0524
還暦を迎えた男と女もまだセックスは可能だった。


互いに浮気したことのない同級生の男と女、羞恥でおどおどしながらも、漸くにして結ばれた一夜だった。

それは還暦同窓会の帰り道だった。

激しく降り続く豪雪が車の運転を危険にさらし、それが彼女と一夜を過ごす結果となった。

互いに羞恥がつきまとう還暦の男と女の清純な一夜、しかしまだ、セックスの出来る男と女だった。

還暦同窓会が終わった翌朝、誰もそれぞれ帰途に着いた。


私も家が近い彼女を助手席の乗せて国道を西に向かって車を走らせた。

その頃は小雨交じりのミゾレだったが、その国道から陰陽を結ぶ国道に分岐して入ると、小雨は雪に変わった。

この国道は、県境を越えるのに大きな峠があり、交通の難所でもあった。


登り道に差しかかると雪はフロントガラスを激しく叩きつけた。

道路脇の雪は1メートルは積もっていると思った。

前方が真っ白くなって道路が何処なのか分からない。

かろうじて、ハンドルに伝わるタイヤの感触で道路を走っていると感じた。

そんな道を運転していると、雪でスリップして道路脇に突っ込んでいる車を何台か見て通り過ぎた。


雪道の運転に慣れていない私は、激しく降る雪道の運転に怖さを覚え、助手席の彼女に「雪が激しく降るね・・・、この雪だと峠越えの運転が不安で怖い・・・。

もうすぐ、街に入るが、そこで宿をとって、明日、帰ることにしませんか・・・」と呼びかけると、彼女は「そうね・・・、危ないから、そうしましょう・・・」と云って承知してくれた。


