0657
バイト先での話。


俺=ユウジは、なんでか知らんが女子受けがよく、その新しいバイト先でも直接声をかけられはしないものの、女の子達の間に「ユウジ君いいよね」という声があるのは聞こえていた。

彼女=ヒロミもそのうちのひとりで、同期のバイトの子といろいろ俺のことを品定めしていたらしい。

経過は省くけど、結局、俺とヒロミは付き合うことになった。

しかしそのバイト先では未だバイト同士で付き合うケースがなかったらしく、ウルサイ社員がいたことからも、俺らは付き合っていることを内緒にした。


そんな状況の中、社員を巻き込んだ大々的な飲み会が催された。

1次会でたらふく飲んだ俺らは、特に人員落ちすることもなく、そのまま2次会のカラオケボックスに突入。

やんやの大騒ぎ。

大勢で狭いボックスにひしめき合うもんだから、ソファは満杯。


ヒロミはその日、ミニスカートを履いていた。

女の子を優先的にソファに座らせて、男は床に座り込んでマイクの奪い合い。

すると、友人のひとりが俺にそっと耳打ちする。


「ユウジ、ちょっと見てみろよ。

ほら、あっち」

「何よ?どうしたの?」
「ヒロミちゃん、パンツ丸見え。

ウオ!白!」

「・・・。

あ、ああ!いいですな!」


床に座るのはいいんだけど、なんでコイツら、カラオケのディスプレイがわざわざ見えにくいこんなところに集まっているのかと思ったら、ヒロミのパンツが目的だったらしい。

よく見るとソファだって空いている。

俺はもう冷や冷やで、(ヒロミ!パンツ見られているよ!)なんて必死に彼女に念じたけど、まったくの無駄。


結局バイトの男全員と言っていいほどにヒロミは楽しまれて、ムチャクチャに盛り上がったまま、2次会はお開き。

もう全員ベロベロ。

床にはつぶれて何人も倒れているし、おんぶされている女の子もいる。

俺も酒に強くなかったために、立っているのがやっとの状態。

朦朧とした意識の中、ヒロミを捜す・・・いた。

彼女は平気みたい。


「オイ、ユウジ!大丈夫かよ、お前」と、バイト内で一番仲のよかったイトウが、俺に声をかける。


「オイ!ユウジ!ッたく仕方ねえな。

ここから帰れンのか?」

「ウイ・・・多分、平気だと・・・」
「ダメだな、コイツ。

お前ンち、どこだっけ?」

「チャリで20分・・・」
「チャリ?面倒臭ェな!おーい、ここから一番近いヤツ、だれ?」

ひとまず俺を、だれかの家で介抱するつもりらしい。

すると、「あ、私ンち、一番じゃないかもしれないけど近いよ」と、ヒロミが名乗りをあげた。


「ヒロミちゃん、近い?でも女の子の家だしなァ」

バイト先では俺らが付き合っていることは内緒のため、仲のいいイトウもその事実を知らない。

するとヒロミは、

「でもユウジ君、絶対帰れないよね。

とりあえず落ち着くまで家にくれば」

「え。

あ、いいの?じゃあユウジ、ヒロミちゃんのところ、いいってよ!」

「ウ、ウーン・・・」
「ユウジ君、大丈夫?」
「コイツ、多分ここから動けんな。

ったく面倒なヤツだ」

「イトウ君、ユウジ君と一緒に来てくれる?」
「つーかそうするしかねェだろ、この状況だと」

というわけで、俺はイトウの背中に載せられてヒロミの家へ向かった。


歩くこと数分、ヒロミの家に着いた。

ひとり暮らしのヒロミは、駅から近い、住宅街のアパートの一室を借りていた。

俺も何度か彼女を送ったことはあったけど、付き合って間もないために、部屋には未だ入ったことがなかった。


「着いたー。

ここだよ。

ささ、どうぞ」

