おっぱい触っていい?」

Kが俺の彼女に聞いた。


彼女は一瞬俺を気にしながら、小さく頷いていた。

俺は横目でKの手が彼女の胸に伸びるのを見ていた。


「・・・」

彼女が必死で声をこらえているのがわかった。

そして、俺もSの胸に手をかけた。


「あっ」

Sは声を上げた。


「何感じてんだよ」

Kが笑いながら言った。

Sのきれいな乳首が立っていくのがわかった。


「だってぇ。

あん」


俺は夢中でSのおっぱいをもんだ。


横をみると、彼女も胸をわしづかみにされ、目を閉じ、呼吸を荒くしていた。

しばらくして、いったん彼女達をもとの位置に戻した。


小声で「気持ちよかった?」と聞くと、彼女は恥ずかしそうに頷いた。


「彼女のおっぱい柔らかいですねぇ」

Kにそう言われ、彼女はますます赤くなっていた。


「ちょっとトイレ」

ビールのせいか、無性に尿意を催したぼくは、トイレに立つことにした。


「ちょっと待ってて」

彼女を残し、俺はいったん風呂をでた。


トイレから戻る途中、今Kは、ハーレムだなぁ、とバカなことを考えていた。

再び温泉に入ろうとしたところ、声が漏れてきた。


「あっ、あっ、あん」

瞬時に彼女の声だと気づいた俺は、女脱衣所ゾーンと男脱衣所ゾーンの間の生垣のあいだから彼女たちの方をのぞいた。


「はぁ、はぁ。

・・・んっ」


そこには、彼女をひざに乗せ、彼女のおっぱいを舐めているKがいた。


「あっ、あっ。

声出ちゃう」

「だーめ。

静かにね」


「うん」

彼女は体を震わせ、Kの首に抱きついていた。


Sはその下で、Kのものをしゃぶっている。

一分ほどだろうか?俺はその光景をじっと眺めていた。

おそらく今まで一番の興奮を味わっていたかもしれない。

あまり遅くても怪しまれると思い、俺は戻ることにした。


わざと音を立てながら戻ったためか、彼女はすでにKの膝からは下りていた。

しかし、Kの手は彼女の乳首をつまんでいた。


「お帰り、あんっ」

彼女ももう訳が分からなくいるようで、思いっきり感じながら言った。


「Sちゃんもこっち来なよ」

そう言うと、Sはうつむきながら俺の隣にきた。


「おっぱいきれいだね」

そういうと同時に、俺はSの胸に吸い付いた。

かたくなった乳首が口の中でころがる。


「あっ、あっ、ダメっ。

あっ」


Sは俺にしがみつき、胸を押し付ける。


「あ、いやー。

あっ、あっ、あっ、あっ」


隣には、Kに乳首を吸われ、声にならない声を上げながら、左手でKのものを握りしめる彼女がいた。

俺は、Sに吸い付いたまま、彼女のおしりからあそこに手を伸ばした。


「・・・あっ!」

彼女のあそこは、今までのどの瞬間よりも濡れていた。

熱いくらいに火照ったそこを少しさわっただけで、彼女は大きく身をよじらせた。


俺は手をSのあそこに移した。


「あぅっ」

体をのけぞり、快感に酔いしれるS。


「ここ、触っていい?」
「もう触ってるぅ・・・」

Sも放心状態だった。


横でKが立ち上がった。

そして、当然のように彼女の口がKのあそこにむかった。

その瞬間はまるで、スローモーションのようだった。

彼女の口がKのあそこに当たる間際、一瞬だけ俺の方を向いた彼女は、そのままは大きく口を開き、一気にKのものを奥までくわえ込んだ。


「・・・大きい。

ね」


彼女が小さくそういったのが聞こえた。

そして、次の瞬間彼女は首を前後に動かした。


「んくっ、ん、ん、ん、ん」

目をつぶり、何度もKのものをくわえ込む彼女。


俺は、しばらく見入ってしまった。

