pic-0212001341
「キャー!やっぱり若い子はウマいねぇ」

黄色い声援が飛び交う。


30代後半を迎え、アイドル並みの声援を受けるのも何とも気持ちが良かった。


会社移転!

会社を辞めるか?

移転先に永住するか?

妻と悩んだ末に、私達は永住を心に決めた。


地方の小さな町は、大きな工場が来る事で雇用と町の活性化が期待され盛り上がっていた。


新住人を迎え入れようと、田畑を開拓し安い金額で販売、私達夫婦も35年ローンを組んで新築住宅を購入した。


私達は、3年前に知り合い1年の交際を経て結婚しました。


妻は綺麗ですが、どちらかと言うと可愛い感じで、スタイルも良く男性好きなムチッと感がある女性です。

某TV局で働いていたそうで、毎日忙しく恋愛などする余裕もなかったようです。


30歳も過ぎ、長年の疲れと人付き合いに疲れたのか、世に言う軽いうつ病になってしまい仕事を辞めたそうです。


そんな時、私と出会い今に至ります。


妻:34歳/私:38歳子供:なし

田舎は地域との付き合いが大事だと先輩社員に教えられ、私達も引っ越すと直ぐにご近所に挨拶に出向きました。


ご近所は年配の夫婦で暮らす方が多く、ほとんどが農家で、子供達は近隣の街に出て行った様でした。


だからでしょうか、私達が出向くと皆温かく家族の様に接してくれました。


私も妻もホッと一安心すると同時に”良い所だね”と心から思いました。


新居での生活も一か月も過ぎる頃には、ご近所から採れたての野菜や肉の差し入れがあったりと街で暮らしていた頃よりも、生活は楽でした。


その頃には、近所の集会にも参加しちょこちょこ飲み会も開かれ、近所との親睦も深まりました。


そんな時、地域会長さんから”今晩集会があるから、夫婦で来てみて!”と声が掛ったんです。


会長と言っても、まだ50代で奥さんも49歳だそうです。


私達も、差入を片手に集会場に向かいました。


集会は、始まっていて中に入ると直ぐに会長の横に座らせられ、酒を注がれていました。


妻も、会長の奥さんに酒を進められ”グイっ”と飲み始めていた。


「今回は、井上夫妻にも参加して貰おうかと思っているんだが………」

「えっ何にですか?」

「パークゴルフだよ」

「聞いた事はありますが、未経験ですよ………」

「教えて上げるから………若いし直ぐに上達するよ」

辺りからも、喜びの声が上がり、断る事は出来ませんでした。


翌日、私達は会長夫妻と一緒に、スポーツ用品店に向かい道具を揃えました。


何も分からない私達は、会長に勧められる物を次々と購入し、妻の服装までもが会長の進める物に………。


一通り買い揃えると、そのまま近くのファミレスで食事をして、パークの話を聞きました。


パーク仲間は、若い人で40歳半ばから上は60歳と幅広く、夫婦で来ている人も(会長夫妻もそうでした)居るそうです。


メンバーは30人程居るそうですが、結局いつも10人そこそこで、低迷気味とか………。


そんな状況を変える為に、私達若夫婦を入れる事で皆の刺激になってくれる事を期待したそうです。


妻も、私達で良ければ………と協力体制で会長夫妻と手を握りしめていました。


…………と言う事で、今私達は山中のパークゴルフ場でプレー中!!!

私は、会長夫人と他皆奥様方………妻は少し離れた会長を含む男性陣の中。


私達が参加すると言う事がキッカケなのか、今回の参加人数30人と過去最高らしい。


1組6人で5組が作られ、私は2組…妻は5組に入っていた。


基本ゴルフみたいな感じで、素人にも簡単に出来るスポーツ。


私は見る見るコツを掴み女性人から褒めまくられていた。


妻は、会長を始め男性陣に囲まれ色々アドバイスを受けている感じだった………初めは!!!

時より妻を遠目で確認すると、アドバイスされているのか、体を触られている様に見えたのだ。


会長達の行動もエスカレートし、明らかに妻のお尻辺りをスリスリしている。


まぁ、年配だし………ちょっとくらい仕方ないか!と思って黙っている事にした。


午前のプレーも終わり、皆食堂に集まって来た。


私の周りには奥様方が集中し、あれこれおかずを指し出され終まいには”あ〜ん”と口に物を運ばれる始末。

こんなもてなしをされて嫌な気になる人はいないでしょう!