彼女も豪雪の運転に危険を感じていたのだ。

男と女の二人で泊まるのは、世間体を気にする私にとっては不安だったが、命の危険には換えられなかった。

前が見えぬほどに降り続く雪の中を慎重に走り、ようやく、深い雪に覆われた『旅館』の看板が目に入り、否応なしにその旅館に跳び込んだ。


激しく降りしきる雪の中で玄関を叩くと、四十代と思われる若い女将さんが出てこられた。


「激しい大雪で峠越えが危険なので、泊めて欲しいのですが・・・」と頼むと、その女将さんは「この大雪で仕入れが出来ず、何もないのですが・・・。

ほんのあり合わせで良ければ・・・」と言って承知してくれた。


二階の八畳間に通された。

部屋は冷え切っていて寒暖計は氷点下三度を指していた。

女将さんが、ストーブと炬燵とエアコンの三つを同時に入れてくれた。

部屋が暖まるまで二人はストーブの前で顔を見合わせて体を温めた。

窓の外はボタンのような大きな雪が、向こうが見えないくらい降り続いている。

午後四時なのにもう薄暗かった。


女将さんが見えて「お風呂が涌きました・・・。

どうぞ・・・」と云ってくれた。


私たちを夫婦だと思っているような言葉使いだったので、思わず二人は顔を見合わせた。


「夫婦と思われていますよ・・・。

まあいい・・・、今晩は夫婦でいましょうよ・・・」と云って、また、顔を見合わせた。


風呂から上がっていると、「夕食の支度が出来ました。

食事は一階ですから・・・」と告げられた。


一階に降りると、六畳の間に炬燵があり、そこに夕食が用意されていた。

私たちの他には泊まり客は誰もいないようだ。

夫婦気取りで二人は食事をした。


終わって二階の部屋に戻ってみると布団が二つ並べて敷いてあった。

またしても二人は顔を見合わせた。

彼女の顔は、来るとこまできた・・・全てを任せる・・・、と言っているような温和な上目使いの顔だった。


私は妻に電話し「大変な大雪で車の運転は危険だから、今晩もう一晩泊まって、明日、帰る・・・」と告げた。


妻は「そうですか・・・。

わかりました・・・」と別に不審に思っている感じではなかった。


彼女も家に電話した。

彼女は三十六歳の時、主人と離婚し、今は娘さんと二人で美容院を営んでいた。


テレビドラマが終わったのは午後九時五十四分だった。

それを機に「もう、休みましょうか・・・」と声を掛け、二人はそれぞれの布団に潜り込んだ。

電気を消すと部屋は真っ暗となったが、目が慣れると、障子は、雪の白さで薄明かりとなっていた。


薄闇に見ると、隣の彼女は背を向けて横たわっている。

妻以外の女が、今、横に寝ている・・・。

気が立って寝付かれない。

彼女に寄り添ってみたいが、その勇気はないし、きっかけもない・・・。

黙って彼女の布団に潜り込んで行っても、もし、拒まれたらどうしよう・・・。

でも、妻以外の女の肌に触れてみたい・・・。

女の昂ぶりは、妻とどんなに違い、どんな反応を示すのだろうか・・・。

そんなことを思い続けていると興奮で胸の鼓動が高鳴る・・・。

不謹慎にも男のものは硬く立ち上がっていてどうしようもない・・・。

そんなことを思い浮かべて、既に三十分は経っていた。


馴れぬ人が横に寝ているという恥ずかしさと好奇心とが入り乱れて、気持ちが昂ぶっている。

静かに寝返りを打った・・・。

すると今度は彼女が寝返りを打った。

彼女も寝付かれないのだ。


私は勇気を出して「眠れないの・・・」と呼びかけてみた。


すると彼女から「ええ・・・、眠れないの・・・」との返事が返ってきた。


「きっと、豪雪で危険な運転だったから、緊張しっぱなしで疲れすぎて、気が立っているのですよ・・・」と言ったが、そのことよりも本音は、妻以外の女の人が横に寝ていることえの羞恥と好奇心が要因だった。


