0251
俺の会社が以前入っていたビルの裏にも同じようなビルが建っていた。

ビルとビルの隙間は手を伸ばせば充分に届くほど狭かった。


その裏のビルの2Fに歯科医院があった(うちの会社も2F)。

院長(男性・ほか歯科医数名)の趣味なのか、歯科助手、ナース、受付はみんな美形が揃っていたので、会社の、いやその付近の男共はほとんどそこの歯科医院を利用していたと思う。

予約制にも関わらず、いつも満員で繁盛していた。

俺も親知らずとその隣の歯が虫喰ったときに結構長く通ったのでナースたちにも顔なじみが出来た。


さて、うちの会社は古いビルだったが2Fのフロアを借り切っていた。

事務所、応接室、会議室、ロッカー室(女子のみ)社長室、そして倉庫兼資料室に別れていたが、ある日見積もり用に古い資料を探そうと倉庫に入ってゴソゴソしていた。

目的の物は棚の一番上にあったので脚立に登って箱を掴んだ時、ふと横を見ると換気扇の隙間に歯医者の更衣室らしきロッカーが並んだ部屋が見えた。

そのときは無人だったが・・・そこが更衣室ということもそれまでは気が付かなかったし、そもそもいつも磨りガラスで窓が閉まっていたので判らない。

例え判ったとしても、倉庫の窓は更衣室の窓からずれているので普通なら見えるはずが無い。


では何故、今、中が覗けたのか?

開いていた窓は排煙用の天窓で(それも普段は閉まっている)、後で聞いたところによると更衣室のエアコンが調子悪くて残暑が厳しい時期だったので、受付の女の子が「普通の窓を開けると覗きが怖い」と言って勝手に排煙窓を開けていたそうだ。

後でビルの管理会社から叱られて、10日くらいでまた閉じられたが・・・。

とにかくそのときは何故かは判らなかったが、俺が邪な考えを持ったのは言うまでも無い。


その歯科医院は朝8時~夜8時までの診察(途中3時間の休憩あり)だったので、ナースたちにも早番・遅番があって、要するに朝、遅番出勤の昼前、早番帰りの夕方、そして閉院後の4回着替えが拝めるはずである。

但し、俺は営業で外回りが多かったので、そうそう資料室に籠もる訳にはいかない。

やはり朝一か、ラストかに的を絞った。


次の日、8時前に出社したが、既に総務の女の子と後輩の営業が居たので諦めた。

(その二人は早朝デートだったみたいで後に結婚した。

その日、わざと直帰せずに20時前に帰社して「資料探してきます」と言って倉庫に入ったが、脚立がどういうわけか見つからずにダメだった。


やっと目的が果せたのは3日目の昼前だった。

午前中の会議の後で足らない資料を探すお役目を自ら買って出た。

脚立もちゃんとセッティングして、換気扇の隙間から見ていると、すでに歯科助手のSさんが着替え中だった。

ちょうど白衣を着込む時だったので、一瞬紺のブラが見えただけだったが、すぐにナースのOさんが入ってきて着替え始めた。

Tシャツを脱ぐと水色のブラが見えたが、ロッカーの位置が悪くて肩の辺りまでしか見えなかった。

だが、一応見えることは確認できたので、俺は次のチャンスを待つことにした。


その日は営業の締日だったが、運良くノルマを達成していた俺は、朝、後輩に同行した後はずっと社内に居るようにしてチャンスを待った。

6時に総務が締め切ると、その月は業績がよく、課長たちは皆を引き連れて飲みに行った。

最後まで残っていた総務課長も7時には帰った。


いよいよである。


俺は、はやる気持ちを抑えて7時30分にはスタンバッていた。

倉庫の電気は点けず、更衣室の明かりが点くのを今か今かと待った。


電気が点いた。


時計を見ると8時2分前だった。

入ってきたのは受付のTさん、瀬戸朝香を大人しくしたような美人で、スタイルもソコソコだ。

ロッカーも一番廊下側でここからだとちょっと身を乗り出せば膝くらいまで十分見えた。

Tさんはサッサと受付の制服を脱ぎ捨てた。

案外地味なベージュのブラとパンツだった。

・・・と、Tさんはロッカーからゴソゴソと何かを取り出すと、いきなりパンツを下ろした。


俺は息を呑んだ。


Tさんの白いツヤツヤしたお尻が剥き出しになった。

何事が起こったのか訳が分からずに更に覗いていると、ロッカーから出してきたものを広げた。

それは煽情的な淡い紫に金糸で刺繍の入ったパンツだった。

(次の日が祝日だったので、たぶん勝負パンツだったのだろう。

そしてこちらを向いて腰を前後に振りながらスッスとパンツを上にあげた。

角度的に上からだったのではっきりとではないが、案外薄いヘアーの下に縦に影のようなスジが見えた。

鼻血が出そうだった。


Tさんはすぐにまたロッカーからお揃いのブラを取り出すとベージュのブラを外した。

ちょうど良いサイズの少しとんがり気味のオッパイ。

その上には多少濃い目のベージュの乳首。

すぐに勝負ブラ(?)に隠されてしまったが、俺の目にはシッカリと焼きついてしまった。

Tさんはデートバージョンに変身すると、股間を覗き込みながら手を添えてヘアーを直すようにガニマタで屈伸すると、綺麗なレモン色のスーツを身に着け始めた。

そこに他のナースたちがガヤガヤと入ってきた。

Tさんの着替えはわずか3~4分だったと思う。


Tさんのが強烈だったので他の人たちの『普通』の着替えはそれほどでもなかったが、それでも知り合いの制服の中身を拝ませて頂いて、至福の時を過ごさせて頂いた。

その後も何度かチャレンジしたが、結局その時以上の光景には出会えず、排煙窓も閉じられてしまったので覗きは出来なくなってしまった。


その後、一度だけその歯科医院のナースたちと合コンをしたが、俺があまりにもTさんをじろじろ見てしまったので敬遠されてしまい、Tさんは同期のツレにお持ち帰りされてしまった。

私はと言えば、着替えを見たことがない受付のWさんとアドレスの交換をしただけだったが、それがキッカケで去年の秋まで付き合っていた。


会社が移転してしまって、もう会うことも無いかもしれないが・・・。