「おお、もう着いたのか。

助かった。

コイツ重いよ」

「イトウ君、お疲れさま。

どうもありがとうね」

「いえいえどういたしまして。

じゃあ俺帰るわ」

「え、そんな、悪いよ。

お茶でも飲んでいけば?」

「いいの?つーか俺が帰るとヒロミちゃん、ユウジとふたりきりか」
「ウフフ。

でもユウジ君、つぶれちゃっているから平気だよ」

「でもさすがに疲れたな。

じゃあお言葉に甘えて」


そんな会話が耳に入ってきた。

というわけで、3人でヒロミの部屋。


目の前がいきなりパッと明るくなる。

いい香り。

女の子の部屋って感じ。

でも俺はベロベロ。

立っていられない、目を開けていられない。

そのままどさりと倒れこんでしまう。

そのあと、足だかを持ってずるずると引きずられたところまで記憶があるんだけど、泥酔の辛さには耐えられず、そのまま眠りについてしまった。


でも酔っ払って寝ちゃうと、時折目が覚めるでしょ。

俺も何度か目を覚ましたんだ、心配で。

でもイトウとヒロミはどうやら飲み直しに入ったらしく、部屋の中にウイスキーのいぶした香りが漂っていた。

俺も参加しようと試みるんだけど、どうやら酔いは相当深く、結局また眠りについちゃうってのが何度か続いた。


また、いきなり目が覚めた。

ずいぶん寝たらしい。

これまでの目覚めのときとは違って、ずいぶん頭もすっきりしている。

体も重くない。

トイレに行きたいな。

電気はまだついている。


ユ「ウーン、寝たー」
イ「おお、ユウジ。

起きたか。

悪ィな、まだお邪魔しているよ」

ヒ「おはよー、ユウジ君。

大丈夫?」

ユ「うん、だいぶすっきりした。

俺、どれくらい寝てた?」

イ「2時間くらい?ヒロミちゃん」
ヒ「そうね、それくらいかな」
ユ「ヒロミちゃん、スンマセントイレ借ります」
ヒ「吐くの?大丈夫?」
ユ「いや、違います。

放尿」

ヒ「やだー、ユウジ君ったら(笑)そこの先ね」

おぼつかない足取りで、指で示されたユニットバスへ向かう。

トイレを済ませて手を洗っていると、見るともなしにそこに並べられたいろいろなものが目に入ってくる。

さすが女の子、いろいろ並んでいる。

いや、そんなにジロジロ見たらイカンと思いながら、サッサと出ようと急いで手を拭いたときに、パッと目に入った。

大小の歯ブラシ2本。


そういえば付き合ってすぐの頃、ヒロミの家に行きたいって頼んだことがあった。

そのとき、なぜかヒロミはいい顔をしなかった。

まあ俺も、付き合ってすぐだからさすがに失礼かと思ってそれ以上は無理強いしなかった。

訊けば、前の彼が置いていったものがまだいっぱい部屋にあって、そんな中に俺を通すのはイヤだということらしい。

そんなことも言っていたっけと、その歯ブラシ2本を見て思い出していた。


今は、ヒロミは俺と付き合っている。

大丈夫だ。

でも前の彼氏は30オーバーだって言っていたな、10近く上だよ。

歯ブラシが部屋にあるってことは、泊まっていたってことだよな。

あの細くて華奢な体が・・・イカンイカン!今は俺の女だ!
なんてモヤモヤとしたまま部屋に戻ると、イトウとヒロミはまだ飲んでいた。


イ「ヨウ、ユウジ。

大丈夫か?」

ユ「ウン、さすがに抜けたみたい。

でも眠いな」

ヒ「ユウジ君、一緒に飲まない?ウイスキー買ってきたの」
ユ「俺、酔いつぶれてここに来たんだよ?もう飲めないです」
ヒ「じゃあベッド使っていいよ。

床じゃ痛いもんね」

ユ「イヤ、さすがにそれは悪いです。