40代から60代の女性ではあったが、結構綺麗な方も居て終始笑顔になっていました。


一方妻は、会長を中心に男性陣に囲まれ、これまた褒め殺しされ嬉しさ絶頂と言った感じでした。


ただ、会長の手は妻の太股を摩り、今にもスカートの中に手を入れんばかりだった。


大丈夫か?と不安になっていると、私の股間に何か触れる者が………。


チラッと下を見ると手が股間にあてがわれ、スリスリされていた。


えっと思った頃には、股間もすっかり反応しムクムクと大きくなっていた。


その手は、大きくなったチンポを布越しにギュッと握り出したんです。


手の持ち主を見ると、ニコッと笑顔で今にもキスする勢いでした。


ちょっと……と言いかけた時

「若いチンポは、堅くて大きくて食べ応えありそう………」

「そうなの?私にも握らせて………」

「駄目よ、からかっちゃ………ねぇ!驚かないでね」

「そうそう、おばさんじゃ嫌よね!」

そう言われると、断るのも引けて

「そんな事は………」

代わる代わる、私のチンポを触ったり握ったりされ、もう爆発寸前でしたが、必死に我慢し逃げる様にトイレに向かいました。


トイレに向かいながら、妻の席の近くを通ると妻も男性陣に体を触られ、スカートの中に手が伸びている様でした。


胸の辺りも変に盛り上がっている様に見えたので、多分服の下から中に手が入れられ揉まれているんだと思いました。


妻も笑顔で、嫌がる素振りも見せていません。


多分、気持ちいいのでしょうか?

自分も同じ様な事をされ気持ち良かったんですから、妻を怒る事など出来ません。


しかも、会長含む男性陣に怒声など上げた時には、あの地域に住む事は出来ないでしょうし、家のローンを考えれば事なかれ主義で行くしかありませんでした。


この場は見なかった事にするのが一番だと考えました。


トイレの大で、大きくなった股間を冷ましていると、数人の男性がトイレに入って来て、話をしていました。


「いや〜若い女はいいねぇ………胸は大きいし張もある、当分楽しめそうだ」

「何だよ!今までさっぱり参加しなかった癖に……」

「彼女が居るなら毎回参加じゃ」

「お前さんはエロ親父じゃ………息子の嫁にもちょっかいして、出て行かれた癖に………」

「まぁいいじゃないか!お前だって散々触っていただろ………」

「会長が一番危険じゃけど………」

「あそこは、夫婦で好きのもだから………旦那も食われるな」

「午後も楽しみじゃ………そう言えば今夜打ち上げするって?」

「あの様子じゃ、必ずするぞ………」

いやらしい笑い声と共に彼らはトイレから出て行った。


打ち上げ?

気になりはしたが、私もトイレから出ると奥様方の元へ向かった。


女性人に手を取られる様に、コースに戻ると午後の部がスタートした。


午前以上に黄色い声援は大きくなり、やたらと体をタッチして来る。


色目でチラチラ見られ、中にはプレー中だと言うのに、股間に触れて来る人も………。


妻にバレないか?

思わず妻の方を見る。


妻も男性陣に弄ばれているのか、私に気を回す余裕は無いようだった。


ズボンの上からも分かる位に反り立ったチンポを女性人に見られ、恥ずかしいと思っていると、会長夫人が手を取り自分の胸に押し当てて来た。


49歳と言う年齢ではあったが、凄く巨乳!!!

Gカップだそうだが、まだ張りもあって気持ちいい。


「駄目ですよ………プレー中ですよ」

「そうね!でも、そこは治まるの?」

ちょっとからかわれながらも何とか最後までコースを回り、全員駐車場に集まっていた。

妻が私の元に戻って来たのは、その頃でしょうか?顔を赤らめながら、私の顔を見る事が出来ない様子………。


会長が、

“今晩、集会場で打ち上げをしましょう………全員集まって下さい。

食事はこっちで用意します”


もちろん、私達夫婦にも声が掛けられ、夜の集会場へ向かう事となるんです。


「お〜来た来た!さぁこっちに座って………」

「あっ遅くなってすいません」

「奥さんは、こっち…こっち」

男性陣に囲まれる様に妻の席が開けられていた。


「旦那さんは、こっち」

会長夫人が手招きしている。


「皆さん揃った所で、今日の反省会を始めましょう………さぁ酒を持って………かんぱ〜い!!!」

会長の掛け声で、反省会と言われる会は始まった。


10畳程の部屋が2部屋、襖を開いた状態で20人程が座る。


片方が男性陣で、もう片方は女性陣と別れ何故か妻は男性陣で私が女性陣の方へ座らせられたんです。


グラスにビールを注がれ、奥様方が代わる代わる来ては、酒を注がれグビグビと飲んでいました。


会が始まり1時間が過ぎた頃、妻の方を見ると同じように男性陣に酒を振舞われ、あまり酒が飲めない妻は、顔を赤らめヘロヘロになっている様子で、会長の方に寄りかかっていました。


