0052
今から約15年くらい前の話です。


当時、高校生だった私は、もう彼女とのセックスにも飽きていて、いかにして他の女の子とセックスをするかということに、日夜、試行錯誤している健康的な男子高校生でした(笑)
何度か、ナンパした女の子と、いい雰囲気にもっていきましたが、いつも最後の一線で「ダメっ!」っと拒否され、モンモンとすることがしばらく続きました。


(くっそー、いいかげんヤりてーよー)

なんてヤケになっている私を見かねて、友人のK男が、「お前は女と言えばセックスの対象なのか?世の中には色々な女がたくさんいるのだから少しは視野を広げてみろ」ってなことを言って、気分転換にと、近所にある女子大の文化祭に二人で行くことになりました。


さて当日、女子大の門をくぐると、すごい人、人、人。

しばらくK男と二人でブラブラ歩いていると、突然、3人のテニスウエアの女の人達が私達の前に歩み寄ってきて、チラシを渡しました。


「テニスサークルですけど、3時からゲームみたいなことをしますので、遊びにきてくださいね」
「よろしくお願いしまーす」
「絶対きてくださいねー」

矢継ぎ早にそう言うと、3人は去っていきました。


チラシをみると地図が書いてあり、「3時にきてね」とかなんとか書いてありました。

私とK男は顔を見合わせ、どうせヒマなんだから行ってみるか、ということにしました。


3時になり、地図についている印のところに行ってみると、そこは文化祭の会場からはちょっと離れた場所で、校舎の裏手のほうでした。


辺りには人気がなく、文化祭という雰囲気からは程遠いところで、「ほんとにここか?」「間違ったかな?」などとK男と話していました。


地図の印のと頃には、小さめのプレバブの建物がありますが、一つあるドアは閉まっており、窓はカーテンで締め切られていて、誰も居ないような感じです。

ただ、ドアに「テニスサークル」と書かれていたので、たぶんここだろうとドアをノックしてみました。


「はーい」

誰も居ないと思った部屋から、女の人の返事があり、鍵を外す音の後、ドアが開きました。


「あ、来てくれたんですね。

どうぞ、どうぞ」


さっきの3人の内の一人が顔を出し、私とK男は部屋の中へ案内されました。


中に入ると、テニスウエア姿の女の子が6人ほどいて、男はまだ私達だけしか来ていないようでした。

当たり障りのない挨拶の後、みんな椅子に座って、女の子たちの太腿やスコートの裾あたりを気にしつつ、その子たちと話をしてました。


しばらく話し込んだ後、「じゃあ、これに着替えてもらえます?」とジャージを手渡され、隣りの道具室と思われる、狭い部屋に案内されました。


K男とジャージに着替えながら・・・。


「なんだ、ゲームってテニスをするんだな」

「俺、テニス初めてだよ」

「いいじゃんいいじゃん」

・・・などと、楽天的な思いで着替え終わりました。


さっきの部屋に戻ると、女の子の一人が説明を始めました。


「じゃあ、揃ったようなので、ルールを説明します」

(ん?揃った?じゃあ、男は俺達だけか・・・ラッキー!)

「このゲームは、声を出すと負けで、負けた人はこの部屋に戻って下さい」

(ん?声を出すと負け?変なテニスだな)

「反則は4つ。

一つは、服は汚さないこと」


(ふむふむ)

「一つは、口は使わないこと」

(ん?)

「一つは下着をずらしたり、外さないこと」

(んん?)

「もう一つは、下着に手を入れないこと。

反則は絶対にしないようにしてください」


(?????)

「では、始めましょう」

そう言うと、女の子達は私とK男といっしょに、さっき着替えた狭い部屋へ移動しました。


広さ2畳くらいの部屋に8人が入り、ドアが閉められました。

私の周りには3人の女の子がテニスウエアで密着してきました。

この状況に、わが愚息は、もうビンビンの状態でした。

薄手のジャージに着替えているので、前で向かい合わせに密着している女の子に押し当てる格好になっています。


途端に私の股間に手が這い回り始めました。

前、右、左の女の子が一斉に、私の尻を撫で回わしたり、ジャージの上から愚息を擦ってきます。

私は、嬉しいやら、慌てるやらの複雑なパニックになりながら、K男を見ました。

K男は、私には気づかぬ様子で、もう下の方で手を動かしているような感じでした。


(もう、こうなったら、楽しんじゃえ。

どうにでもなれ)


