0235
その日俺が学校から帰ると妹も帰ってきてて、テレビを見ていた。


家には親が出かけていたので妹に聞くと、隣の県に住む婆さんが入院したとの事で、今夜は帰らないとの事だった。


俺は以前から思っていた事が実行できると思い、妹に告げた。


「セックスしたい。

お前を抱きたい」


妹は最初キョトンとしていたが、

「お小遣いをくれるならいい」

と言った。


俺、「わかった。

10万出す」


妹「アニキ、童貞?」

俺「・・・、うん」

妹「そう、ふーん。

あと5万出せば最後までさせてあげる」


俺「最後までって?」

妹、「今日は安全日だから、中で出させてあげる」

俺は、初体験で中出しできるなんてと思い、舞い上がった。


すぐに妹と一緒に俺の部屋に行き、服を脱ぎ、ベットインした。


妹は脚を開いてくれて、脚がM字になり、その中心に夢に見た女性器が見えた。


妹「アニキ、いいよ脚の間に入ってきなよ。

これが正常位だよ」


俺は妹の両脚の間に体を沈めた。


お互い何度もキスをしたり、乳房を揉んだりした。


俺は入れたくなり、亀頭を割れ目に当て、スジに沿って擦った。


しばらくする小陰唇が開き始め、クリトリス、尿道口、膣口が見えた。


亀頭でクリトリスを擦っていると、膣口から愛液が染み出てきた。


亀頭が徐々に膣内に入っていき、ペニスの根元まで入った。


妹の膣内は温かく、膣全体でペニスを包んでくれた。


そしてピストン運動を開始、亀頭のエラの裏の部分が膣壁に擦れ、快感が最高潮になってきた。


一旦動きを止め体制を立て直し、両腕で妹の腰を掴み、乳首を母乳が出るくらいに思いっきり吸いながら、膣奥深くに射精した。


しばらく余韻に浸っていたが、妹の膣内でペニスが再び勃起し、抜かずの5発を妹の膣内に射精した。


ようやく勃起が治まり、膣内からペニスが抜けた。


膣口からは、白くドロットした精液が垂れだした。


妹はティシュを取り、膣口に当てた。


妹「いっぱいでたねぇ。

子供できそう」


俺「おう、一週間溜めてた。

射精の瞬間は、孕んでくれと願いながら射精した」


妹、「えーっ、本当。

でも大丈夫。

する前にピル飲んだから。

安全日といっても危ないからね」


そして二人でシャワーを浴び、リビングで寛いだ。


すると妹が、

「あっ、漏れてきた。

アニキの精子が漏れてきた」


「どれどれ、見せてよ」

妹は立ち上がり、下着を下げた。


すると膣口から白い糸を引いた精液が垂れてきた。


妹「たくさん漏れると思って、生理じゃないけどナプキンつけたよ」

そこには、営みの跡が残っていた。