11da66c0s
妹にしてもらっていた手コキの体験談

中学の頃オナニーに目覚め、毎日のオナニーでは飽き足らず、『高級オナニー』と称し、俺に一番懐いていた小学校低学年の末の妹をなんとか言いくるめて、押入れの暗闇の中で妹にしごかせて射精していました。


他の家族が居ない時を狙って、妹の部屋に行き「押入れで遊ぼう」と声をかけ、妹の胸や股間を触りながら抱きかかえ、押入れの上段へ。


自分もティッシュ箱を持って押入れの中へ。


戸を全部閉め切ると真っ暗になり妹が怖がるので、すこし隙間を空けて閉めます。


普段使用していない布団がしまってあり、すごく狭く、そして暗い。


そこでお互いを触りあって、今触っているところが身体のどの部分か当てるゲーム。


しばらくは真面目にゲームをしますが、目が暗闇に慣れてきたら、おもむろにズボンを下ろし・・・。


「次の問題、これはどこ?」

俺を探して宙をあおいでる妹の手に、チンポを差し出します。


妹の手が当たり、そして小さな手がチンポの形を確かめるように握ります。


「兄ちゃんのちんちん~」

「当たり~」

「じゃあ、今度は兄ちゃんの番~」

妹のズボンのホックを外し、ズボンの中に手を突っ込み、パンツの上からまんこのすじを優しくなぞります。


「ここは◯◯のおまんこ~」

「当たりー」

「じゃあ、いいって言うまで手を動かすんだよー」

お互い向き合うように体勢を変え、性器を刺激しあいます。


妹の手コキは『手コキ』と言うより、『振り回す』に近いもので、あまり気持ちよくなく、男のオナニーのように上下に素早くしごくのとは程遠いものでした。


なので両手でお祈りするような手でチンポを挟むように握ってから、前後にしごいてもらってました。


シコシコシコと高速ではなく、ゴッシゴッシといった1秒で1往復の一定のリズムでした。


ただ、妹にチンポをしごいてもらっているという事実と背徳感。


それがオナニーでは得られない快感となり、しごいてもらいながら腰を小刻みに前後に動かせば、さらなる快感が込み上げました。


妹のズボンに入れた手は、パンツの隙間から指を入れてクリトリスから膣口へかけてのスジを中指の腹で優しくなぞり続けます。


続けていると、自然にまんこから分泌されるヌルヌルの液で滑りがよくなりました。


妹のまんこをなぞりながら、挿入感を想像しつつ、不器用な手コキに全神経を集中させますが、やはりここは小学生。


テクが足りず射精には至らないので、ある意味生殺しの行為でした。


妹が疲れてこれ以上しごいてくれなくなったり、出したくなったときは「休憩」と言って一旦ストップ。


射精寸前まで自分でしごき、すぐ妹に交代して仕上げてもらう流れになっていました。


しかし交代のタイミングが遅かったり、妹のしごきが足りなかったりと、二人の息が合わず射精に届かずクールダウンしてしまうこともしばしば。


「◯◯!頑張って!もっとぎゅっと握って!」

射精が近づいてくると、「速くして!もっと速く!」と声をかけ続け、強くしごいてもらい妹の手の中で射精。


あらかじめ用意していたティッシュで飛び出る精子を受け止めます。


一人でする時より、精子の量がかなり多かった。


「ありがとう◯◯、この遊びはお父さんお母さんには内緒ね」

妹の手やまんこも優しく拭き取り、おでこやほっぺたにキス。


妹にお願いされたら、口にもキス。


ときには舌を絡めたり、抱きしめたり。


最後に「絶対内緒だよ」と念を押して、押入れから出てこの『高級オナニー』は終了。