そんな最中、私の股間には会長夫人の手が伸び摩られてきたんです。


妻の事も気になりましたが、息子はムクムク大きくなってしまいそれどころではありませんでした。


「若い男っていいわね〜」

「旦那とは大違い」

そんな会話の中、次々と奥様方に体を触られ、股間を摩られ抵抗する事も出来ません。


しかも、奥様方のスカートが捲れ上がり、パンティが見えている人もいて、久々に興奮していました。


会長夫人も私の手を取ると、ブラウスの中に入れ大きな胸を触らせて来るんです。


いつの間にか、襖は閉められ向こうの様子も分かりません。


ズボンを下ろされ、遂にはチンポが奥様方に曝け出されると、口の中に入れられました。


そうなると、お互い拍車がかかり乱交です。


何人の奥さんの穴に入れたんでしょうか?

もう、精液が出無い位搾り取られ、ぐったり横になっていました。


何人かの奥さんは帰り、数人も横になって眠っている様でした。


ふと、我に返り妻の事が気になった私は、襖を少し開け向うの様子を伺いました。


半分位の男性陣は帰宅したのか、5人程(皆若い方)が全裸で部屋の中心を囲む様に座っていました。


もちろん中心には全裸にされた妻が、男達に輪姦されていたんです。


衝撃でした。


でも、今まで自分も他の女性と………何も言えません。


妻は、酔い潰れているんでしょう。


意識が無いようで、男性陣に色々な体勢にされマンコに突き入れられていました。


何本のチンポを入れられたのか、マンコも赤く腫れ上がりクリトリスも大きく肥大していました。


しかも、お尻にも入れられたんでしょうか?

アナルからも白い液が垂れていました。


怒りと言うより、妻の淫らな姿に興奮すらしている私でした。


「旦那さん、落ち込んでいるの?」

突然耳元で囁かれ、驚きました。


「今日は、私が相手してあがるから………奥さんの事忘れましょ」

そうして会長夫人に誘われる様に、私は淫らな行為を繰り返したんです。


会が終わったのは、1時を回っていました。


妻は集会場のシャワーで洗い流された様子で、服を着せられ部屋の隅に寝ていました。


妻を抱きかかえ、外に出る時、

「また、参加してくれるよね」

と言われ、

「是非」

と言っていた。

妻も、昨夜何が起きたのかある程度知っている様子だった。


もちろん、不快では無かったんだと思う。


「また、参加しようね」

と笑顔で言われ

「そうだな」

と答えた。


お互い、理解した上での合意だったと思います。


いつもと変わらない生活を送り、近所との付き合いも何も変わらない。


初めてのパークゴルフ参加から1ヵ月程経った7月、回覧が回って来ました。


{パークゴルフ開催について}

回覧を持って来た会長が、

「井上さんは夫婦参加でしょ、もう参加に○しておいたから」

会長の目線は妻の胸元から舐める様に下半身に向けられていた。


「今度の会場は、あまりコンディションが良い所では無いけど、管理人1人の自由の利く所なんじゃ。

客も少なく貸切状態だからゆっくり楽しむ事が出来る………」


「そうなんですか?」

「今回の参加は10人位かな。

場所分からないだろうから一緒に行こう」


「え〜」

そんな訳で、週末2回目のパークゴルフが決行される事になった。


その日は、朝から快晴で会長宅に向かうと、会長夫人もミニスカート姿だった。


「ちょっと、格好若すぎたかしら?」

「いえ、全然………奥さん若く見えますからお似合いです」

そう妻が言う。


「良かった!奥さんも可愛くて羨ましいわ」

会長が車庫からエルグランドを運転して来る。


何故か妻が助手席で私と会長夫人は最後列に座る異様な光景だった。


車を走らせると、直ぐに会長夫人が私の股間を触り始め、同時に運転席から手が妻の元に伸びている。


会長夫人がファスナーを下ろしチンポを露出させる。


ビンビンのチンポが反り立ち彼女の手で摩られていた。


妻の方も何かされている様子で、時より喘ぎ声が聞える。


「駄目………ここじゃ」

薄ら聞こえる妻の声。


その頃には、私の股間に会長夫人の口が近づきチュパチュパと音を立て始めていた。


会場に着く頃には、会長夫人の口に大量の精液が放出され、全て呑み込まれていた。


もう、パークゴルフどころでは無かった。


車を降り妻の元に近づくとハァハァ息を荒らしている妻。


異様な光景で始まったパークゴルフ、会場には集落の人以外誰も居ない。


入り口に年老いた老人が一人居て、料金を支払う。


「今日は他誰も来ないから私は一度帰る」

と車で居なくなった。


完全貸切!!!