前の女の子のスコートの中へ右手を伸ばし、指の腹をアソコに押し付けました。

女の子はビクッと身体を後ろに仰け反らし、腰を引いて逃げようとしましたが、狭くてうまく逃げられないみたいです。

ゆっくりと指の腹でアソコをなぞります。

同時に、左側の女の子を後ろに向かせ、左手を後ろから胸に回して、シャツの上から揉みほぐします。

右側の女の子は、わが愚息を擦ってきます。

そんなこんなで色々体勢を変えながら、責めたり責められたりのゲームが始まりました。


一人の女の子に集中して、胸を両手で揉みながら、尻の間に愚息を擦りつけたり・・。

両手で別々の女の子のアソコに指を這わしたり・・・。

みんなアンダースコートを着けていないみたいで、薄いパンティーを通して、しっとり濡らしているのがわかります。

女の子達は「はあはあ・・」と荒くなりそうな息を我慢しているようでした。


私はというと、こんな状況のなかで愚息を上下に刺激され、もうすでにイってしまっていました。

パンツの中で放出してしまったので、ちょっと気になっていましたが、入れ替わり立ち代りに愚息を刺激され、小さくなっている暇がないほどでした。


しばらくこんな状況が続くと、女の子たちは次第に大胆になり、私のジャージのジッパーをおそるおそる下ろしたかと思うと、パンツの窓から手を入れ、直接擦ってきたりしています。

もう、私は興奮しまくり、だんだんルールなど頭から吹き飛んでいました。


耳に息を吐きかけ、舌を這わせたり・・・。

ブラジャーのホックを外して、乳首を弄んだり・・。

パンティーの中に手を入れ、クリを転がしたり・・・。


「あ・・ああっ・・」
「はぁ・・あぁ・・・」
「んぁ・・ん・・・」

もう、狭い部屋には、喘ぎ声が響き渡っていました。


K男に後ろから抱き付かれている子は、もうシャツが捲り上がり、ブラジャーが外されていて、丸見えの乳首を責められています。

下の方もパンティが太腿まで下がっており、スコートの中に手を入れられています。


ここまでくると、フラフラになりながら部屋を出て行く女の子が何人かいて、この部屋に残っているのは、私とK男、そして女の子二人だけになっていました。

この二人もペタリと座り込んでしまっていて、動けないようでした。

このときK男と目が合い、お互いに小さく頷き合いました。


(ここまできたら、いくしかない!)

そんな暗黙の頷き合いでした。


K男は、この二人の女の子を仰向けに寝かせ、パンティを外し、上に乗っかりました。

すぐに、「はああっ!」っと、一際大きな喘ぎ声が聞こえました。

K男が挿入したようです。


私も一人を立たせて、壁に手をつかせ、スカートを捲り上げ、パンティを下ろしました。

女の子はもう成すがままという感じ。

指でアソコをなぞると、もう油を流したように濡れていました。


一気に奥まで挿入。

前後運動のたびに、喘ぎ声が部屋中に響き渡っていました。


ことが終わると、二人の女の子はぐったりと床に伏せってしまいました。


その後、私とK男は、隣の部屋に行き、座り込んだ女の子達を、一人一人犯し続けたことは言うまでもありません。

みんな、無抵抗に足を広げて受け入れてくれました。


6人の女の子達と次々にいい思いができたのも、あのころはまだ若さがあったからだろうな~。

今となっては、こんな元気はもうないかも?(笑)

K男に感謝しつつ、ぐったりとした女の子たちを後にして、帰ったのは、日もとっぷりと暮れた後のことでした・・・。


その後、その女子大のテニスサークルの練習を何度か見に行きました。


いますいます、あのときの6人が。

目が合うと必ず近寄ってきてくれて、「今日OK?」とか「今日は気分じゃない」とか言ってきてくれて、その子たちが卒業するまで、すっかりセックスフレンドになっていました。


今ごろどこでどうしているのやら。

このHP見てるかな?(笑)