0179
去年の4月から新社会人として某会社のOLを始めた妹・・・沙智子。


妹は毎日の様に夜遅く・・・とは言っても9時~10時頃の帰宅で、帰ってくるなり自分のベッドへ倒れ込む様に就寝していた。

そして翌朝、慌ててシャワーを浴びて身支度をし、出掛けると言った感じで毎日慌ただしい生活をしていた。


そんな妹も週末だけは唯一の安息出来る時で、7月の終わる頃の金曜日。

何時もの様に遅く帰ってきても金曜だけは必ず俺の部屋に来て、「ただいまぁ~」と言っては人のベッドにうつ伏せになって「はぁ~やっと週末だぁ♪」と幸せそうに呟くのが唯一の安息できる時らしい・・・。


妹に「新人社員は大変だな」と、それはそれは他人事の様に言うと「そうなのぉ~、新人は色々やることがあって、覚える事もあって大変なのらぁ」と人の枕に顔を埋めて、そのまま寝てしまいそうな勢いだった。

流石にそのまま寝られては困るので、俺はうつ伏せになっている妹に馬乗りになる様な格好で、肩を揉み始めた。

すると「あ~気持ちいい~♪」と言い、更に俺は背中を親指で指圧をしてやった。

だけどスーツのジャケットが邪魔で上手く出来ないし皺になってしまうので、妹に脱ぐように言うと、素直に上下・・・ジャケットとスカートを脱いでブラウス姿になると再びベッドにうつ伏せになった。


もう一度馬乗りの体勢になり、肩揉みから始め、背筋を指圧すると、

「う~ん・・・折角やって貰うなら地肌に直接指圧して欲しいな・・・だからちょっと待って・・・」

そう言うと、馬乗りになっていた俺に退くように言うとブラウスのボタンを外し始め、脱ぎ去ってしまった。


ストッキングは滅多に履く事の無い妹は、その日も当然のごとく履いてなく、ブラとパンツだけの下着姿になってしまった。

そんな姿にちょっとドキッとしてしまった。


思えば妹の肌をこんなにも間近で見たのは確か妹が中学に上がるちょっと前位に一緒に風呂に入っていた以来だと・・・。

以来10年ちょっと・・・妹はもう大人・・・。

白い肌にくびれた腰のラインとプリッとしたお尻とスラット伸びた美脚・・・。

実の兄とは言え、目の前のこの女体を見て、しかも直に触って何も感じないわけが無い・・・。


俺の息子は反応し始めていた。


下着姿になった妹は再び俯せに横たわり「ど~ぞ~♪」と、まるでマッサージ店に来たお客にでもなったかの様な態度だった。

俺はまた跨がり、指圧マッサージを始めた。


肩から背筋・・・背骨の両側を親指で押しながら腰へ向かって行く。


「あ~気持ちイイ♪」

腰を重点に指圧を始めると、

「あーそこそこ、そこサイコー♪」

妹が言う場所を更に念入りにマッサージを続けると「そーう、そこが凝るんだよね~」といかに新人社員の仕事が大変かを強調するかの様に言う。


更に俺は尻の外側・・・エクボの部分を掌の手首に近い所の柔らかい肉で両側から挟み込む様に押すと、

「おっ!何それ?イイ感じ♪」

それから再び親指で足の付け根、ヒップとの境目辺りを押し上げる様に押す。


「お~♪気持ちイイ~」

一旦そこから離れ、足先へ移動し足裏マッサージを始めた。


すると「おー!超~気持ちイイ~♪あ~ん♪」声だけ聞くとイヤラシ事をしている様な誤解を受けそうだった。


足裏全体を指圧し、アキレス腱の両側を摘む様に足首からふくらはぎに向けて移動し、特にアキレス腱からふくらはぎの境目辺りを重点的に下から上に撫でる感じでマッサージした。


