0538
14歳の娘と近所の商店街の文房具店に、学校で使用するノートを買いに行きました。


娘と別れて一人でお気に入りの喫茶店に入り、ハワイのコナ・コーヒーを注文して飲んでいました。

僕はお酒は飲めないのですが、コーヒーが大好きで、コナは600円と高いのですが好きなのでつい頼んでしまいます。

スポーツ新聞を読んで、色々と妄想に耽っていると「課長、ここで何してるんですか」と僕の課の喜美(24歳)に声を掛けられたんです。


「君こそこんなところで何してるんだ」と聞くと、「家がすぐ近所なんです」と言います。


「何処なの」と聞くと、僕のマンションとお隣りなんです。

会社では昔は名簿があって、新入社員の住所や電話が書いてあったのですが、一度30代の男性社員が20代の女性社員に横恋慕して、電話をかけたり、住まいを訪ねたりしてセクハラで訴えられたのです。

それからは住所や電話番号は、総務部以外は判らなくしたのです。

ですから喜美の家が近くとは全く知りませんでした。


「一緒にお茶でも飲もうよ」と言うと、「課長は今日はお暇なんですか」と聞かれました。


「できたら今夜はお酒を飲みたい気分なんですけど、付き合ってもらえませんか」と言います。


「どうしたんんだい。

僕はあまりお酒は飲めないんだけど、君がどうしてもというのなら付き合って飲んでもいいよ。

どこかこの近所で知っているお店はあるのか?」と聞くと、「お店は1年前に引っ越してきたので分かりませんが、私のマンションに来ませんか?」と言われました。


「君は独身だろう。

僕みたいなオヤジが訪ねてもいいのかい?」と、瞬間にスケベ心が沸きました。


一緒に行くと2LDKで僕の家よりは立派です。

僕のマンションの部屋も望遠鏡なら見えそうです。


「お風呂を沸かします」と言いながら、お湯を入れに行きました。


いきなりチンポがぐぐっと太く勃起しました。


「さあ、どうしたのかな?」と質問すると、実は恋人がいて3年は付き合っていたのに、最近冷たいので聞くと、「新しい会社でお付合いを始めた女性がいるので別れたい」と言われたそうです。


この3連休を一緒に過ごすつもりだったのに、ショックで涙も出なく、一人で喫茶店に入り泣き出しそうだったそうです。


「ですから、私を慰めてくれませんか」と、ソファの横に来て取りすがるのでした。


思わずに上司だということを忘れて、頭を抱えてキスをしてしまいました。


「止めてください」と言われたら、すぐに中止して帰宅するつもりでした。


ところが僕の口に舌を入れて濃厚な口づけをしだしたのです。


短めのスカートを捲り、ショーツの横から陰部に指を入れました。

Tシャツの裾から手を入れて、Cカップの乳房も思い切り握り、勃起した乳首を愛撫しました。


「うう~んん、全部脱いでもいいですか」とすぐに裸になり、僕のシャツとズボンを下ろしだしました。


極太な飴いろの陰茎がそびえ立ち、亀頭の先からカウパー液が溢れ出してきました。


彼女が全裸になると、畳の部屋に座布団を下に敷いて寝かせました。

下着を一気に引き下ろして、性臭のする蕩けた様な淫列をしっかりと開かせました。


「ああダメよ~、それは恥ずかしいよ~」

懸命に股を閉じようとしています。

男の脚で彼女の脚を内側から広げます。

僕は彼女のお尻を抱えて持ち上げ、彼女の生殖溝を股間から露出させました。


「は、は、はっ、恥ずかしいわ~、こんなことって~」

睫毛がそっと震えて揺れています。

美女のアソコは大輪を咲かせて艶やかに花開き、しとどに蜜で光っています。

太股に手をあてがって左右に押し開き、捲れ出した大陰唇を舐め、小さな突起物をちゅうちゅうと吸ってやりました。


鰓の張った亀頭を彼女の赤い唇が、「んんんぐぐぐ~っ、グチュグチュ」と舐めていきます。


上反りに勃起した陰茎は見事で、彼女でも口の中には無理なようです。


「大きいですね、彼の倍ぐらいはあるんじゃないかしら、これは私の中には無理だと思うわ」
「大丈夫だよ、赤ちゃんの頭はこんなには小さくないだろ、女性の性器はかなり広がるから入るよ、心配しないで」と、手を添えて、彼女の蜜壺に宛がいました。


勃起したフトマラが、濡れた彼女のマンコ目掛けてヌルヌルと、鰻が穴に潜る要領で彼女の女道に入りました。


「ええええっ、そんなに~、もう入っちゃったの~」

根元まですっかりと挿入されています。

乳房を揉みくちゃにしながら、汗ばんで火照っている膣の中は、まるで溶鉱炉の中のように入ったように燃えていました。


「君のアソコは熱いなあ~、すぐに燃え尽きそうだけどどうする~」と聞くと、「飲む避妊薬を用意してあるので、中に出しても結構です」と膣を若いながらも真剣に締め付けてきます。


「あうあうあう~、もう私ダメかもしれないわ~、逝っちゃうよ~、イク~、イクイクいくよ~」

アクメの波が揺らめいて、僕の渾身の一打が子宮口を突き、クリトリスを潰す様に責めると、

「あぐあぐっ、いいい~、んむ~、いいいいよ~」

最後の突き上げに完全に、ぶるぶると震えてアクメを極めていました。


「俺もだめだよ~、逝っちゃうよ~」と呻いて、彼女の膣の根元に射精していました。


眉間に深い皺を刻んでいて、眼は白黒の焦点を失って、どこかに飛び去っているようです。

本当の歓喜で失神したように、全身をいつまでもピクピクと震わせていました。


20分ぐらいは気を失っていたようです。

膣からは僕の青臭い精液がドロリと流れ出してきました。

お絞りを作ってマンコの周りを丁寧に拭き、中に指まで入れて精液を掻き出してやりました。


「課長ってなんでそんなにセックスがお上手なんですか」と質問されても答えようがありません。


大学生時代にソープランドのお姉さんのヒモをして、生活していたことがあるのです。

でもそんな秘密は話せません。


「たぶん大学生時代に、お隣りの奥さんに手ほどきされたからだよ」と答えておきました。


「次回もぜひお会いしてSEXを続けたいわ」と言いますが、近所だけに少し無理だと思いました。


連休明けに会社で顔を合わせましたが、素知らぬ顔で、本当にあれは真実かウソか解りませんでした。

女性は魔物ですね。