0441
身体検査をしに病院に行った時のエロ体験談

俺はその日、風邪を引いてしまい入学して間もないというのに高校を休んだ。


まあ、かなり高熱が出たので仕方ないだろう。


しかし自分の部屋の布団で眠っていて、ふと今日は身体検査の日であったと思い出した。


後日、個別に受ける事になってしまうが、我慢するしかしょうがないと思い、そのまま深い眠りについた。


翌日、学校に行って友達に聞いたらやはり身体検査と尿検査があったようだ。


そして午後のホームルームの後、担任の女の先生に呼ばれた。


「◯◯君は、昨日休んだから身体検査を□□病院に受けに行って貰わないといけないから、この紙と、あとこのケースに規定の位置まで。

当日、朝一番の尿を入れて持っていって下さい」


そして後日、指定された病院に電車で向かった。


病院に辿り着くと、そこは綺麗だがかなり小さい診療所だった。


中に入ると二十歳くらいの可愛い看護婦さんが受付にいたので、身体検査を受けに来た事を告げ、検尿のケースの入った小さい紙袋を渡した。


この可愛いナースの名前は『クミ』というようだ。


そして、自分以外誰もいない待合室のソファーに座った。


夕方だし、どうやら診察時間はもうすぐ終わりのようだから静かだ。


するとさっきの可愛い看護婦に名前を呼ばれたので診察室に向かった。


中に入ると、まだ若い女の先生が椅子に座っていた。


スレンダーで美人だ。


歳は25くらいか?

どうやら今日はこの美人の先生とクミというナースしかいないらしい。


先生「学校から話は聞いてますので・・・。

それでは服を脱いで下着になってください」


俺は言われた通り、ブリーフ一枚になった。


なぜか服を脱ぐ間、美人の先生とさっきのナース・クミがこちらを見つめている。


そして先生の前の椅子に座った。


心音を聞いたりして、一通り診察が終わったので、今度は部屋の隅にある器具で身長と、体重、座高を測った。


これでおしまいと思って、服の置いてある籠の所に向かおうとした時だった。


先生「それでは今から生殖器の発育状態を調べますので下着を脱いでください」

俺「エッ?」

俺はびっくりして固まっていたら、クミというナースの方が・・・。


クミ「もう診察時間は終わってますので早くしてください」と普通に言ってきた。


生殖器っておチンチンの事だよなぁと思って、信じられないという顔をしていたら追い討ちをかける様に、またクミというナースが・・・。


クミ「早くしてください。

あなたはこの間の学校の身体検査を受けなかったのでこの病院に来たんだと思いますが、今回こうして時間をかけて一人の検査を出来ますので、ついでに生殖器の調査もこの診療所で受けてもらう事になりました。