「あ~ん♪そこ超~気持ちイイ~♪もっと、してぇ~♪」

ほんと声だけ聞かれたら絶対、Hな事してると思われても仕方ない感じだった。


そんな疲れた切った妹をもっと喜ばせようとマッサージに集中した。

足から再び上半身へ移ると、今度は妹に確認しながら指圧をした。


「この辺はどうだ?」
「ん~もうちょっと下・・・そうそう、そこ!」

そこは丁度ブラジャーのベルト部分だった。

そのブラジャーの材質がツルツルとしていて滑って指圧しにくいので「なぁサチ、外していいか?」と聞くと、「イイよ~」と、何の躊躇も無く答えた。

ブラジャーのホックに手を掛け外すと、それを左右に広げ背中に障害物が無い状態にした。

そして再び指定された場所を指圧した。


徐々に下半身へ移動し、もう一度足をマッサージし、今度は妹に仰向けになって貰いスネの両側の筋(?)、骨の両脇部分を挟む様に下から上に撫でると「おー!足が軽くなるー♪」と喜ぶ妹の顔を見ようと、足から顔へ視線を動かした時、妹が両手を胸の前で組んで、まるで神様にでも願い事をしているような格好をしていた。

一瞬、変な格好しているなと思ったが、直ぐに先ほど自分でブラジャーのホックを外した事を思い出し、その状態で仰向けになってもらったのを忘れていた。

見れば脇に脱げたブラジャーが無造作に転がっていた・・・。

俺はその事に触れず足のマッサージを続けた。


少し足を広げさせ足と足の間に割って入った俺は、太ももをそれぞれ両手で挟んでは上へ上へと徐々に股間へ近づくようにしていった。


「あ~それも気持ちいいねぇ~♪」と両手で胸を隠しながら天井を見つめたまま言った。


それぞれの太ももが終わったら、今度は足の付け根部分を指先で擦る様に内股から外側へし、今度は外側から内側へ向かって親指の腹を軽く押し付ける感じでマッサージすると腰をクネクネとし始めて・・・。


「う~ん、それはちょっとくすぐったいかなぁ」と言うので「そうかぁ、でもリンパの流れを良くする為にも、ここは重要だぞ」と、さも知ったかぶりな事を言って妹を誤魔化した。


指圧ポイントを段々内側へ近づかせ、局部に極力近い部分を刺激始めた。

この時、俺のジュニアはギンギンで早く解放したくてたまらなかった。

暫く刺激し続けると、さっきまでくすぐったがってたのに今は息が荒くなり始め、ふと見上げると両手の指同士を握りしめて胸を隠していた手が、何時の間にか両乳を鷲掴み揉み始めているではないか!
これはチャンスと思った俺は、妹の両足を持ち上げてM字開脚状態にし、パンツの上から一番敏感な所のクリトリス辺りに人差し指をツンと置いてみた。


すると妹は身体をビクッと震わせ「あっ・・・」とさっきまでとは明らかに違う声色で声を上げた。


俺はそのまま続けて指を下へずらして行った。

ゆっくりと上下に指先を軽く押し当てて擦り始めた。

ある一か所では凄く反応するので、俺はそこを集中的に攻めた。


「あっん・・・ダメ・・・はうっ!」と艶めかしい声をあげるが嫌がる素振りは少しも見せない。


これは最後まで行けると思い、指先の力を少し増してクリをグリグリとこねくり回した。


すると今まで以上にビクッビクッと身体を震わせ「あうっ!きゃ!はぁ~ん♪」と完全にHモードに入っていた。

暫くクリトリスを刺激しているとパンツに染みが出来始めていた。

俺は『もう濡れてる!』と心の中で喜び、パンツの横から中に指を入れて濡れ具合を確かめた。

膣口部には信じられないほどの愛液が溢れていた。

それを俺はクリトリスに擦り付ける様にパンツの中で指を動かした。

濡れた指先がクリトリスに触れると、今まで以上の快感が襲ってきたのか、「ひゃっ!」と悲鳴に近い喘ぎ声を上げた。


そのまま続けると「あ~ん、あ~ん、ダメェ~気持ち良過ぎるぅ~♪はぁ~ん」とドンドンいやらしい女になって行く妹が俺の欲望を駆り立てて行った。


俺はもう目の前の女性器を早く見たくて、パンツのゴムに手を掛け脱がそうとすると、妹も自ら腰を浮かせ脱がせ易くしてくれた。

スルッと両脚から布切れが抜けると、そこには昔見た妹の大事な部分とはかなり変わったモノが現れた。

確かに昔見たのは未だ小学生で陰毛も生えてなければ、股間には縦筋が見えただけで、変わったと言えば変わっているが、大人になった・・・23歳の女の性器にしては陰毛の量も少なく一本一本の太さも細い、まるで産毛の様な陰毛と、格好が格好なだけに割れ目からはピンク色の内部が丸見えになっている妹のソレは今まで見てきた女のどれよりも綺麗に見えた。