この言葉のやりとりで、二人の間にはきっかけが出来て、暗黙のうちに糸が繋がったと思った。


その時、時計は午後十時三十分を指していた。

心臓が激しく鼓動を打っている。

高鳴る胸の鼓動を押さえ、勇気を出して、背を向けて横向きになっている彼女に近づき、手を伸ばした。

指がそっと彼女の髪と頬に触れた。

彼女はジッとしていた。

彼女も不安と恥ずかしさが交錯しているのだ・・・と思った。


「大丈夫・・・何もしませんから・・・心配しないで・・・」と言って彼女を安心させた。


と言いながらも彼女の布団をそっと捲り、静かに布団の中に潜り込んで、彼女の背中に触れた。

腰を寄せると彼女の柔らかな尻朶に触れた。

当然に硬くなっている男が彼女の尻朶に触れる。

彼女も(えぇ・・・、もう硬くなっている・・・)そう感じたのだろう。


彼女の腰に手を触れて引き寄せた。

彼女のからだはすんなりと仰向けの姿勢に寝返った。

からだの全てを任せよう・・・という女の姿勢だと思った。


(そうなんだ・・・。

彼女も受け入れる気になっているのだ・・・)と思った。


思い切って彼女の首下に腕を伸ばして腕枕をし抱き締めた。

彼女は、すんなりと抱かれてきた。

しめた・・・私は思った。

からだは妻よりかなり小柄だが全体が締まっている。

可愛いらしいという思いを肌で感じた。


彼女の柔かい太腿に脚を絡ませ、尻朶にそっと優しく手を這わせる。

彼女はかすかに身体を横向きにして背を向けた。

女の急所に触れられるのを恥ずかしがっているようだった。

私は彼女にからだを寄せ、横向きになり、背後から彼女の脇ごしに胸の膨らみに手を添える。

改めて彼女の胸もとから下腹にゆっくりと手を這わせた。

その手は、ついに彼女の膨らみの丘に触れた。

彼女の背を抱き締め、焦らずに女が潤むのを待つ。


彼女の緊張をほぐして、女の性感の昂ぶりに仕向ける。

彼女の心を和ませようと、いつもの順序で優しい愛撫を試みた。

その反応を妻と比べてみたかった。


唇に触れ、耳、頬、首筋、肩、乳房の膨らみ、脇腹、局所を避けて太腿の裏、内側を攻め、太腿の内側を下から局所に向かって擦りながら、局所が昂ぶるように仕向けた。


女の柔肌だった。

彼女の乱れが妻とどのように異なるか、その変化が見たい好奇心に湧いた。

既にこの愛撫に三十分の時間をかけていた。


ついに彼女の膨らみの丘に指が触れた。

だが、薄いショーツの上からの愛撫なのだ。

彼女の昂ぶりを、少しでも焦らせようとする。

からだは妻よりかなり小柄だが、股間はかなりの皮下脂肪で膨らみが豊かだ。

半球形のボールの一面に触れている感じだ。

妻のそこより膨らむ土手は高い。

弾んでいる。

薄いショーツの上から亀裂と蕾の部分を意識して擦り続けた。

彼女はジッとしているものの、宙を彷徨うように微かに揺らめいているのか、次第に閉じた太腿が緩んでいくのだった。


彼女は、三十六歳の時に離婚し、それから再婚していない。

彼女に男のものを知らさせようと、彼女の手を取って股間の硬くなったものに触れさせた。

彼女がどのような反応を示すのか、好奇心を抱いた。

女のその手は男を軽く握りしめ、恐る恐る遠慮した動きを示した。

おそらく、久しぶりに男のものに触れ、感じ、興奮が昂ぶったのだろうと思った。


薄いショーツの上から彼女の内襞を愛撫して、かれこれ十分が過ぎた。

思い切ってショーツのゴムに手を潜らせた。

柔らかい陰毛に触れる。

陰毛は妻よりも豊富のように感じた。

ショーツを脱そうとずらしていく。

それに彼女が腰を少し持ち上げて協力してくれた。

全く何も着けていない下半身が布団の中に横たわった。

興奮で男がはち切れそうに漲り聳え立った。

中指の腹が亀裂に滑り込んだ。

これまで愛撫にかれこれ四十分かけたが、女の潤みはまだ少なかった。

初めての男性に硬くなって緊張しているのだと思った。


午後十一時十分。

あまり潤んでいない。

高齢化なのか・・・。

初めての男への羞恥と、長い間、男のものを受け入れていないことから、膣が萎んでいて、男の硬い物が受け入れられないのではないか・・・という不安に怯えているのではないかと思った。