ふと気づくと俺のあそこにも柔らかな感触があった。

Sも俺のあそこをなめはじめていた。


「くわえますよぉ」

恥ずかしそうにそう断りを入れながら、Sも俺のものを深くくわえ込んだ。


「痛くないですか?」

そう聞かれ、俺は素直に答えた。


「最高だよ」

Sは嬉しそうに言った。


「よかった!」

どのくらいの時間がたっただろうか?しばらくの間、温泉内にはジュポジュポというお互いの彼女が別の彼氏のものをくわえる音と、時折もれる彼女たちの小さな声が続いた。


「ちょっと立って」

Kの誘導で、彼女は俺の右ふとももに右手を、左手を岩の上に置き、Kに向かっておしりを突き出す格好にされた。

そしてKはそのまま彼女のあそこに顔をうずめた。


「はぅっ!・・・あっ、駄目ーっ」

Kの舌が彼女のあそこを刺激しているのだろう。

彼女は体をよじり、俺の太ももに乗せた手が小さく震えだした。


「やっ、あっあっ、あん。

・・・んっ」


目を閉じ、必死に声をこらえる彼女。

それでもおしりをKに突き出す彼女が少しけなげにみえた。

Kは立ち上がり、彼女のあそこに手をかけた。

そして、Kの指が何度も彼女の中を出入りした。


「いや、いや、いやっ。

あっ、見ないで、見ないでー」


彼女は絶叫に近い声を上げた。


「しっ、聞こえちゃうよ」

そういうKの声で再び、声をこらえ始める彼女。

何度も体をビクビクと震わせながらも、彼女の口は俺のあそこに近づいてきた。


まさにSが今くわえこんでいる俺のあそこを横からなめ出す彼女。

Kは彼女のあそこを刺激し、俺は二人の女性に両サイドからフェラされるという、まさにAVのような状態になっていた。

俺はSを立たせ、下からあそこに手を伸ばした。


「はぅー」

ゆっくりと指を入れると同時に俺の方へ倒れこむS。

俺はSをむりやり立たせ、とろけるようなあそこを何度も攻めた。


「あっ、あん」
「ちょっと待って。

ちょっと待ってぇー」

「あっ、そこいい。

あん、あん」

「んっ。

いやぁ」

「恥ずかしい、恥ずかしいよぉ」
「はぅ、・・・やー」

もはやどちらが出しているのかわからないくらい、快感に酔いしれる彼女達の声が響いた。

彼女はKに抱えられ、グチョグチョといういやらしい音を立てながら体を震わせている。

顔を手で隠しながらも、Kがその口を近づけると、舌を出しねっとりとしたキスを交わしていた。

SはSで、俺の肩に手をかけたまま、されるがままの状態だった。


「S、気持ちいい?」

Kの問いかけに「そんなこと聞かないでぇー、あんっ。

あっ」と、俺にしがみつくS。


「Sちゃん、気持ちよくないの?」

そう聞くと、

「そんなことないです。

気持ちいい・・・あんっ。

気持ちいいです」


恥ずかしそうに答えるS。


「これ欲しくない」

そう言われながら、彼女はKのあそこを握らされた。

黙り込む彼女。


「我慢できる?」

Kの問いに、

「我慢できない・・・です」

Kにそっと伝える彼女。


「じゃあ、彼氏にいいか聞いてごらん」

彼女を俺の方に突き出すK。


「おちんちん入れられてもいいですかって聞いてごらん」

Kの言葉に、「いやぁー、聞けない、聞けないぃ」と顔を舌にむける彼女。


「だったら、ここで終わりだよ」
「いや、いやー」

「じゃあ、聞いてみて」
「・・・」

彼女は少し黙り込んだ。


彼女は顔を上げ、「いい?」小さく聞いた。


「何が?」
「だから・・・あの。

あんっ、あんっ」


その間もKの指は容赦なく彼女のあそこを刺激する。


「してもいい?してもいいですかぁ?あんっ」

もはやKの攻めにどうすることも出来ない彼女。