俺は感動の余り暫く眺めてしまい「いや~ん、お兄ちゃん、あんまり見つめないでぇ恥ずかしいからぁ~」と両胸を鷲掴みしていた手が自分の大事な部分を隠そうと伸びてきた。


俺はその手をサッと払い除けると、そのまま愛液が溢れだした部分に吸いついた。

そしてジュルジュルと音を立て液を飲み干した。


そのまま舌先で膣口からクリトリスにかけ愛撫をした。

特にクリトリスには指では味わえない快感を与えてやろうと集中して攻めた。


「はぁー!ダメェー!そこっ刺激強すぎるぅー!あーん!」

そう言いながら俺の頭を両手で押さえるのか退かそうとしているのか、おそらく妹本人もどうすればいいのか分からなくなっていたのだろう、とにかく俺はクリを攻め続けた。

と同時に溢れる愛液もこぼさぬ様に啜り飲み、そうしながら俺は器用に下半身だけ裸になった。


下だけ裸になると俺は一旦妹の股間から顔を浮かせ、正常位の体勢で顔を妹の顔に近づけ、優しくキスをした。

初めはチュッチュッと軽くタッチする様に、次第に唇同士を擦り付け、最後は舌を絡ませて俺の唾液を飲ませたりした。

一旦離れて耳元へ口を近づけながら俺のジュニアの先を妹の股間にツンツンと押し当てて「道具を使ったマッサージしようか?」と囁くように言うと、「うん、して♪」と俺の首に手を回し、自ら唇を重ね舌を絡ませてきた。


念の為、ゴムを使った方がいいのか聞いてみた。


「ねぇ、サチ。

マッサージ棒、ゴム被せた方がいい?」と聞いてみたら、「無くていいよ♪だから早く始めて♪」と嬉しそうな顔で言うと再びキスをしてきた。


俺はキスをしたままマッサージ棒を妹の膣へ挿入していった。

奥まで挿入すると一時停止し、上半身に残った最後のTシャツを脱ぎ去り二人とも裸になった。


下を見ればさっきまで両手で隠された結構なサイズの乳房が見て取れた。

俺はそっと手を伸ばし推定90cmEカップの乳を鷲掴んだ。

ゆっくり円を描くように、と同時に指も動かし乳首を摘まんだり吸いついたりと可能な限り刺激を与えた。

俺自身、生挿入は久しぶりとあって、かなりの気持ち良さに直ぐにでも爆発してしまいそうだった。

だが、時間が経つにつれ、久しぶりの生挿入だけが臨界点到達の原因ではない事が分かってきた。

あれだけ濡れているにも関わらず、擦れ方が今までの女とは一味も二味も違うのだ。


この気持ち良さは妹だからこその気持ち良さなのだと・・・。


妹もかなり気持ち良くなっているらしく、何度か絶頂を迎えて少し目が虚ろになってきていた。


時間にしてどの位経ったのだろうか・・・。

俺的には1時間位繋がっていた様に思えたのだが、おそらく30分と繋がっていなかっただろう・・・。

二人とも興奮して時間の感覚が無く、正常位しか体位をしていなかったのに、俺は射精を我慢出来ず、「あーもうダメだ!我慢できない!」そう言うと俺は妹の膣奥に溜まっていた精液をぶちまけた。


暫く繋がったまま余韻に浸りながら、キスをした。

ベッド脇のティッシュを数枚束ねて抜き取ると、繋がっている部分に宛がい俺はゆっくりとマッサージ棒を抜いた。

抜けるとほぼ同時に白濁液が綺麗なピンク色の膣口から溢れ出した。

その艶めかしいコントラストは今まで感じた事のない興奮を覚えた。

中に残った液も指で出来る限りかき出し、ティッシュで拭き取った。


マッサージ棒も綺麗に拭き取ろうとした時、「あっ待って・・・これは私が綺麗にしてあげる」と言って、ペロッと舌先で舐め始めた。


何時もは一発出すと暫く萎えてしまうのだが、この日は少し萎える感じがあったが、何時ものように通常サイズにまで萎える事はなく、そのまま妹の舌と唇により再び元気を取り戻した。


