0179
スパの清掃のおばちゃんに見られながらしたオナニーの体験談

よく行くスパは脱衣所や浴室の清掃にオバちゃんが来る。


客が全裸状態でも関係無し。


オバちゃんの中で必ず近くまで来る人がいる。


容姿は普通の主婦って感じ。

私がフルチンで歩いていると必ず清掃をかねて近寄ってくる。


鏡越しで見ると確実にペニスを見に来ているのだ。


私の陰毛はカットして短く・薄くしているので性器の形が見えやくなっているせいだと思う。


ペニスを見られて恥ずかしい年ではないので別に構わない。


以前オナニーを見せた事がある。


その時は何故かフル勃起状態になってしまった。


完全に亀頭も充血してパンパンで青筋が立った状態。


オバちゃんも通常のペニスを見る事はあっても勃起状態は最近無かったのだろう。


そそり立つペニスを興味ありげに見ていた。


その日はお客も少なかったので洗い場へ行って抜くことにした。


私は人が居ないとオナニーしてスッキリさせる事がある。


身体を洗い、オナニーをしているとオバちゃんが洗い場の清掃でやって来た。


私もオナニーで気分が高揚中だったので構わずペニスをしごいていた。


オバちゃんも気が付いたらしく、チラチラと見ながら清掃を続けている。


ソープでヌルヌルに黒光りする勃起したペニスはかなり卑猥に見えたと思う。


誰も他に客が居なかったので、オバちゃんに見えるようにして射精した。


正面のガラスに精液が飛び、垂れていった。


このときはオバちゃんも凝視していた。


男性の射精などしばらく見ていないのだろう。


私はそのまま洗い流してサウナに向かった。


そのオバちゃんは今でも居る。