ここで寝ます」

イ「ユウジ、お前半目開けて寝ていたぞ。

怖ェな」

ヒ「死んでいるみたいだったよ」
ユ「いいの!だってどうしようもねェだろ!」

本当はベッドに行きたかった。

ヒロミのベッド。

でもさすがに遠慮した。

というわけで、また同じ場所で横になって、寝顔を見られないように、彼らに背を向けて、壁に向かって眠りに再び眠りに入った。


ところがそれまでずっと寝ていたせいか、ちっとも寝られない。

かといって起きているときのように意識がはっきりしているわけでもなく、睡眠と覚醒の間をさまよっている感じ。

ふわふわ。

聞くともなしに、ふたりの会話が耳に入ってくる。


「でさ、俺が彼女の家でイチャイチャしていたらさ、弟が帰ってきちゃって」
「ウソ、本当?でも気がつかなかったんでしょう?」
「そうそう。

だって俺らセックスしていたしね。

彼女なんて家が留守だから」

「え?じゃあ声とか出しちゃっていたの?」
「ウン。

聞いたことがないくらい大きな声で。

そうしたらさ、彼女の弟が入ってきちゃったんだ!『おねえちゃーん』とかいってさ(笑)」


たわいもない話をしているふたり。

すると、話がだんだんきな臭くなってきた。


「さっき2次会でさ、ヒロミちゃんのパンツが見えててさ、大変だったよ俺」
「ウソ、見えちゃってた?ヤダー」
「俺さ、何度も見に行っちゃったよ。

ヒロミちゃんのパンツ」

「ヤダ、イトウ君やらしいー(笑)」
「だってさ、目の前にスゲエかわいい子のパンツが見えるんだぜ?見ないのは失礼だろ。

いや、そう思うね俺は」

「え・・・かわいいなんて、イトウ君上手・・・」
「マジだって。

バイト連中だってみんな狙っているぜ、ヒロミちゃんのこと」


・・・ゴルァ!と言いたいのをこらえているうち、俺は振り返るタイミングを逃していた。


「だってさ、ヒロミちゃん、部屋に帰ってきてからも着替えないからさ、さっきから飲んでいる最中、パンツが何度も見えちゃって」
「え、だってもう着替えるの面倒だし、第一イトウ君たちいるから着替えられないし(笑)」
「そうだよな(笑)でもさっきから見せられちゃって、俺もう大変」
「え、何が大変?」

ヒロミがそういい終わるのを待つことなく、イトウが何かをやらかした。

がさりという音のあと、衣擦れの音が静かになった部屋に響く。

しばらくの静寂のあと、ヒロミがその沈黙を破った。


「ヤダ・・・イトウ君大きい・・・」

大きい!?イトウのヤツ、何をやらかしているんだ!?俺はもう頭の中が真っ白。

心臓の音が頭に響く。

息苦しい。

横臥している体が脈打っているのがわかる。

起きなきゃ、振り返ってやめさせなきゃ。

のどが渇く。

でも動けない。

何かを期待している。

俺のパンツも濡れていた。

ダメだ、さっき歯ブラシを見て嫉妬したじゃないか。

止めなきゃ。

怒りと焦燥感、そして悲しいことに大きな期待の渦巻く中、また静かな部屋の中に、小さく悩ましげな声が響き渡った。


「ウン、ンンッ!アハァ!」

・・・イトウとヒロミがキスをしている。

止めなきゃ。

でも俺はなぜか動けなかった。

指一本に至るまで。


先程までの半睡状態の倦怠感はどこへやら、俺の五感はまさに文字どおりフル稼働。

産毛の一本までが、背後で起こっている情事を察知せんとしている。


「・・・プハ。

ヒロミちゃん・・・」

「イトウ君・・・」

なんだよその「・・・」ってのはよ!イトウ!
それよりもヒロミ!俺がここで横になっているっての!
お前は俺の彼女!やめろ!