「おちんちん欲しいの?」
「・・・欲しいです」

「ちゃんと言って」
「おちんちん欲しいですぅー。

あん、あん、あっ!」


半分叫びに近い声で彼女が言った。


「じゃあ、K君におちんちん入れてくださいってお願いしてみな」

そう言われると彼女は、おしりをKに突き出したまま顔だけ振り返り、「おちんちん入れて下さい」と恥ずかしそうに言った。


「誰のおちんちんが欲しいの?」

Kの意地悪な問いかけ。

さらに激しく指を動かすK。


「K君。

K君のおちんちんが欲しいですぅ。

いやー、いやぁ」


言ったと同時に倒れこむ彼女。


「座ってたらおちんちん入れてあげないよ」

Kの声で、再び立ち上がる彼女。

彼女は、岩場に手をかけKにおしりを向けた。


「なに?後ろから入れて欲しいの?」

はっと気づき、「違っ、違うぅ」と慌てる彼女。


「だって自分でおしり向けてるじゃん」
「意地悪しないでぇ」

必死で首を振る彼女。


「彼にちゃんと見てもらおうね」

そう言って、彼女を俺の方に近づけるK。

俺の首に抱きつきながらおしりだけはKに向ける彼女。


「じゃあ、入れてあげようかなぁ」

彼女の腰に手をかけ、自分のあそこをつかむK。


「K君、お願いしますは?」

意地悪に言う俺。


「言えないー。

そんなこと言えないぃ・・・」

「ちゃんと言って!」

「K君。

・・・。

お願い・・・します」


そういうと、再び俺の首にしがみつき、顔を伏せる彼女。


「あっ」

先端で彼女のあそこをなぞり、じらすK。

彼女はしがみついたまま体を震わせている。


(コンドームしてないけど、大丈夫かなぁ。


一瞬だけそんな心配をしたが、次の瞬間にそんな考えは吹き飛んでしまった。


「いれるよぉー」

Kが自分のあそこを彼女に向けた。


ビクンと大きく体を震わす彼女。

その瞬間を、俺は冷静に見ていた。

Kの大きなものが、ゆっくりと彼女の中に吸い込まれていくのがわかった。


「あっ!!!あー、いやぁ。

見ないでー。

見ないでぇー。

見ちゃ駄目ぇぇぇぇぇっ」


彼女は俺の耳元で、その日一番の大きな声を上げた。

必死に俺にしがみつく彼女。

そして、ゆっくりとKのものが深く根元まで入り込んだ。

ブルブルと震える彼女。


「ごめんね、ごめんね」

何度も俺の耳元で囁く彼女。


「気持ちいい?」

そう聞く俺に激しく縦に首を振る彼女。


「めちゃ気持ちいい!ぬるぬるだよ」

満足そうに言うK。


「いやぁ。

恥ずかしい。

恥ずかしいぃ!」


今度は首を横に振る彼女。

Kは彼女の腰を持ち、ゆっくりと抜いていく。


「あーっ。

はうぅぅ」


脱力する彼女。


「早いのとゆっくりするのどっちが好き?」
「そんなの・・・わからないぃ」

「じゃあ、もう一回ゆっくり入れるからね」

そう言いながら、また彼女の中に入っていくK。

そしてKのあそこが二度目に奥まで突き刺さった瞬間だった。


「あっ、ちょっと待っ、ちょっと待ってぇぇぇぇぇ。

うそ。

イクッ!いっちゃう。

いっちゃう!どうしよ。

いやぁぁぁ」


彼女が大きく体をよじり、俺の首に爪を立てた。


「イク!ごめんねぇ。

あっ、いくぅぅぅぅっ!」


言うと同時に彼女の膝がガクッと落ちた。


ビクッ、ビクビクビクッ・・・。


彼女の腰が激しく痙攣する。

腕だけは俺の首をつかんだまま、何度も何度も腰を振るわせる彼女。

目を合わせる俺とK。

すでに興奮の絶頂にあったのだろう。

彼女はあそこはKのものを二回くわえ込んだだけで、イってしまったのだった。