早くそのブリーフを脱いでください!」


俺は未だに信じられなかったが、あまりにも真剣に言ってくるので、しょうがなくもう一度先生の座る椅子の前に向かった。


先生「えっと、それではまず正常時のペニスの長さと太さ、あと勃起角等を調べます。

下着を早く脱いでください!」


先生がこう言うとナースは何やらイソイソと準備を始めている。


俺はまだ信じられなかったが、しょうがなく先生の目の前で思い切ってブリーフを下ろした。


俺の恥ずかしい、仮性包茎のペニスがデロッと現れた。



幸い勃起はしていなかったようだ。


垂れ下がっている。


まあ緊張しているから当然だろう。


先生はブリーフをヒザ下までクイッと引っ張るといきなり・・・。


先生「はい、じゃあ失礼しまーす」

そう言って、素手でペニスの茎を右手で摘み、その直後何故か溜息交じりでこう言った。


先生「あららぁー、仮性の包茎ですねー。

クミちゃん!一応念のため、ガーゼを何枚か用意して。

それでは今から生殖器検査を始めますので用紙に記入お願いします」


クミ「はい、わかりました」

先生「生殖器の通常時種類は、仮性包茎ペニスです。

亀頭部は大体・・・9割は隠れてますね。

皮はかなり厚めです」


クミ「はーい」

先生「オナニーは大体どれくらいの頻度でされてますか?」

俺「エッ?あーえっと、い、一日一回です」

先生「擦る時は皮ごとですか?」

俺「エッ・・・は、はい」

先生「これだけ皮が余ってたら皮オナニーをずっとされてきたのは当然ですね~。

あとシゴクのはどちらの手でされてますか?」


俺「ひ、左手です・・・」

先生「擦るスピードはこれくらいですか?」

先生は右手を、シコるマネをしてやや早めに振った。


俺「・・・も、もう少し早いです・・・」

先生「うんうん、はいっ・・・かなり早めですね~。

オナニーホールは使用した事はありますか?」


俺「・・・は、はい・・・」

クミは検査用紙に鉛筆で全て記入している。


次に先生はクミから渡された定規で長さを測り始めた。


仮性包茎ペニスに、そっと金属の定規をあてがった。


先生「えーっと、平常時、長さ、えー、7.4センチ」

クミ「はい、長さ、7.4センチ」

次はナイロン製のメジャーで太さを計るようだ。


クミが先生に手渡す。


そしてメジャーをすっと引き出すとペニスの茎の周りに巻きつけた。


先生「えー、平常時、太さ、茎部11.5センチ」

クミ「はい、太さ、茎部11.5センチ」

俺はペニスを女性に見られるのは初めてだし、しかも仮性包茎なのですごく恥ずかしかったが、美人の先生と可愛いナース・クミがあまりにも普通に検査を続けるので何とか耐えた。


すると突然、先生が余った皮を素手で摘むとペニスに顔を近づけ、しばらく見つめた後、匂いを嗅いだ。


先生「オナニーする時、皮はちゃんと全部剥いたり出来ますか?」

俺「はっ?・・・あっ、は、はい」

先生「はいっ、分かりました。

じゃあ剥きますねーーー」


グイッ・・・ズルズルッ・・・ドゥルリン!

