00010
僕は大学に入ると居酒屋でバイトを始めました。

夜のバイトなので、時給が良く、学校に支障が無いし、何と言っても賄い飯が出るのが魅力でした。

さて、その居酒屋の周りにはスナックやキャバクラが多く、仕事を終えたお姉さん達がよく飲みに来ていました。

M美さんもその1人でした。


M美さんは居酒屋の店長と仲が良いのもあって、晩御飯(朝御飯?)を食べにほぼ毎日の様に来てました。

店長とM美さんの会話は、最後にはいつもエッチな内容になるのがお決まりでした。

店長はM美さんがとてもヤリマンだと言い、M美さんも自分でそう言っていました。

M美さんは元ヤンキーということもあってか、そういうところも隠さない、サバサバした男っぽい人でした。


自分から「◯◯(僕のこと)も童貞卒業したくなったら、私に言いなさいよ。

風俗なんか行くんじゃないよ。

1万円でヤらしてあげるから」なんて言う人でした。


聞けば、店長とも何回かヤったことがあるとのことでした。


数ヶ月して、僕は貯まったバイト代でパソコンを買い、インターネットを始めました。

言い忘れましたが、僕は自宅から離れた大学に入り、独り暮らしをしていました。

自宅にもパソコンは有り、インターネットも使えたのですが、家族共用なので真面目なサイトしか見れませんでした。

誰にもバレない環境で、僕はエッチなサイトを思いっきり楽しみました。

そこで、刺激を受けた僕は、もうエッチがしたくてしたくてたまらなくなりました。


そして、本当にM美さんにお願いしてしまったのです。


店長に気付かれない所で、M美さんに「童貞卒業させて下さい」と言うと、M美さんはお腹を抱えて大笑いして、それが少し収まってから、笑いながら「良いよ、バイト終わったら電話して」と携帯番号を教えてくれました。


バイトが終わってM美さんに電話すると、車で迎えに来てくれました。

そのままホテルへ連れて行ってくれました。


先にシャワーを浴びて、ドキドキしながら待っていると、バスタオル1枚のM美さんがお風呂から出てきました。

M美さんはベッドに横になると、「バスタオル取って良いよ」と言いました。

僕は恐る恐るバスタオルを取りました。

M美さんは顔はいかにも元ヤンキーでしたが、体は引き締まったとてもスタイルの良い人でした。


M美さんは今までも童貞を卒業させた経験があるらしく、童貞の扱いにも慣れていました。


「好きにしてみてごらん」と一切を僕に任せ、僕が緊張したり、やり方が分からないで困っていると、すぐに察して優しく教えてくれました。


自分からは手を出して来ず、あくまで僕のペースでエッチさせてくれました。

もちろん僕は下手くそなので、M美さんをアンアン言わせることは出来なかったのですが、時々M美さんが本当に感じて漏らす吐息が色っぽかったです。


乳首を吸ったり、アソコを舐めたりしました。

M美さんはずっと僕の頭を撫ぜてくれていました。

変に感じたフリとかしないので、逆にリラックス出来ました。


そして、いよいよ挿入しました。


M美さんが「安全日だし、初めてなんだから、生でしなさい。

中に出して良いよ」と言ってくれました。


オナニーでも早漏だった僕は、入れた瞬間に出してしまいました。


へこんで、申し訳ない気持ちになっていると、M美さんが「最初はみんなそうだよ」と言って、優しく抱き締めてくれました。

M未さんの体が温かかったのを覚えています。


1~2分、抱き締めてもらっていると、M美さんの中に入ったままの僕のアレが、また大きくなってきました。


M美さんも気付いたようで「好きなだけ何回でもして良いよ、悔いの無い初体験にしなさい」と言ってくれました。


僕は本当に数え切れないくらい射精しました。

全部M美さんの中に出しました。

M美さんは全然気持ち良くなかっただろうけど、ずっと優しく付き合ってくれました。


僕がもう限界と言うと、外は薄っすらと明るくなってきていました。

M未さんのおかげで、良い初体験が出来ました。

納得の行くまでヤらせてもらえたので、エッチに対して凄く自信が付きました。


今では僕も彼女が出来て、彼女とエッチしてます。

早漏も治り、彼女をイカせることも出来ます。

M美さんに感謝です。


ちなみにお金(1万円)は取られませんでした。

ホテル代もM美さんが払ってくれました。


僕が払おうとすると「バイト代少ないんでしょ?」と言ってくれました。