コースは北コースと南コースに分かれていて、会長と他2人の男性…妻が南コースで会長夫人と奥さん1人と私で北コースとなった。


早速、別れてコースに向かう。


北コースはちょっと高台で、眺めが良く南コースを見渡せた。


南コースは、日当たりも良くコースが整えられた感じだった。


コースに入ると、奥様方がミニスカートを靡かせてパンチラ全開だった。


しかも、Tバックでレースの効いた派手目の物だった。


会長夫人ともう一人の奥さんも47歳と若く、旦那さんは参加した事が無い。


奥さんはエッチ大好きで、夫との行為も無くなり淋しい時、会長夫妻に知り合ったとの事だった。


私達夫婦が来る前は、会長のターゲットだったと思う。

彼女はムチムチの色気ムンムン女性で、反省会の時も最後まで俺の一物を咥え込んだ一人だった。


彼女達は、地区の夫婦事情を色々教えてくれ、参考になった。


私が打つ時になると、奥さん達が近寄って来てチンポを摩り集中させてくれなかった。


中々進まない事に注意すると、

「今日は貸切練習だからいいのよ」

って相手にしてくれなかった。


一方妻は、コースで相変わらず男性3人に良いようにされ、クラブでマンコを摩られたり、胸を揉まれたりと言った感じ。


こちら同様中々進んでいない。


そんな時、妻の周りに男達が群がり、何かを手に取っている。


多分あれはパンティだ!

ノーパンプレーか………。


胸にも手が伸びブラジャーも剥ぎ取られている。


そんな姿を遠目で見ていると、興奮でムクムクと大きくなった。


「奥さんの姿見て興奮したの?」

会長夫人にギンギンなチンポを握られ、心を読まれる。


「じゃ!」

と言って、会長夫人ともう一人の奥さんが服を脱ぎだした。


私の服も剥ぎ取られ、全裸でプレー。


ギンギンのチンポを代わる代わる奥様方のマンコに入れ、ホールインワン!!!

何を楽しみに来たのか分からない状態だった。


近くの休憩室で、乱交プレーを楽しみ満足した所でパークを再開した。


(もちろん服は着た)

南コースは、相変わらず燃え上がっている様子で、妻も全裸だった。


首輪をされ、紐を引かれながら四つん這いでコースを歩いている。


後ろから男のチンポを入れられながら喘ぎ声を上げている。


昼食の時間にハウスに向かうと、男性陣に抱えられる様に妻がやって来た。


ハァハァ息を切らし疲れ切っている。


白いスカートの中敷きも取られたのか、マンコの毛が透き通って見える。


太股にも白い精液が流れ無残な姿だったが、やけに色っぽく感じた。


胸も乳首が立ち服の上からも分かる。


小さな乳輪も透けている。


そんな俺も、奥様方をノーパンにしているんだから、何も言えない。


一緒に食事を楽しんでいると、会長がもう一人の奥さんのマンコを弄り始めていた。


妻だけでは満足出来ないのか、まだ、この奥さんにも未練があるのか、他の男性は終始妻の横で、触っているんだろう。


妻が火照った頬をしている。


トイレで、妻と会ったのでスカートを捲り上げてみた。


ビックリした様子の妻だったが

「ごめんなさい」

と謝って来た。


「今日は楽しもう」

と言い淫らな妻の下半身を覗いて驚いた。


ロープで縛られた体!

マンコには何本もの線が伸びていて受信機らしき物が太股に付けられていた。


Dカップの胸は上下で縛られ、前に大きく突きだしている。


アナルにも栓らしきゴム状の物が入れられていた。


「見ないで………貴方………嫌いになった?」

「いいんだよ!嫌いになんかならないから……」

そんな時、妻の股間からグウィ〜ン…グウィ〜ンを異様な音が鳴り、妻の顔が歪んだ。


数本のローターを入れられスイッチを遠隔操作しているんだろう!

妻にキスをして、今日はお互い独身………と言って別れた。


ヨロヨロしながら、妻が席に戻る。

午後は、私と会長夫人2人になっていた。


もう一人の奥さんも会長に弄ばれるのか?帰り際には、もう一人の奥さんもハァハァ息を荒らしていた。


体中ロープで縛られ、穴と言う穴に道具を入れられてプレーして来たんだと思う。


証拠に、後ろに回って中を覗いたら、妻と同様に縛られた跡がクッキリお尻に残され、アナルもマンコも赤く腫れヒクヒクしていた。


今回は反省会も無く、家路に着くと皆疲れた様子だった。


パークゴルフは、月一回程度で開かれるらしい………大会は年2回で、その時は反省会もあると言う。


近所さんはパーク以外で、お互い体を求めて来る事は無く、良い関係だ!

不思議だが、妻もすっかりハマっている様で、夫婦仲も悪くない。


何時まで続くのか私も分かりません。


でも、もう後戻りは出来ないでしょうね!!!!