その必死の叫びもむなしく、またヒロミの甘い声が響く。


「ア、アア、ダ、ダメだって、イトウ・・・君・・・」

クチャ、クチュ、クチャクチャ・・・。

床付近から聞こえてくるこの音。

ヒロミがいじられている。


猛然と飛び掛りたい衝動と、その状況を見届けたい気持ち、その相反する心理が葛藤する中で、俺は気が狂いそうだった。

それまで、自分の女が寝取られるなんて経験はなかった。

酔っ払ったって、こんなに自分の脈が感じられることなんてない。

頭痛がする、吐き気がする、体が熱い。

俺のパンツは、漏らしたんじゃないかってくらいべとべとだった。


「イトウ君、電気消して・・・」

パチンという破裂音とともに、あたりが真っ暗になった。

それと同時にギシギシという音が聞こえる。

ふたりでベッドに乗ったようだ。

あたりに、汗のすえた臭いが漂う。

ねっとりとした空気。


俺は日和った。

いつの間にか、「見たい」という気持ちが勝っていた。

寝返りを打てるかな、振り返ってふたりと目が合っちゃったらどうしよう。

胸が破裂しそうなくらい緊張しながら、ええいままよと寝返りを打つ。


「アッ、イトウ君、ダメ!ユウジ君起きちゃうよ」
「え、ユウジ?起きた?」
「寝ているよ。

寝返りを打っただけだろ」

「え、でも起きちゃったらウウン!ダメ、アン!」

もうイトウはとまらないようだ。

そりゃそうだ。

俺だって同じ状況だったら寝ているヤシが起きたって続ける。

イヤ、ぶん殴ってもう一度寝てもらうかも。


もともと目をつむっていたせいか、寝返りを打ってもすぐに暗闇に慣れた。

目に飛び込んできたのは、お互いに向き合って座っているふたり。


なんだよ、服もちゃんと着ているよ。

キスしていただけか、俺の取り越し苦労・・・じゃない。

イトウの手はヒロミのパンツの中に、そしてヒロミの小さくて細い指が、イトウのブツを握っていた。


イトウの腕が細かく動いているのがわかる。

その動きと同調して、部屋にいやらしい音が響く。

グチュグチュ・・・チュクチュッ・・・クチャ。

ヒロミはもう我慢できないらしく、左手でイトウの首に抱き付いている。


「イトウ君・・・アア!アアン!ダ、ダメェ!」

・・・お前の声のほうが俺を起こすって、ヒロミ(泣)

「ヒロミちゃん、もう俺ダメだ。

ゴメン。

口でして」


たまらなくなった様子で、イトウはヒロミにそう言った。

するとヒロミは何を言うでもなく、イトウのを口に含んでしまった。


グポグポ・・・グチュグチュッ・・・ジュルッ。


「う、ウオ、ヒロミちゃん、スゲエな・・・マジですごい」
「ウン、ン、ウウン」
ジュルジュルジュポジュポッ。


「オ、俺もヒロミちゃんのを舐めてェよ。

いい?」

「ジュポッ。

ダメ、汚いからダメ!」

「汚いって言われると余計舐めたくなるんだよ」

(ウン、俺もそうだ)
なんて思う余裕がある俺。

イトウはヒロミの白くて細くて長い足を難儀そうに持ち上げて、白いパンツをずらした。


なぜかお膳立てされていたように、月明かりがふたりを照らしていた。

ブラインドから差し込む月光が、青白くふたりを浮かび上がらせる。

俺はと言えば、運良く陰の部分に寝ていた。

こっちからは向こうが見えるけど、逆はないって寸法。

事実、ふたりは夢中になっていることを差し引いても、俺が起きていることに気がついていない様子だった。


薄暗い月明かりの中でもわかるくらい、ヒロミのアソコはグチャグチャだった。

明らかにその部分だけが光沢を帯びていて、熱を持っていた。

始めて見たヒロミのアソコは、ムチャクチャきれいだった。


「ヒロミちゃん、スゲエきれいだね、ここも」

こういう状況を人から聞いたり読んだりしたとき、(ケッ俺だったら飛び掛っていって3Pだぜ)とか(間男を殺す)とか言うでしょ。

ダメ。

実際ダメ。

まったく動けない。


イトウは、ヒロミのパンツを横にずらしたまま、アソコを舐め始めた。


ジュルジュルジュル、チュチュッ。


「アアアア!イ、イトウ君!そ、そこ!」
「ジュルジュルッ。

ヒロミちゃんのオマンコ、おいしいよ」

「そんなこと言わないでよ・・・恥ずかしいよう・・・」
「いやマジで。

スッゲエきれいだし。

ホラ」


そう言うと、イトウはヒロミをやおら抱えあげて、オムツを取り替えるような格好にしてしまった。


「ウワ、ヒロミちゃんのオマンコ、丸見え。

ケツの穴もきれいだね」

「イヤ、やめてよ・・・恥ずかしいよう」

再び、イトウはヒロミのアソコを舐め始める。

ヒロミ絶叫。

すでに俺のこと、頭になし(泣)

