c94e9305
嫁が突然いなくなった。


結婚して4年目で、まだ子供はいないが、夫婦仲も良くて喧嘩もした事がないくらいだ。


俺が29歳で、嫁は28歳。


嫁は週に3日ほどファミレスでバイトしている。


元々学生時代に、そのファミレスのバイトで知り合ったので、思い出深いバイト先とも言える。


俺がそこそこの企業に就職したので、嫁は専業主婦でも全く問題ないのだが、なんとなく体を動かしたいという意味もあって続けていたようだった。


嫁は派手な感じは全くないのだが、夫の贔屓目なしでも美人な方だと思う。


黒いショートカットがよく似合う、磯山さやかを少し細くした感じだ。


ある日家に帰ると、いつも夕食を用意して待っている嫁がいなかった。


「買い物かな?」

程度に思ってテレビを付けてスマホをいじっていたが、1時間経っても帰ってこない。


さすがに嫁に電話したが、電源が切れているか圏外というアナウンスだ……。


地下鉄にでも乗ってるのか…くらいに思ったが、食卓を見ると薄いプラケースに入ったディスクがあった。


中を見るとブルーレイディスクで、焼いてあるヤツだった。


何かレコーダーからダビングしたのかなくらいに思って、食卓に置いた。


何度も電話をかけるがずっと繋がらず、さすがに2時間を経過すると心配になってきた。


家を見回すと、嫁の携帯が置いてあった……。


なんだ、忘れて出かけたのか……。


そう思ってちょっとホッとした。


電源が切れていたのでオンにしてみると、初期設定の画面になった。


えっ?と思い、色々いじるが、全てのデータが消えていた。


そこでようやく異常な事態に気が付き、部屋をよく見ると、明らか物が少なくなっている事が分かった。


慌ててクローゼットなどを開けると、嫁の服がない……。


ここで初めて嫁が家出した事を理解した。


しかし全く心当たりがなく、朝もにこやかに別れたので、ドッキリかな?と思った。


しかしどうして良いのか分からずに途方に暮れていると、ふとあのブルーレイディスクが気になった。


ディスクを手に取り、リビングのレコーダーに入れて、再生するといきなり嫁のアップが映った。


顔だけしか映らないくらいのアップ画面だ。


嫁は、少し緊張したような顔で話し出した。


「敦さん、ごめんなさい。

私は、拓也と結婚する事にしました。

と言うか、もう結婚しました」


そう言って画面に左手を映し込む。


その薬指には、見覚えのない指輪が光っていた。


嫁はいつも俺の事を呼ぶ時は、”あっ君”とか、”あっちゃん”とか呼ぶのに、さん付けで話しかけてきた事にも酷く狼狽した。


拓也君という名前にも一切覚えがないし、ますますドッキリにしか思えない。


すると画面が切り替わり、隠し撮りのような不安定な画面になる。


どこかの役場のようなフロアが映り、嫁が映っている。


嫁は、カメラに向けて緑がかった書類を広げたが、それは離婚届だった。


ブルーレイの解像度なので、字も読める……。


そこには俺と嫁の名前が書いてあり、証人のところに書いてある名前には、全く心当たりがない。


そしてそれを畳むと、嫁は歩き出した。


そのまま受付のところまで歩いて行くのを、カメラはずっと追いかける。


そして、書類を提出した……。


えっ?

これで離婚が成立?

信じられない。


呆気に取られていると、また画面が切り替わった。


同じ場所で、同じように嫁が映る。


しかし今度の服装はさっきとは異なり、冬服になっていた。


離婚の時の動画は半袖だったので、時間が相当経っているようだ。


また書類を写すと、今度は婚姻届だった。


北澤拓也と結婚するという書類だ。

証人はさっきと同じ人間で、心当たりはない。


嫁は、北澤まさみになった……という事なのか?

俺と暮らしながら、こんな事をしていたのかと思うと、全く現実感がない。


そう思ってよく見ると、婚姻届の日付は今日だった。


今日、嫁は他人の妻になった……。


悪夢なのか?

ドッキリなのか?

目眩がする。


するとまた画面が変わる。


嫁のアップ画面に戻ると、また嫁が語りかけてくる。


「敦さんに不満があったわけじゃないの……。

本当に、ゴメンね……。

ん……。

わたし、知らなかったの……。

こんなに……。

くっ……。

気持ちいい事があるって!」


嫁が叫ぶように言い終えると、一気にズームアウトする。


すると、全身が映る……。


嫁は、俺達の寝室のベッドの上で男の上に跨っていた。


嫁は下着姿だが、その下着は下着と呼べるような代物ではなく、胸にはハート型の大きめなニップレスのような物が張り付いていて、辛うじて乳輪と乳首を隠しているが、形のよい胸はほとんど見えてしまっている。


