a11122343001606
従姉妹と夏休みの間していたエッチの体験談

俺が25歳、従姉妹が高2の17歳で、逢うのは7、8年ぶりでした。


その日、たまたま逢った俺たちは昔話をしてて、俺が煙草を吸い出すと従姉妹も「ちょうだい」と言ってきて「お前煙草吸うんか」と聞きながら煙草を出した。


偉そうに吸ってるのを見て思わず笑っていたら「何よ~」って、恥ずかしそうにしてた。


その日はそのままお互い帰ったんだけど、次の日俺は休みで家に居たら4時ごろ誰か来たので玄関を開けると従姉妹がセーラー服姿で立ってた。


「お~、何や学校のの帰りか?」って聞いたら「うん」と言った。


でも、学校帰りだと電車通学で学校から自宅まで2駅だが、自宅を通り過ぎてあと2駅来なければいけない。


俺の部屋に入り、何か用事があると思ってたけど、話す内容は世間話・・・。


夜7時になり、従姉妹の家に送って行ったが、親が出てて誰も居ない。


従姉妹は「レンタルしてた映画を見る?」と言ったので、俺は「おー、見る」と言ったらオカルト映画だった。


一緒に見てると従姉妹は「シャワー浴びて来る」と言うので、俺は「勝手にどうぞ」と軽く言いながら映画を真剣に観てたら、2分程経って従姉妹が「一緒に入る?」と言ったので振り返って見ると下着姿で立っていた!

俺は目を逸らし「アホか、風邪ひくぞ」と言って、映画に集中した。


でもまた「なぁ、一緒に入ろう」と声が聞こえたので、振り返ると裸でバスタオルを巻いていた。

こいつマジで入りたがってると思った俺は、映画を停止し一緒に風呂場に行った。


服を脱ぐ時にはすでにビンビンに立ってた俺のは隠せなかったので、開き直って「こんなになっちゃった~」って見せたら従姉妹は笑ってた・・・。


シャワー浴びてる間はチンチンにタオルをかけて隠してた(笑)

意味無いけどね・・・。


シャワーを終えて身体を拭き、部屋に戻ると従姉妹は下着を着けず、短パンとTシャツでベッドに入った。


俺は映画の続きを見ていたが集中出来ない・・・。


従姉妹の親も帰って来ない。


拒否されるかも解からないけど、テレビを消して従姉妹の隣に入ると俺の方を向いて笑ってきた。


お互い笑いながらキスをした。


このまま流れでシャツの上から胸を揉むと、心地良い弾力・・・。


シャツのしたから手を入れて直で触るとなお良く、俺のはビンビン!

従姉妹のシャツを脱がし、俺も脱ぐ。


抱き合ってキスをしながら右手を短パンの中に手を入れ、クリちゃんと割れ目を優しく撫でるとすでに従姉妹は濡れていた。


俺は一度起き上がってトランクスを脱ぎ、従姉妹の短パンも脱がした。


再び布団に入り抱き合い、俺は従姉妹の左手をとり俺のを握らせて、俺の右手は割れ目を撫でて中指を一本入れ・・・二本入れながら、親指でクリちゃんを撫でると従姉妹はお尻を引いて「アン」と言い、眉を顰めて俺のをギュッと強く握った。


俺は従姉妹に「入れていいか?」と聞くと、従姉妹は「うん」と言った。


俺は右手で持ち、ゆっくり入れると「アンアン」と頭を反らし、奥まで入れると俺に抱きついてきた。


俺はふと思った!!

従姉妹に彼氏は居ないのか??

俺のを入れたまま聞いてみた。


「うん、いるけど・・何で?」と従姉妹は言うので、俺は「いいんか?」と聞いた。


従姉妹は無言のままだった・・・。


少しは悪いと思っていると俺は判断した。


でも俺は止めるわけにはいかないので、奥深く激しく突いてやった。


それから10分も経たないうちに従姉妹はイってしまい、軽い痙攣をしていた。


俺はそれを見てイッキに絶頂に達し、従姉妹のへそのあたりに精子を出した。


従姉妹はグッタリしてた。


色白でピンクの乳首を触ると従姉妹はビクビクッと反応し、クリちゃんに触れるとビクビクッと反応して・・・

「あ~、今触らないでよ~」

「敏感になりすぎ~」と言って笑ってた。


俺は次の日仕事だったので家に帰り、夕方仕事を終え家に帰ると従姉妹が来ていた。


俺の部屋でセーラー服を着たままフェラをしてもらい、ビンビンになったところで従姉妹のパンツだけを脱がし、セーラー服を着たまま上に乗って動いてもらった。


気持ちよかったよ(笑)

フィニッシュはスカートを捲り上げてバックから。


はじめは浅く、深く突いていた。


従姉妹も「ああ~、イキそう・・あかん、イク」と、枕を抱き抱えていた。


俺もそんな従姉妹を見てると気持ち良くなって「イってもええか?」と聞くと、従姉妹は「うんうん、いいよ~」と・・・。


俺は「外か?中でもええんか?」と聞いたら「どっちでもいいよ~」と従姉妹が言った。


それを聞いた瞬間興奮が増して、イキそうになると従姉妹が「中でいいよ、出して~私イキそう、我慢出来ない~」と。


その言葉で俺は一気に我慢の限界に達し、従姉妹の奥深くで思いっきり出してしまいました。


この体験は6月の事で、高校が夏休みに入って終わるまでの間は毎晩二人で会ってしていました。


突きまくって・・・。