0294
犯されてしまいました。


しかも、彼はまだ◯学三年です。

娘はまだ◯学一年で、不良っぽい子と付き合っているのを心配していましたが、まさか私が犯されるなんて。

娘も既に犯されていました。

しかも、ハメ撮りしていたのです。


娘が部活のバレーの試合でいない日曜日、彼は家に来ました。

彼は自慢する様にハメ撮りビデオを私に見せました。

私は頭が真っ白になりました。

娘がこんな年で半ばレイプされる様に経験していた事も、それを見せられる事もショックとしか言いようがありません。


彼はビデオと引き替えに、私の体を要求して来ました。

私は迷わず要求を受けました。

娘の人生がかかっているのです、私の事などもうどうでも良くなっていました。

彼は娘のビデオを流したまま、私を犯しました。

ソファーに押し倒し、獣の様にむしゃぶり付いて来ます。

ねちっこいキスをし、乳房を噛み、乳首を吸って来ます。

そして執拗なクリニングス。


ビデオから聞こえる娘の声が私をさらに狂わせます。

こんな子供に、良いように弄ばれていると思うと惨めでたまりません。


そして、ついに娘の純潔を奪った物が入って来ました。

それは旦那の物よりも、固く大きな物で・・・。

不覚にも、喜びの声を漏らしてしまいました。

彼はそれを聞き逃さず、それをネタにネチネチと言葉責めをして来ます。

彼は私の弱い部分を見つけ、そこを突いて来ます。


普通のセックスしかしない旦那以外とは経験が無い為、私自身がMである事に始めて気付きました。

娘を犯し、さらに私を犯している憎い相手、しかもまだ子供の相手に悶えさせられているのです。

惨めさと同時に自分の中の何かが変化するのを感じました。

彼は当然の様に中に出して来ました。

その頃には私はもう、彼にしがみつく雌犬でしかありませんでした。


娘は彼と別れさせました。

ですが、私と彼の関係はまだ続いています。

もう旦那では感じない体になってしまったのです。

彼は気が向くと私を躾に来ます。

おかげで私は彼の肉奴隷として扱われる事が出来ています。


今日も躾られてしまいました。

旦那が釣りに、娘が部活で家を出た後に彼が来ました。

玄関で出迎えると、その場で犯されてしまいました。

いきなりされるのではないかと薄々感じていたので、彼が来る前に自分で十分濡らしていたのです。


彼はいきなり指を入れて「なんだ、こんなにヨダレを垂らしやがって。

俺が躾てやらなきゃな。

分かってんだろ?早くしろ」と言われました。


私は大人しくげた箱に手を付き、おしりを彼に突き出します。

彼はスカートをまくり上げ、逞しいモノを下着をずらして入れて来ました。


「ほら、声立てたら外に聞こえちゃうぞ」と言われ、恥ずかしさでさらに感じてしまいます。


耐えようと思う程声が漏れ、獣の様になっている自分がいます。

やがて、彼のモノが緊張するのが分かり、「今日は外にして!」とお願いしました。

しかし、彼はそれを聞くとさらに力強く私を捕まえ、子宮の奥深くに熱いモノを注ぎ込みました。

それを感じて私もイってしまい、体から力が抜けてしまいました。


彼は満足そうに笑い、「産んじまえよ、旦那の子だって言ってさ」と言い、さらに腰を振ります。


繋がっている部分からは愛液と精液が入り混じって溢れ、一度イって感じやすくなっている。

私はもう旦那などどうでも良くなり、彼におねだりをしながら悶えていました。


彼の子供を産みたい・・・。

彼に愛されていたいのです。


その為ならば、なんでもするつもりです。


彼は久しぶりに娘とヤリたいと言い出しました。

彼と離れなくて済むならばそれも構いません。

彼に協力して、娘を使わせます。


だからお願い、捨てないで下さい。