潤みを補強しようと指先に唾液を付けて彼女の内襞に差し込んだ。

彼女の動きを妻の動きと比較しながら内襞を愛し続けると、やがて両方の太腿を絞り込んでききた。


彼女の不安と羞恥を和らげさせようと「無理しないから、大丈夫・・・。

こうして触れているだけでも満足なのだから・・・」と云った。


その言葉が効いたのか、彼女が多少、控えめながらもからだを捩りだしてきた。


潤みの少ない彼女の陰部に唾を付け、硬くなった陰茎の亀頭にもたっぷりと唾を付け、そっと彼女の柔襞に擦りつけた。

無理しないように亀頭部分を埋め込み、ゆっくりと進ませた。

その瞬間、彼女の顔が歪んで痛みで苦しむ表情に変わった。


「・・・痛かった・・・ごめん・・・無理してごめんなさい・・・」と云った。


硬い陰茎がまだ開かれていない穴に入ろうとしている。

長い間、男を迎入れていないせいか、女の高齢化なのか、なかなか入らない。

顔は痛そうな表情だ。

ゆっくりと時間を掛け少しずつ押し込めた。

どうにか全部埋め込むことが出来た。


彼女の顔の表情を、薄闇に見詰めながら律動を繰り返した。

快感に歪む顔の表情が妻の表情とどう違うのか、関心を持って見詰めた。

また、こんなことも思った。

彼女が三十六歳の時に主人と別れてから今日まで、何人かの男性に抱かれていたのだろう・・・。

彼女も、今、過ぎ去ったこれらの男性との性交を比較をしているのでは・・・と思った。

自分とて、妻と比較しながら彼女を愛撫し、律動を繰り返しているのだから・・・。

そんなことを思うと、余計に彼女を抱きしめる腕と腰に興奮が漲り、彼女の顔の表情を見詰めながら、ゆっくりと彼女の奥を突き上げて律動を繰り返した。


彼女に繋いで、もう十五分は抜き差ししている。

優しく律動を繰り返しながら、慎ましく快感に反応しはじめた彼女の歪む顔の表情を見詰めてた。

もう彼女も九合目には達しているのだろう。

ここらでフィニッシュしようか・・・とも思った。

絶頂を予告するように、彼女を強く抱きしめ、激しく彼女の奥を突き上げて「もうダメ!・・・」と予告した。

最後の力を振り絞って激しく突き、「イク・・・」と呻きながら、粘い白濁を彼女の奥をめがけて噴射していった。


彼女のからだは最後まで乱れることはなかった。

慎ましく淑やかな受け身一筋だった。

乱れや呻き声もないままに、静かな律動のうちに終局を迎えた。

彼女とは初めての結びつきであり、古風な男と女の保守的な節度と慎みが保たれた静かなセックスだった。

彼女もおそらく、久しぶりに、男の硬く太い肉棒を埋め込まれ、男の肌を感じたことだったのだろう。


終わって私は彼女の耳元で「よかった・・・ありがとう・・・」と感謝とねぎらいの囁きをかけた。


時計は、午後十一時三十分を指していた。

前技四十分、本番二十分の約一時間、彼女を愛し続けた。

妻と彼女との性交にそれぞれに違いがあった。

妻とは静かな動きの中で終わっていくが、今夜の彼女は、初夜のときのように、羞恥心と、慎ましい淑やかな動きの中に、絶頂に達したかどうかわからないままに終わった。

しかし彼女も、久しぶりに男の硬い肉棒を受け入れて満足したのだろうか、やがて、彼女の軽いイビキも聞こえてきた。

外は音もなく、まだ雪が降り続いているようだった。

穏やかな気持ちで眠りについた。


目が覚めると窓は雪で薄明かりとなっていた。

時計は六時半だった。

雪は止んでいた。


横には妻でなく彼女が眠っていた。

背を向けて「くの字」に眠っている彼女の寝姿を見て、昨夜の情事が甦る。

そっと近寄って彼女のからだにより添っていくと、彼女はすんなりと身を委ねてきた。

たった一回の情事が、ここまで男と女の関係を近づけるものかと思いつつ、彼女を抱き締めて唇をつけ、乳房を揉み、更に膨らみの丘に手を這わせた。


夜明の薄明かりの中で、彼女の濡れそぼる肉襞に硬い肉棒を埋めていく。

繰り返される律動に、次第に愛欲に溺れ歪んでいく彼女の顔の表情をつぶさに見つめながら、律動を繰り返した。

昨夜と違って彼女の動きもあり、腰を捩る女の肉襞に強く絞り込まれ、肉棒から噴き出される白濁が彼女に注ぎ込まれていった。

朝の情事によって二人の間は、急速に深まっていくのだった。


朝九時、情事に溺れた思いを残して旅館を後にした。

県境の長いトンネルを抜けると、そこからは南斜面を国道は下っていく。

雪質も柔らかく、車が南へ十キロも下ったところからは道路には雪がなくなっていた。

タイヤチェーンを取り外すと車が軽くなったように心地よく走り出す。


一時間も走ると車は山間のラブホテルの並ぶ峠にさしかかった。

もう一度、二人の想いを残そうと誘いかけたが、彼女は、「今日は、もう、よしましょう・・・、またにしましょう・・・」と断ってきた。

駅前で車を止めて彼女と別れた。

思いもよらぬ還暦同窓会の帰り道だった。


何も知らない妻は、いつものように私の帰りを迎えてくれた。