0114
赤ちゃんプレイに興味がある彼氏としているエッチの体験談

彼氏と付き合い始めて約1年になる。


半年くらい経ってから同棲を始めた。


一緒に住むようになって初めて分かったんだけど・・・。


彼氏は変態だった。


テレビを見ていた時に『お笑い芸人が赤ちゃんパブに行く』っていう話題で盛り上がった時だ。


彼氏が目を輝かせて「赤ちゃんパブかぁ・・・俺も行ってみたいなぁ」ってポツリと呟いた。


私は思わず彼氏の方を見て“マジ?”って思った。


どうやら彼氏は本気みたい。


赤ちゃんみたいに女の人に甘えたいらしい。


赤ちゃん言葉で喋ったり、受身でエッチしてみたいとの事。


まさか自分の彼が変態だとは思わなかったのでかなりショックだった。


まぁ多かれ少なかれセックスは人それぞれ性癖があるものとは分かっていた。


でも・・・よりによって赤ちゃんプレイが良いとはね。


性癖って付き合う前には分からないから仕方が無いかなと半ばヤケクソ気味に諦めた。


だって彼氏の事が好きなんだもん。


彼氏が赤ちゃんパブに行かないように、私が赤ちゃんプレイをするしかないかと決意した。


このまま彼氏と結婚して子供が生まれた時に役立つかも?って事で・・・。


まずは哺乳瓶と介護用の大人用オムツをドラッグストアで買ってきた。


一度やれば彼氏も気が済むだろうし、もしかしたら赤ちゃんプレイは面白くないと考えるかもしれないし。


彼氏が服を脱いでベッドに仰向けになった。


私は彼氏のお尻にオムツをあてがった。


(大人の男がオムツをするなんて恥ずかしいとは思わないのかな?)

そんな風に思いながら彼氏を見ると予想以上に喜んでいる。


やれやれ・・・とんでもない変態男だったんだなぁと呆れた。


私も開き直ってお母さん役に徹する事にした。


「◯◯ちゃん、おっぱい飲みまちょうね・・・」

いくら私がFカップの巨乳でもおっぱいは出ない。


だから母乳の代わりに牛乳を使う事にした。


人肌に温めた牛乳を哺乳瓶に入れて彼氏に咥えさせた。


彼氏は嬉しそうにちゅうちゅうと哺乳瓶を吸い始めた。


何だか目が恍惚として怪しい雰囲気になってきた。


彼氏は完全に赤ちゃんになりきっている。


私も負けじと母親役を頑張ってみる事にした。


見方によっては、哺乳瓶をちゅうちゅう吸っている彼氏も可愛いかもしれない。