ブラジャーとはとても呼べない淫靡な物だ。


嫁は男に跨っていたが、腰にはピンク色のヒラヒラが付いたガーターベルトが見えている。


そのベルトには、太ももの途中までのタイツが繋がれている。


ピンク色の網で出来たタイツで、その姿はAV女優のようだ。


「今までぇ……拓也にぶっといおチンポ入れてもらうまでは……。

ぁ……。

こんなにセックスが気持ちいいって知らなかったのぉ!!」


嫁はそう叫ぶと、開き直ったように腰を上下に動かし始める。


「これ!これっ!このおチンポぉっ!はわぁぁっ!は、はひぃっ!ひぃっ!奥に当たるのぉ!まさみの子宮にゴリゴリ当たるのぉっ!くっ!ハッ!はぁっっ!!ダメ、だめぇぇーーー!拓也、もうダメ!もうイクゥゥ!」

そう言って、狂ったように腰を振る嫁……。


カメラに映っている嫁の顔は、快感にだらしなく歪んでいる。


人間は、本当に驚くと何も出来なくなるようだ……。


呆然と画面を見つめる俺……。


すると下の男が嫁の腰を押さえつける。


動きを止められて、不満そうな顔になる嫁。


「ほら、なに楽しんでるんだよ。

元旦那にご挨拶しろよ。

失礼だぞw」


小馬鹿にしたような男の声がする。


「イヤァ……。

動かせてぇっ!イジワルしないでぇ……。

イキたい!拓也のおチンポでイキたいよぉっ!」


嫁が切なそうな顔で絶叫する。


嫁は美人なので、俺も付き合い始めの頃は狂ったようにセックスをした。


今でも週に最低1回はしていた。


ここ最近もそれは変わっていなかった。


それなのに、嫁の変化に一切気がつけなかった……。


嫁は、美人でファミレスでバイトしていたのにも関わらず、奇跡的に処女で、俺が初めてだった。


嫁はセックスにはどちらかというと消極的で、恥ずかしがり屋と言う事もあり、ごくごく普通のセックスしかした事がなかった。


それでも、嫁とセックスが出来るだけで俺は充分幸せだった。


その嫁が、電気を付けたままの寝室で、売春婦のような格好をしてカメラの前で腰を振り、絶叫している。


俺とのセックスでは、喘ぎ声は出すが、何か喋ったりした事など無い。


「違うだろ?俺達のセックスを見せるのが目的じゃないだろ?ちゃんとしないとw」

「あぁ……。

はい……。

ごめんなさいぃ……。

敦さん、私、拓也と結婚しました。

ごめんなさい。

もう、ピル飲むの止めたから、今から種付けしてもらいます。

あぁ……。

ン……。

今までは……。

敦さんの子供作って良いのか自信なかったからぁ……。

あ、ふぅ……。

ピル飲んでたけどぉ……。

拓也の赤ちゃんなら欲しいのっ!拓也に孕ませてもらうの!!」


「ごめんなさいねw敦さんwあんたの子供はいらないけど、俺の子なら欲しいそうですw」

そう言って男は、下から突き破れるのでは?と思うほど腰を突き上げ始めた。


「ハァっ!はぁ……。

ンっ!ンンっ!!ダメ、ダメ、ア、あぁ……。

アッ!アッ!あアァッ!すご……。

いぃ……。

壊れる……。

あぁ……。

イク……。

イク!イッちゃう!拓也のおチンポでイッちゃう!拓也、愛してる!イク!イク!!!」


そう言って、仰け反るように痙攣すると、男の足の間に背中から倒れ込んでいった。


騎乗位の状態で後ろに倒れ込んでいったので、男のチンポが嫁のアソコから抜けてブルンと震えた。


そして、抜けると同時に嫁のアソコから液体がピュー、ピューと、力なく放出された。

そして、チロチロと液体が漏れ続けているのが映っていた。


そして、男のチンポがはっきりと映っているが、湯気が出そうなそれは、コンドームが着けられる事もなく、生で嫁の中に収まっていたようだ。


確かに、嫁が叫ぶようにデカいチンポだ。


カリ首もくっきりしていて、拝みたくなるほどの造形美だった。


そこで画面が一瞬消えた。


すぐにまた映像が映ると、さっきと同じアングルで嫁が男のチンポを口で奉仕していた。


「あふぅ……。

あぁ……。

凄い……。

拓也の……。

堅くて……。

あぁ……。

だめぇ……。

もう入れて欲しいよぉ……」


「敦さんのと比べてどうなの?」

「比べられないよ……。

あんな小さいの、まさみの気持ちいいところに、1ミリも当たらないから……。

わざとじゃないの?って思うくらい、気持ちいいところを避けてるの……」


「ぶっw酷い事言ってるなw」

「だってぇ……。

皮も被ってるから、臭いし……。

でも、そういうものだって思ってた……」


「なにそれ?俺のチンポ、知らない方が良かったって言ってるの?」

「違う!違うよ!ゴメン、拓也、ごめんなさい……。

拓也にこんな気持ちいい事教えてもらえて、まさみは幸せです」


そんな会話をしながらも、嫁は男のチンポを咥えたり舐めたりし続けていた。


睾丸を舐めたり、カリ首や尿道を責めながら、指では乳首も責めている。


こんな風にしてもらった事などないし、そもそもフェラ自体ほとんどしてもらった事がない。


俺のチンポが臭いとか言っている嫁……。


今日の朝までそんな事を思っているなど、嫁は少しも見せないまま生活していた。


というかこの動画はいつ撮ったのか?