「イ、イトウ君!もうダメ、イッちゃうよう!」
「イク?イキそうなの?イクところ、見せてよ」
「ヤ、恥ずかしいよう、ア、アア!」

ヒロミ、陥落。

イトウ、勝ち。

俺、負け。

イトウがこれで満足するわけがない。


「ヒロミちゃん、入れていい?」
「え、あ、だって・・・」
「あ、もうガマンできないや。

入れちゃうからね」

「!!!!!」

・・・せっくすしています、おれのかのじょのひろみと、おれのともだちのいとうが。


すごい音。

深夜の部屋の中、イトウの腹とヒロミの腿がぶつかり合う音。

イトウのブツが、ヒロミのアソコをかき混ぜる音。

すごくいやらしい。

もう、俺は真っ白。

頭の中も、目の前も、肺の中も真っ白。


グッチャグッチャグッチャグッチャ。


しばらく正常位、バック、騎乗位とやりたい放題。

一番俺が興奮したのが、バックでしていたあとに、イトウがヒロミの体を起こして、うしろから抱きかかえるような格好になったとき。

ヒロミのアソコに、イトウのが根元まで差さっているのが丸見えだった。

イトウが腰を動かすたびに、ヒロミのアソコがめくれるのが見える。

ヒロミ・・・おっぱい大きいと思っていたけど、やっぱり大きいな。

イトウは、これでもかってくらい、ヒロミのおっぱいをねぶっている。


「ウオ・・・ヒロミちゃん、締まるね。

スゲエ気持ちいい」

「イトウ君のだって大きくって・・・ア、アアン!」
「ス、スゲエ気持ち・・・いいよ」
「イ、イッちゃうよう、イトウ君!」
「俺もイキそう・・・ヒロミちゃん!」

頼む、中出しだけはやめてくれと心の中で祈る。

その願いが通じてか、イトウはヒロミの白い腹にぶちまけた。


「ハァハァ・・・ヒロミちゃん・・・」
「イトウ君・・・あったかい・・・」

こっちからはヒロミのアソコが丸見え。

イトウのが抜けたヒロミのアソコは、いやらしくテカり、開いたまま、湯気を立てそうな勢いでヒクヒクしていた。


結局その晩、イトウとヒロミはもう一回セックスして、俺は散々それを見せ付けられた。

2回目が終わったあと、イトウとヒロミは、何やら甘い会話をしばらく交わしていたけど、明け方近く、イトウはひとりで帰っていった。


「じゃあね、ヒロミちゃん」
「じゃあね、気を付けてね」
「もう夜明けが近いな。

大丈夫。

お疲れさま(笑)」

「エッチ!(笑)」
「じゃ、お休み」

がちゃん。


ドアが閉まった。

あとに残された俺とヒロミ。

ほうっというヒロミのため息が玄関から聞こえる。

どうしよう、俺、どうすればいいのかな。

ヤバイ、ヒロミが戻ってきた。


「ユウジ君、もういいよ」

!!!!
もういいよ????

頭が混乱する。

グラングラン。

グワングワン。


つい、「ウーン」とかいって壁のほうに寝返りを打つ。

すると、ヒロミが俺の頭をなでてきた。


「ユウジ君、起きてよ」

もう逃げられない。

起きていたのがバレている・・・。


「まだ寝た振りしているの?ダメだよ、ガマンしちゃ」

そういうや否や、ヒロミは俺のギンギンになったズボンの前をまさぐり出した。

なすすべもなく、俺のブツは、あっという間にヒロミに握られていた。


「ウフフ、ガマンしていたんでしょう?ユウジ君」

そういうと、ヒロミは俺のブツを口にくわえた。


キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

まさにこのAAが示すとおり(藁)
ク、クアア、息ができん・・・。

気持ちよすぎる・・・ダメだ、イキそう。


「ンア!ヒロミ、ダメだよ、イッちゃうよ!」
「ウフフ。

いいよ。

口に出して、ユウジ君」

「ン!ウウン!アー・・・アアッ!・・・」
「ング、ンン。

ハア、ユウジ君、ごめんね」


ニコッと微笑まれた俺は、それまでの怒りもどこへやら。


「ごめんね・・・ユウジ君。

途中でユウジ君が起きたの、ンアッ!・・・気がついたんだけど・・・ウウン!」

「何、ウウ、お前気がついていたの?俺、もうどうしていいかわからなくてさ」
「アア、ユウジ君、気持ちいいよう!もっとして!」

今度は僕がヒロミのアソコをかき混ぜる番(藁)
聞けば、ヒロミはセックスしている最中に俺が起きているのに気がついたけど、ここでその事実をイトウに知らせるとどうなるのか、何よりも俺の面子が立たないと思って、そのままにしていたそう。


「ったく、なんだよ。

俺、お前ら殺してやろうかと思っていたんだぜ?」

「フフフ。

でも私、イトウ君に殺されるかと思っちゃった」

「バ、バカ!お前を殺すのは俺!オリャ!」
「アアン!ユウジ君、好き?」

ったく、もう怒る気も失せました。

今も俺らはラブラブです。


イトウには、その後指一本触れさせていません(藁)