0699
Sさんとエッチなことをした時のエロ体験談

あたし、大学を卒業と同時に、同級生だった主人と結婚、翌年に長男を、次の年に次男を、出産しました。

子供は二人です。

月日の経つのほ早いもので、長男はこの春、中学校に入りました。

あたしは結婚後ずっと専業主婦で、趣味のチェスクラブや水泳で外に出ることはあっても、この十三年間は、夫と子供たちとの生活がすべてでした。

ところが、長男の中学校入学に伴い学校のPTA役員を引き受けることになり、会合だ、行事だ、飲み会だと、やけに忙しくなりました。


スナックで、マイクを向けられるまま、かなり前に流行ったラブ・ソングを歌って、うまいうまいとやんやの喝采を受けるなど、あたしのこれまでの生活にはなかったことです。


大して飲めもしないあたしが、付き合い良く二次会まで付いていったりするのも、PTA副会長のSさんに、何となく惹かれてしまったからです。


大人しい方ですが、言うペきときはきちんと意見を述べられます。

四十過ぎの渋い二枚目で、坊ちゃんタイプの主人とは、雰囲気が違います。


そんな彼に、二次会も行きましょうと誘われると、ついふらふら・・と。

長いこと専業主婦だったあたしには夫以外の男性に対する免疫が足りなかったのかもしれません。

だから、彼から、個人的に会いたいと誘われたときも、ためらいはあったものの結局、承知してしまいました。

口説かれるのは何となく分かっていました。

いえ、期待していたのかも。



そのことを予期して、新品の下着まで身に付けて行きましたから・・。


予想通りに彼は、喫茶店からラブ・ホテルへと車を向け、あたしは、いけないと思う気持も半分、Sさんに抱かれたいという気持ち半分のまま、心持れましたが、駄目!という拒否の言葉は発せられませんでした。


ラブ・ホテルの個室の扉が閉じられると、もう自分の欲求に正直になるしかありませんでした。

あたしは、彼の唇を受け、強く抱き締められると、負けじと抱き返していました。

着痩せするタイプなのか、彼の上半身は、思いのほか、がっしりしていました。


立ったままで衣服を落とされ、ショーツ一枚でベッドに横にされました。

その間、あたしが発した言葉は、もっと暗くして、だけ・・。

「若くて、いい体をしているね。

僕の思った通りだ」そんな言い方をされても、決して、嫌ではありませんでした。

大人の男と女、要は、相手の肉体を求めているのですから。


彼は、思いがけず、なかなか愛撫が上手でした。

ショーツが引き降ろきれ、彼の指が恥毛を撫でながら舌先を花びらに触れたときにほ、恥ずかしさから、両手で顔を覆いましたが、舌先がくねくね動き始めると、余りの心地良さに、彼の頭を両手で摘んでいました。


舌戯はとても長く続き、下半身から吹き上がって来る快感のうねりに、あたしは、思わず喜びの声を発していました。

そのまま続けられたら、舌の愛撫だけで弾けてしまいそうでした。

大胆になってしまったあたしは、体を入れ替え、彼の怒張しているモノに口を付けました。

亀頭部のふくらみが立派です。


これが、これれから、あたしの体の中に入り、ぐりぐり暴れ回るのかと想像すると、わくわくするような気分になったのを覚えています。

ぺニスから顔を離すと、すぐにその瞬間がやって来ました。

彼は、あたしを組み敷くと、先端をこじ入れ、容積のあるモノを、あたしの中へ押し入れて来ました。


それは、一気に深奥まで達し、あたしの膣を、脈打つもので一杯にしました。

囁ぎの声が長く尾をひくように濡れたのは、当然です。

あたしは、これまで感じたことのない襲えるような快感を覚えました。

律動が始まりました。

ピッチはゆっくりしていましたが、ズン、ズンと子宮に響く重量感のある突き出し。


べニスが突き出されるたびに、甘いうねりが下半身を遣い昇って来ます。

あたしは、彼にしがみ付き、快感のうねりの中へ身を投じました。

彼はやがて、あたしを引き起こし、腰の上に乗せると、乳房を撫でたり、キスをしながら、より深く差し貫いて来ました。

この辺から、頭がもうろうとして来て、前後の記憶がありません。

彼はなかなか射精しませんでした。


あたしは、全身をのたうたせ、喜悦の声をあげ、時折、強く彼にしがみ付いていたようです。

フィニッシュはバックからでした。


ズンと突き入れられると、これまでとは一味違う刺激が下半身を覆い、やがて、あたしは、彼の射精を待たずにイッてしまいました。

めくるめくる快感で、あたしの感覚は彼が最後までイッたのかどうか定かであゃません。


「あなたもイッたの?」
「うん、当たり前じゃないか」
「ボーッとしててよく覚えてないの」

「よかったかい?」
「そりや、言葉ではいえないくらい。

癖になりそうで怖いわ」

「こっちの台詞だよ。

君に狂ってしまいそうだ」


セックス後のそんな会話からして、何となく、関係が一度では終わらないような予感があったのものです。

Sさんは、外国からいろいろな小物類を輸入して販売する商社の社長さんです。

大して大きくはない有限会社のせいか、時間の融通はつけやすいようで、それからというもの、あたしたちは、昼間の情事を、楽しむ仲になりました。


昼間というのは、逆に、夜よりは、ずーっとただれた雰囲気になれるような気がします。

ひとつには、子供たちのいる家庭と違って、ラブ・ホテルという密室部屋が、そんな奔放な気分を引き出すのかもしれません。


最初のころは、夫への後ろめたさを意識しましたが、慣れというのは怖いもので、いまはもう、Sさんなしの人生は考えられません。

あたしたちは、行き着くところまで行くのでしょう。