「わぁ♪またカチンコチンだよ!」と俺の顔を見上げながら右手でマッサージ棒を扱き言ってきた。


「もう少しマッサージするか?」と尋ねると、「うんっ♪」とそれは嬉しそうに答えた。


「それじゃ今度は後ろからしようか」と言って妹を四つん這いにしてバックで挿入した。


「あ~ん♪奥まで当たってるぅ~」とさっきまで以上に艶めかしい喘ぎ声を上げる。


どの女にも共通してバックからの挿入感はこの上なく気持ちがイイ!
特別、妹とのバック挿入は格別だった。

こんなにも気持ちの良いセックスは初めてだと正直感じた。


正常位でもかなりの気持ち良さに何時もよりも早く果ててしまったのに、バックはそれ以上の気持ち良さなので、また直ぐに果ててしまうかもと思ったが、流石に一発抜いてあるだけあってさっきほど射精感は無く、と言って射精までいけない気持ち良さでもない、絶妙な気持ち良さが股間から全身に渡っていた。

妹もさっきまでとは違う快感に直ぐに絶頂を迎え、何度も何度もイッてしまっていた。


「はぁ~んダメぇ~またイッちゃう~アーー!」

言葉にならない喘ぎ声が深夜の俺の部屋に響き、一階で寝ている両親に気付かれないかちょっと不安だったが、滅多な事でもない限り中々起きない両親なので助かった。


今度は確実に30分以上繋がっていたにも関わらず、挿入感は変わらず最初からずっと気持ちの良いままで、締りの良い膣と言えばそうなのだが、締め過ぎずユル過ぎない肉の感触はいっそこのまま挿入したままにしておきたいと思うほどだった。

そこで少し変化を付ける為、妹のアナルに親指の腹を押し当てて擦ってみた。


すると「あっ!」と一言上げるとビクッと動き、さっきまでとは違う締め付けをしてきたのを感じた。


俺は、この感触いいかもと思い、更にアナル・・・肛門に刺激を与えた。

だがそれも直ぐに慣れてしまったらしく妹の締め付けは元に戻ってしまい、俺は思い切ってアナルの中に親指を挿入してみた。


すると「あうっ・・・はっ!ダメ!そこ・・・おかしく・・・なっちゃう・・・んっ!」と上半身をクネクネと動かし、アナル内の指を拒絶しているかのように、でも確実に膣圧は増し、チャンスとばかりに腰を振りたてた。

すると妹はもうワケがわからなくなってしまったようで、ただただ頭を振り「はぁ、はぁ!」と荒い息をするだけだった。


俺はラストスパートをかけ親指をクイクイと動かしながら腰を振り、射精に向けて集中した。

そして「そろそろ出そうだ・・・ふんっ!あっ!出る!」そう言って力の限り腰を振り爆発寸前、奥深く突き刺すとピタッと止まりドクドクと発射した。


射精後、暫く妹の背中に覆い被さる様な格好で余韻に浸っていた。

妹にティッシュを数枚束ねて取らせ、自分の股間に宛てがう様に言って、俺はゆっくりマッサージ棒を抜いた。

抜いた後、妹に上半身を起こす様に言い、股間に宛がっているティッシュを俺が変わって取り、綺麗に拭き取った。


エアコンの効いた部屋でも激しいマッサージで二人とも汗をジットリかいていて、こっそり二人で風呂に入ることにした。

極力物音を立てずに、声も潜めて両親が起きない様に静かに行動して、シャワーも使わず浴槽の残り湯に浸かり、浴槽の中で身体の汗を洗い流すと同時に股間の体液も綺麗に洗い流した。

裸のまま再び、そーっと俺の部屋に戻りタオルで良く身体を拭いた。


ベッドに二人並んで横たわり、天井を見上げながら、声を潜めて、「こんな気持ちの良いエッチ初めて♪」と言う妹に対して、「サチ違うぞ・・・これはマッサージだから♪」とあくまでもマッサージの延長であることを主張した。


「そうだね♪マッサージだったね」と妹も分かってくれてるようで、「またマッサージしてくれる?」と聞いてくるから、「ああ、何時でもしてやるぞ!」と答えた。


その日から俺達兄妹のマッサージと称した“セックスライフ”は週末ごとにエスカレートしていき、一年経った今では土曜日はラブホで朝から晩までハメッぱなし出しっぱなしと言う、何時妊娠してもおかしくない生活が当たり前となっている。

にも関わらず、未だ一度たりとも妹の生理周期は乱れる事もなく、毎月ちゃんと来るのは、妹が不妊症なのか俺の精子に異常があるのかは分からない。

・・・が、妹は妊娠しても産みたいと言っている以上、今のスタイルを変えるつもりはない。