先生は急に左手を俺の腰にあてがい、右手で皮を摘み直すといきなりグイッと全開に剥きにかかった。


いきなりだったので一瞬「ウッ」と言ったが、先生は構わず最後まで剥ききった。


ピンク色の小さな亀頭が現れた。


そして同時にプーンときついチンカス臭が放たれた。


今朝、学校が休みだったから家で一発オナニーをして、しかもあまり拭かずに病院に来てしまったからだ。


白いチンカスがカリのくびれに付着したままだ。


俺は『しまった!』と思ったが、もうどうしようもない。


しかもティッシュの切れ端とチン毛も絡まっている。


しかし先生は全く気にすることなく・・・。



先生「毎日洗ってますかー?」

俺が「ハイッ」と小さな声で答えると・・・。


先生「あっ、じゃあ今日はたまたまですね~」

そう言って皮をしっかり持って、剥いた状態で、クミの用意したガーゼで異臭を放つカスと毛を綺麗に拭き取った。


そして皮を押さえていた手を離し、ガーゼをクミに返してメジャーを受け取り、もう一度ペニスを見た時だった。


先生は「アッ!」という顔をする。


皮を押さえていた左手を離したので皮が自然とクルクルと巻き戻ってしまったのだ。


先生「あっ、このペニスは包茎だから皮を持っとかないとだめだったわね。

クミちゃんお願い」


するとクミは薄いナイロンの手袋を付けて口にマスクをすると、俺の横に立ちペニスの余った皮を摘み、ゆっくり剥きにかかった。


トゥルトゥルトゥルトゥル・・・。


慎重に、そして完全に剥いた。


クミが皮をしっかり固定すると先生はカリにメジャーを巻きつけた。


先生「えー、平常時、太さ、皮を剥いて裸茎状態のカリ部12.2センチ」

クミ「はい、平常時、太さ、皮を剥いて裸茎状態のカリ部12.2センチ」

用紙に記入する為、クミがペニスから手を離すと皮はまたクルクルと戻り、カリを隠した。


そして次は角度を測るようだ。


プラスチック製の扇形定規をクミが先生に渡した。


そして先生はその定規を、再度皮を被って縮こまっている仮性包茎ペニスの横に当てた。


先生「んーっと、平常時、角度、63度」

クミ「はい、角度、63度」

そしてやっと終わったと思い、俺が椅子の上に置いておいたブリーフを取ろうとするとクミがそれを遮った。


クミ「えーっと、◯◯さん、今測定したのは平常時ですので、次は勃起時も測りますのでそのままにしてください」

もしやと思っていたが、やはり測るようだ。


俺は仕方なく、もう一度椅子に座る先生の正面に立った。


しかし緊張してしまいペニスは縮こまったままだ。


亀頭は皮に完全に覆いかぶさられて、先だけが恥ずかしそうに覗いている。


クミ「◯◯さん、あの~さっき言いましたように勃起時を測りますので、早く起たせてください」

クミと先生はじっとペニスを見つめて待っている。


しかし俺は完全に萎縮してしまっており、自らの意思のみでは起たせることはムリのようだ。


クミ「起たせないと測れませんよ~、ちょっと大変ですけどガンバってくださいね」

俺はどうにか起たせようとペニスに力を送ったが、クイックイッとサオが上下に2回、揺れたのみだった。


ここで初めて、今まで非常に事務的だった先生がフフッと鼻で笑った。


それを見てクミもククッと手で口を押さえて小さく笑う。


先生「起ちませんねー?いつもこんな感じですか?」

俺「い、いや・・・緊張してますので・・・すみません」

先生「うーん、しょうがないわね~。

それじゃクミちゃん、急いでるし、アレお願いしよっかな」


先生がクミにそう言うと、クミは「あっ、はいはい」と言ってマスクを付け直し、ナイロンの手袋をもう一度はめると俺の横にしゃがんで左手を自分の腰にあて、右手で皮を摘んできた。


そして親指をクイックイックイッと3度動かすと今度は人差し指と中指も使って軽く揉んできた。


そしてしばらく様子を窺うと、皮を皮オナニーの要領で少しだけ上下にしてくる。


まだ反応はない。


それを見てクミは裏筋を人差し指でカルーくカルーくピンピンピンと3回弾くと、もう一度クイックイッと揉むという行動をしばらく続けた。


クイックイッ・・ピンピンピン・・クイックイッ・・ピンピンピン・・。


しばらくすると半起ちになってきたので、俺はたまらず「ウッ」と言いながら腰を引いたが、お構いなくクミは軽くシコッてきたのでついにペニスは反応をし始めた。


ムクムクムクムクッ・・・。


すごい勢いで起ち始める。


この反応を見て初めてクミはサオをしっかり握ると、今度は本格的にストローク運動をしてきた。


コレで完全に勃起状態になった。


するとクミはややスピードを緩めてスローストロークに切り替えてきた。


シーーーーーーコシーーーーーーコシーーーーーーコ・・・。


そうして完全に勃起したペニスを見ると「フウッ」という小さな溜息をついて手を離した。



ここまでの手業は正に電光石火であった。


完璧である。


手馴れたプロの技であった。


皮もきっちりカリに引っかかるところに持っていったので、見事に裸茎の勃起ペニスが出来上がる。


その後、無事にさっきと同じ長さ等の測定を全て終わらすと先生は「ウンッ」と一回頷き、クミに目配せした。


それを見て、俺は今度こそやっと終わったと思い、ブリーフを取ろうとした。


しかし・・・。


クミ「次は射精の時間等を計りますので、あちらのベッドに仰向けに寝てください」

俺はびっくりしたが、ここまできたらもう言うことを聞くしかないと、裸のままベッドに横たわった。


すると先生とクミが横に立ってきた。


クミはストップウォッチを持っている。


すると先生は急に半勃起状態のペニスの皮を右手でしっかりと握って見つめてきた。


先生「それじゃあ手でコキますのでー、出来るだけ射精は我慢してください。

クミちゃん、いーい?」


クミ「はーい!」

その直後、先生は「ヨーイ、ハイッ!」と掛け声をかけるとシコシコと手コキをしてきた。


クミは同時にストップウォッチを押した。


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・。


事務的な手つきとスピードで規則正しく皮を上下動してくる。


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・。


シコシコと手コキしながら先生は俺に向かって・・・。


先生「大変でちゅけど出来る限り我慢してくだちゃいねー。

ちゃんと測れましぇんからねー」


・・・と、いきなり赤ちゃん言葉で話し掛けてきた。


俺は美人の先生が急に赤ちゃん言葉で子供を可愛がるように言ってきたのに驚き、興奮してしまい、先ほどから我慢していた射精感に急激に襲われ始めた。


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・。


俺「あっ、もうイキそうです。

・・我慢できませんっ・・あっムリ・・。

・・・出ますっ!」


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・。


先生「えっ?もうイキそうなんですか!?・・・ん~・・ちょっと早すぎるな!完全に早漏ですね~・・・早いなぁー・・んーーーとじゃあイッてくださーい。

クミちゃんっ、トレイ用意っ!・・・。

・・・はいっ何時でもいいでちゅよーーー!」


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・。


俺「あっイキますイキますイキます・・・あっもうムリです・・・」

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・。


先生「はいはい、分かりましたよー。

いいでちゅよー、もう出してもいいでちゅよー!クミちゃんっっ!!サッサとトレイあててっっ!!!・・・はいはいボクちゃん構いましぇんよーー」


クミは慌てていたが、その後素早く大きな金属のトレイをペニスの先にあてがった。


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・。


先生「もういいでちゅよーーー?・・・イクんでちゅかー?・・・。

あっ、もうイキますね!・・・はいどうぞーーーー!!」


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ!!!!!

俺「ア、アッ・・・アッ・・・クアァーーーーーーーーーー」

ビッ・・・ビビッ・・ビュルビユルビュルビュル・・ビュルーーーー!!

バチバチッ・・・バチッ・・・バチッバチバチバチーーーー!!!

トレイに白くて濃いザーメンが飛び散った。


すごい量だ。


初めて女性からされる手コキだから当然だろう。


匂いも濃そうだ。


そして射精後、俺がハアハアと荒い呼吸をしていると、トレイの中のザーメンを先生とクミが嗅いだりしながら量・色を確認している。


先生「はい、じゃあコレで終わりですねー。

お疲れ様でしたー。

クミちゃん、もうちょっと早くトレイ当ててくれないと間に合いませんよ!!あと手コキの際は赤ちゃん言葉を使ったほうが男の人はイキやすいから、今後手でイカせる時は試しにやってみたらいいわ。

それじゃあ時間なんでクミちゃんあと宜しくねー」


クミ「はっ、はい。

すみませんでした。

あんなに早くイカれた方、初めてで・・・。

おっ、おつかれさまでしたー」


先生「人のせいにしないのっ!確かに私もあの早さは初めてだったしビックリしたわ。

赤ちゃん言葉を使うのはこの人には失敗だったかもしれないわね。

まあでもこれだけ皮の厚い仮性包茎ペニスだし、アレぐらいの超早漏はある程度予想しておかないと!」


クミ「はい!申し訳ありません。

勉強になりました!お疲れ様でしたー!」


その後、先生は白衣を脱いで、診察室から出て行った。


するとクミがまたマスクとナイロンの手袋をはめてやってきた。


そして小さくなった包茎ペニスを剥いて、亀頭を露出させるとガーゼで優しく拭いてきた。


しかし時折、早漏のことに腹が立ったのかチラチラとこちらを見て睨んでくる。


しかしペニスは非常に優しく拭いてくれる。


ソフトタッチだ。


結局、ここまで2人は常に事務的に作業をこなした。


さすがプロである。