彼女の痙攣が落ち着くのを待って俺は口を開いた。


「イっちゃったの?」

彼女は目をうるうるさせながら、大きく一回頷いた。


「早すぎるだろ?」
「だって、だってぇー」

顔を真っ赤にする彼女。


そんな彼女をKは待ってはくれなかつた。

彼女の腰を持ち、無理やり彼女を立たせたKは、再び彼女の中にはいろうとする。


「待って、待って!」
「だーめ」

Kは容赦なく、彼女の中に自分のそれをねじこんだ。


「はぅぅぅぅ。

・・・んーっ!あんっ、あんっ」


もうどう活字にしていいかもわからない。


「あっ、あっあっ、あっ、あっ、いやぁ、あっあっあっ。

どうしよう。

どうしようぅ!」


今度は激しく彼女を突き刺すK。

両腕をつかまれ、パロスペシャルを決められた彼女は、形のよいおっぱいをぷるんぷるんと震わせながら、後ろから犯される姿を俺の前に見せていた。


「見ないで!お願いっ。

見ないで、見ないでぇっ」


嘆願する彼女。


「どうする?彼が見てるのに他の男のおちんちん入ってるよ」

彼女をいじめるK。


「いやぁぁぁぁぁぁっ!」

温泉内には、彼女の声と、後ろから犯される音だけが響き渡った。


一分くらいだろうか?俺はSを膝に乗せながら、彼女が他の男とする様を見ていた。

膝に乗せたSが俺のあそこを握った。


「Sちゃんも欲しい?」

そう俺が言おうとした直前に、Sは俺の耳元に唇をよせ、「私も・・・」と一言だけ言って顔を伏せた。


「Sも欲しいですって言ってごらん」
「・・・。

Sにもおちんちん下さい」


かわいらしいSの口からおちんちんという言葉が出た。

俺はSのあごを上げさせると激しいキスをし、Sに彼女と同じバックの体勢をとらせた。

Sのあそこも、もうどうしようもないくらいな状態だった。


「Sちゃん、入れるよ」
「・・・はい」

この真面目な返事がまた可愛い。


俺はパンパンになった自分のものを持ち、Sのおしりに向けた。


「だめぇ、入れちゃやだぁぁ」

その様子を横目で見ていた彼女が声をあげた。

Kに深く突き刺されたまま、俺のものを握り締める彼女。


「なんで?自分もしてるじゃん。

Sちゃんが可哀想でしょ?」


そんな会話の最中も、彼女はKに突かれながらハァハァ喘いでいる。


「Sちゃんに入れるところをちゃんと見てて」

彼女は黙って頷いた。


俺は意を決し、Sちゃんのあそこに先端をあてがった。

ビクンッ!一瞬のけぞるS。


「入れるよ」

俺はKと同じようにゆっくりとSの中に入った。

Sの体温と粘液が俺を包み込んだ。


「やだぁ。

入ってく、入ってくぅ」


じっと見ていた彼女が先に声を上げた。


Sは俺のものが入っていくにつれ、目を閉じたまま体をそり、必死で声を押し殺している。

ついに俺のものが全てSの中に入った。


「Sちゃん、どう?」

Sは顔だけ振り向くと、恥ずかしそうに「き、気持ちいぃ・・・」とつぶやいた。


そのままSの腰を持ち、ゆっくりと何度か腰を振る俺。

Sの呼吸が荒くなる。


「ハァ、ハァ。

あっ!やっやっやっやっ」


俺の腰に合わせて声を出し始めるS。

Sが俺の腰に手を回し、俺をグッと引き寄せる。


「S、気持ちいい?」

Kが言った。


「気持ちいい。

ハァハァ・・・気持ちいいよぉ」


さらに俺は激しく腰を振る。

そんな様子を焼きもち気味に見ていた彼女にKが言う。


「あっちのおちんちんの方がいい?」
「・・・。

そんなことなっ。

あっ!」


彼女を突き上げるK。

<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする