8
4年前、コスプレイベントで出会った2歳年下の子にコスプレエッチで筆下ろしされたよ。


(ちなみにコスはガンダム種死のネオとステラ)

では、出会いの所から。

コスイベに俺は友達と一緒に参加し、友達は午後から用事があるという事で14時に別れました。

俺1人でコスイベ会場を歩いていると背後から、「ネオ~」という声と共に、ステラのコスプレをした娘(Sさん)が抱きついてきました。

抱きつかれた経験のない俺はその場でフリーズ。

更に背中に当たる胸の膨らみに更に俺の思考回路はショート寸前。


S「ステラ・・・ネオと写真撮りたい」

・・・と、なりきってお誘いしてきます。


(わざとらしく胸を当ててきて、俺は震えた声で了承しました)

S「何で震えてるの?」

(キャラがいきなり代わり笑いながら)

俺「いきなりの事だったので。

写真撮りましょうか・・・」


S「いいけどね」

Sさんの知り合いも追いつき、3人で撮影。

Sさんに今度は正面から抱きつかれたり、お姫様抱っこしたりと色んなポーズで撮影します。


撮影が終わり別れて・・・。

次に会ったのがイベント終了時刻。

俺が男子更衣室に向う途中、女子更衣室の待ち列に並ぶSさんに声を掛けられます。


S「あっネオさん、さっきはどうもでした~」

俺「先ほどはどうも。

あれ?お友達は?」


S「更衣室混む前に着替えて帰りました。

そうそう、この後って時間あります?」


俺「そうだったんですか。

時間ですか・・・まぁ少しなら」


この言葉の後にSさんが舌を舐める仕草をして俺はドキッとしました。


S「会場入り口で待っててくれますか?ファミレスでお話しましょう」

そう言うので俺は了承後に別れ、着替え終了後に入り口へ。


数十分後、待ち合わせ場所にSさんが来たのでそのまま電車で移動します。

電車で移動後ファミレスへ。

料理を注文後はコスしている作品の話とかしていました。


そして料理が来て食べている最中に・・・。


S「この後、ホテル行きません?」といきなりの発言。


俺「えっ?ゴホッゴホッ」(いきなりの事でむせた)

S「え~っと、もっとネオとの写真撮りたくて」

俺「それなら・・・」

(言葉を返しながら少し緊張していた)

会計を済ませるとホテル街へ足を踏み入れ、俺は初めての光景にキョロキョロ。


S「◯◯さん(俺のコスネーム)って童貞でしょ?」

(満面の笑みで言われた)

俺「・・・はい(小声)」

そう反応をすると、Sさんに腕組まれホテルの1室へ。


部屋に入ってからは「着替えよう」という事になり、互いに見えない所で着替え、ステラコスに着替え終えたSさんがベッドに横になり撮影が始まる。


S「震えてると写真がブレるからリラックスしてね」

・・・とか言いつつ下着が見えるほどに脚を広げたり・・・。

俺は震えながら撮影を続ける。


ベッドに座り、頭を撫でているところを撮影しようという事で、俺が座るとベッドに押し倒されて・・・。


S「私が教えてあげるからしようよ」
(覆い被さりながら言われて)

俺「何で、俺なの?」
(昔、女子に虐められたトラウマからビビってます)

S「童貞の人の反応が面白いから、まぁ自己満足かも」
(股間掴まれてます)

俺「・・・お願いします」
(断る事ができずに小声で)

Sさんは俺のベルトを外し、コスの下を脱がすとムスコを取り出していきます。


S「うわっ・・・こんなに小さいの初めてかも」
(その言葉に俺は落ち込みます)

Sさんもコスの上着を脱ぎ、インナーを捲るとCカップあるらしい胸が現れました。


S「ちゃんと撮ってね?」

撮影するように言われ、デジカメを受け取り、舌先がムスコに這わされ、俺はちょっと震えるように体が跳ね、皮オナのし過ぎのせいか、ムスコは舌先で舐められても大きくならず、Sさんは手コキで大きくしようとしてました。

なかなか大きくならないムスコに唾液を垂らし、手コキし始めるSさん。

暫く手コキされて徐々に大きくなるムスコ。


S「硬くなったけど・・・小さいね」
(俺に精神的ダメージ)

俺「・・・すいません」
(とりあえず謝る)

その間にもSさんは自分で秘所を弄り濡らしていたようで・・・。


S「ステラ・・・ネオの入れる・・・」
(ここでキャラ口調に変わるSさん)

ムスコを手で支え、騎乗位で入れようとするSさんを見て・・・。


俺「えっ生で?」
(素でそんな言葉を出す俺)

S「小さいからゴムしても抜けそうだし・・・」
(また精神ダメージ)

ムスコはSさんの体内に沈み、根元まで完全に咥えられます。


S「童貞卒業だね。

結合部も撮っておいてね」


そう言われたので、デジカメで言われるがままに撮影する俺。

ゆっくりと腰を揺らし始めます。


俺は初めての感触に呆然としたまま下からSさんを見上げていて。


S「胸揉んで」

お願いされたので、覚束ない手つきで揉み始める俺。

しかしムスコには射精感もなく、Sさんは俺が感じていない事に不満なのか動きが徐々に早くなり、荒々しく動き、わざとらしい喘ぎ声で俺を盛り上げようとしてくる。

それに反応し射精感が湧き始め・・・。


俺「出るっ」

その言葉を聞いたSさんは笑顔で・・・。


S「中に出していいから」

その言葉を聞き終える前に中出ししてしまう俺。


S「小さいのに量はあるから少し驚いたよ」と笑顔。


俺「ごめんなさい」

中に出した事を謝ると結合を解除するSさん。


S「謝る事ないよ?今日は安全な日だから」

そう言った傍からディープキス。

横になったまま抱き合いキスし合います。


S「あれ?もう大きくなってる?」

俺のムスコが復活してSさんの腹部に触れたらしく、聞いてきたSさん。


俺「そのようです。

オナの時より復活早いのでビックリだけど」


S「なら2回目しようか?」

・・・と、正常位の体勢に促されます。


俺「どう動けば?」

分からなかったので・・・。


S「適当でいいよ?AVとか見てるならその真似事でいいし」

俺は言われた通りに精液が出つつある秘所へ場所を教わりながら挿入。

ぎこちない動きで動き始めます。


S「もっと強く突いていいからね」

そう言われて動くものの、これが意外に大変で、開始すぐに俺は息切れを起こす。

それを見てSさんは声を出して笑ってた。

俺は分からないままにSさんの腰を持ち必死に動きます。

AVよりかはエロゲーメインの俺なので、そういったシーンでよく見る描写を真似て変化をつけて動き出してみる。

これが非常に疲れて息切れが酷くなる。

Sさんはそれに対して甘い喘ぎ声を出してくれた。


S「ネオのおちんちん、いいっ」

ステラになりきって声を上げ始めて・・・。


俺「ステラ、中に出すぞ」

すぐ射精感がやってきて、エセ子安なセリフを言う。

それと同時にSさんの中に出してしまう。


するとSさんが笑顔で・・・。


S「まだまだだけど、さっきよりは気持ちよかったよ」

俺「意外にしんどいのねコレ」

息遣い荒くしたまま脱力してしまいます。


S「1回シャワー浴びてからもう1回しようか?」

・・・と言うので頷き、移動します。

2人でコスを脱ぎ、全裸でシャワーを浴びに浴室に移動。

Sさんは、中に出された精液を洗い出そうとシャワーで洗い始め、俺はSさんに言われたままにその光景を見つめます。


S「すっごい粘ってるよ。

モノは小さいけどね」


・・・と、精神攻撃は忘れないご様子。


俺「ごめんなさい(小声)。

中に出して本当に大丈夫なの?」


・・・と今更な事を。


S「大丈夫、生理あけだから許したんだもん」

秘所に指を入れて洗いつつ・・・。


俺「結構SEXって大変なんだね」と呟いてしまう。


S「あはは、慣れだよ慣れ。

私はやり過ぎて慣れちゃったから」


俺「え?彼氏とかと?」

質問してしまい。


S「初体験は彼氏だけど、あとは◯◯さんのようにコスイベで知り合った人。

最初は無理やりが多いけど、ハマっちゃってこのようにヤリまくりなわけですよ」


笑顔で言われ、俺は呆然としてしまうわけで・・・。


俺「そうなんだ・・・」

言っている傍からSさんは洗い終えて抱きついてきた。


S「回復してきた?」

俺のムスコを扱きながら上目遣いで見つめてくる。


俺「そんな早く回復しない・・・」

返答する間にも手コキによりムスコが復活。


S「してるじゃん。

小さいけどエロエロで回復早いね~」

(また精神攻撃を)

俺「3回目とかちょっと辛いんだけど・・・」

Sさんは袋を揉み始め・・・。


S「それじゃマッサージしてあげる。

もっとしてくれないと満足できないし」


悪魔的な笑みを浮かべて俺の下半身を弄るSさん。


S「それじゃ3回戦。

バックで入れてね」


・・・と壁に手をついてお尻を向けてくる。


シャワー出しっぱなしで2人ともシャワーに打たれながら立ちバックで挿入。

俺はまた慣れない動作で腰を打ちつけ始めると、それに応じてSさんも動き始め・・・。


S「2回出したのに硬すぎ・・・っ」とか言いながら喘ぐ。


俺は横の鏡に映るSさんの顔を見ながら必死に突き動かします。


S「立つの止めて四つん這いになるね」

俺「何で?」

S「小さいから立ったままじゃね~」

・・・と、精神攻撃を受けました。


俺「すいません・・・」

四つん這いになるSさんを膝後ろから攻め始めます。


S「やっぱり騎乗位の方がいいかもね~」と俺は涙目に。


俺「ここ狭いから・・・」

Sさんが四つん這いをやめ・・・。


S「ここではフェラしてあげる。

騎乗位はこの後ベッドでね」


俺「はい・・・。

ってかまだするの・・・」


疲れ果ててます。


S「1人だけ満足して終わりとか有り得ないんですけど」

俺「・・・ごめんなさい」

促されるままに凹な椅子に座り脚を広げます。


S「いただきま~す」

上機嫌でムスコを舌先で舐め始め・・・そして咥え込んだ。

裏筋とか舐められたり舌が這い回る動きに感じてしまい、ついSさんの頭を掴んでしまう。

頭を掴まれたSさんは、上目遣いで微笑み、吸い付きながら頭を動かし始めて・・・。


俺「もう出るっ」

Sさんの責めに耐えられずに腰を打ちつけてしまい、そのまま口内射精。


S「ちょっと薄くなってきたね」

精液を飲み干し、笑顔で感想を言われた。


フェラで射精した後は互いに洗いっこしました。

胸とかお尻とか洗わされ、2人でシャワーを浴び終えるとベッドに腰掛けて休憩し始めます。


(俺がお願いしました)

S「ちょっと休んだら続きだからね」

カバンからSDカードを出してデジカメに装填、見せてくる画像は俺と同じように誘った人とのハメ撮り写真。


S「こんな感じでお誘いしているわけですよ」と説明をされる。


中には3Pとか4P画像があった。

俺は画像を見ながら、あらかじめ買っておいた栄養剤を飲んでいた。


S「私にも分けて~」

・・・と言うので、瓶を渡そうとするといきなりキス。

口内にある栄養剤を奪おうと口を開けようとしてくるので受け入れて口移し。


S「それじゃそろそろ始めようか」

俺の膝に乗っかり背中を預けてくる。


S「胸揉んで」

そう言うので背後から慣れない手つきで胸を揉み。

途中エロゲの描写を思い出して乳首を摘んだりしてみると、声を上げてくれるSさんにムスコが起き上がり、Sさんのお尻に触れる。


S「もう大きくなっているし」と笑い出した。


Sさんの胸を俺は揉みながら乳首を摘んだりして刺激し続けると、Sさんは俺のムスコをさわさわ触れ始めるので・・・。


S「我慢できなくなったから69しよ」と動き出すので了承。


俺の眼前に女性の性器が飛び込んでくれば、初めての光景に硬直する俺。

Sさんといえばもうムスコを咥え始めてる。

俺は慌てて指で広げつつ、ワケ分からないままSさんの秘所を舐め始めた。


S「どっちが先に相手をイカせるか勝負ね」とか言い出すので、必死に舐める。


そしたらクリに触れていたらしく、Sさんが甘い声で喘ぐのでそこを集中して責めたが、Sさんのフェラの方が先に俺をイかせてしまい、わざと顔射を受けるSさん。

精液を掬って舐め取る仕草がエロかった。

そして悔しいので必死にSさんを攻め続ける俺。

Sさんはその時20歳でした。


必死こき過ぎて責めていたら、いつの間に舌が秘所に押し込まれていたらしく、Sさんの喘ぎ声が強まる。

それから数分したくらいでイッてしまったようで・・・。


S「さっきまで童貞の◯◯さんにイかされて悔しい」とか言い出した。


リベンジという事で騎乗位する事に。

その頃にはムスコも復活しつつあり、俺もそのくらいから疲労困憊だったのでよく覚えてないけど、Sさんは俺の上で荒々しく腰をクネクネさせ、上下に動き責め始める。

俺は結合部に手を伸ばしSさんの秘所を弄っていたと思う。

Sさんはさっきよりいやらしく喘いでいた。

結合部からの音も凄かった。


S「もっとオマンコ弄って~」

おねだりしながら動き続ける。

俺はSさんに腰を振られ、責められるのに抵抗したく上半身を起こして対面座位(?)の体勢にし、胸を鷲掴みにしながら腰を振り出す。


S「もっとガンバレ!私をイかせてよ」

挑発してきたので、必死に腰を動かせば俺のムスコは限界突破しちゃって中出し。

それでも動き続けるとSさんも体を震わしたが、どうやらイッタらしい。

互いに抱き合いながらしばらく休み。

結合を解除すると少ない量の精液が流れ出てました。


S「ちょっとは満足したし、終わりにしようか?」

ゼェハァゼェハァと呼吸を乱す俺を見て、Sさんは満足そうに笑う。

その後でSさんはシャワーをまた浴びに行き、俺はベッドの上でバタンQ。


その後、フェラの目覚ましで起きる。


Sさんは全裸で見下ろしながら・・・。


S「シャワー浴びておいでよ」と言うのでシャワーへ。


浴室から出てくるとSさんも疲れたのかベッドの上で横になっていました。


俺「さてとこれからどうし・・・」

時計を見れば既に終電には間に合わない時間で焦る俺。

その様子を見たSさんが・・・。


S「泊まりで取ったから大丈夫、このままお泊りしちゃおー。

エッチもね」


妖しい笑みで言うので、俺は深いため息をつき、休ませてとお願い。


S「それじゃ寝ようか」

・・・という事でベッドの上を片付け、2人で眠りにつきます。


それから数時間後。

何だか異様な感触がしたので目を開ければ、Sさんが騎乗位の体勢で攻めていた。

寝ぼけ眼の俺を見て笑顔で彼女は・・・。


S「我慢できなくなっちゃった、3時間寝れば大丈夫でしょ?」

時計を見れば深夜の4時過ぎ。

俺も仕方なく腰を動かし返す。

疲れていてもすぐに射精感がやってきて膣内へ。

だいたいその行為が終わったのが5時過ぎ。

その間に2発膣内へ射精しました。


シャワーを浴びつつ今日の話をすると、お互いその日に同じコスイベに参加する事になっていたので最初のプレイで汚れた部分の洗濯を開始。

そして準備を終えてホテルから出るとコスイベ2日目に同伴で向いました。

俺は疲れていて終始グロッキーだったそうです。


そのイベント後、Sさんとの行為は全くなく、俺が就職の関係でコスプレ活動休止してからは会う事もなくなりました。

俺が唯一行為をしたのはその時だけです。


去年辺り、コスイベに覗きにいくとSさんを発見。

向こうも気づいたのか挨拶をすると・・・。


S「久々~!あれだけ教えたんだし今はもうヤリまくり??」

俺「逆、全く出会いがなくあれ以来・・・してない」

Sさんはまた笑い・・・。


S「私はもう関与しないよ~。

今日する人は決まってるし」


今でも男の人をホテルにお誘いしているようで、元気そうでよかったと思いながらも、また連れ込まれないで良かったと安心してました。


またコスプレ再開してみようかなぁとか思っていたりします。