婚姻届を出したのが今日なら、この動画も今日撮ったという事でないと辻褄が合わない。


すぐに寝室に行ってみてみると、ベッドにシーツが掛けられていない。


マットレスを触ると、湿っていた……。


嫁のお漏らしだと思う……。


混乱や絶望や怒りで目眩がしそうな中、また再生する。


「よし、入れてやるぞ。

ケツ向けろよ」


「はい!もう我慢できない!すぐ下さい!入れてぇっ!」

嫁は、飛び跳ねるように四つん這いの姿勢になり、自分の指でアソコを大きく広げる。


カメラアングルが横からの撮影になる。


嫁はアソコを指で広げながら、腰を左右に振り始めた。


「イジワル……。

すぐ入れてぇ……」


どちらかというとプライドが高い嫁が、こんな風におねだりして哀願するなんて信じられない。


男は、自分でチンポを握って嫁のアソコに擦りつけ始める。


チンポを自分で握っても、男のチンポは半分以上露出したままだ……。


長くて太いチンポ……。


こんな物に俺達の4年間がひっくり返されたのかと思うと、何も言えない。


男は、チンポを擦りつけ続けるが、いつまで経っても入れなかった。


「もうダメェ……。

チンポ入れてっ!まさみのオマンコにチンポ入れてっ!お願いします……。

拓也ぁ……。

入れて、入れて、入れてっ!」


半狂乱で叫ぶように言う嫁。


女性がこんな風になるなんて、AVビデオの中だけだと思っていた……。


そこまで言われて、やっと男が腰を前に突き出した。


一気に奥まで突っ込まれたチンポ……。


「ぐっ!イグっ!」

短く、低音を響かせながら、呻くように嫁が言った。


ただ、男の腰の動きはそれでも止まらずに、機械的に力強くピストンを続ける。


「だ、めぇ……。

イッてる、まさみイッてる、もうイッでるぅ!拓也もイッてぇ!!」


身をよじらせ、大きすぎる快感に慄きながらもイキ続ける嫁。


男は腰を止めて

「イッてぇじゃないだろ?ちゃんと言えよw」

男はあれだけ激しく腰を振っていたのに、息1つ乱さないまま小馬鹿にしたような口調で言う。


「はい……。

ゴメンナサイ……。

拓也の大きなチンポでぇ、拓也専用の子宮にぃ、濃い精子注ぎ込んで種付けして孕ませて下さイィ!」


こんなエロゲーみたいなセリフを嬉しそうに言う嫁。

もう、ビデオを止める事もできずに、魅入られたように見続けた。


しかし、このビデオの目的が分からない。


こんなものを残してて、俺が警察なり弁護士に相談するとは思わなかったんだろうか?

男は嫁がそう言うと、また腰を振り始めた。


「アッ!アッ!アヒッ!イッてる!イッてるのにまたイッちゃう!!ダメぇっ、おチンポ凄いぃっ!拓也のチンポ好きぃっ!チンポいぐぅっ!あぁ……。

拓也ぁ……。

来てぇっ!中に出してぇっ!お願いぃっ!」


「行くぞ、まさみ、俺の子孕めよ!!」

そういって、男は体をぶるっと震わせた。


「あ、あひぃ……。

あ、あぁ……。

出てるよぉ……。

熱い……。

拓也の分かる……。

あぁ……。

幸せだよぉ……。

愛してる……」


うわ言のように呟きながらぐったりと倒れこむ嫁。


男は嫁の髪の毛を掴んで引き起こすと、無造作にチンポを口に突っ込んだ。


「オラ、なに休んでる?ちゃんと綺麗にしろ」

嫁はぐったりしながらも、懸命にお掃除フェラをする。


男は嫁の髪の毛を掴んだままでフェラされているが、いきなり髪の毛を持ったまま、ガンガン腰を振って嫁の喉奥を犯していく。


「ぐぇ……。

げぇ……。

ご、ぼっ……。

ご、お、えぇ……」


涙を流しながらえずく嫁だが、必死に耐えている。


また画面が暗転して、再び映ると嫁がアップで映っていた。


「敦さん、これは全部私の意思でやった事です。

拓也とセックスしたのも、拓也と結婚したのも、敦さんと離婚したのも、私1人の考えです。

敦さん、お元気で」


「長ぇよwほら、次はケツに入れるぞ」

「あっ!ごめんなさい、あなた……。

ちゃんと綺麗にしてあるから、ケツマンコにも生で入れてください」


「じゃあ、そういう事でw」

最後に、男がアップで笑いながらそう言って映像が終わった。


やっと映った男の顔は、冷たい感じがするイケメンで、その上金髪に近いような髪の色だった。


ホストか何かなのかもしれないが、そんな事はどうでもいいと思った。


最後まで見終わって、とにかく疲れた……。


何も考えられないし、考えたくもなくなっていた……。


もう、取り戻せないのかな?

そんな事を思いながら、魂が抜けたように座り込んでいた……。