pic-0212000589
友達の嫁を家に呼んで寝取った時のエロ体験談

友達の加藤の嫁さんの亜美が、以前から気になっていた。

家族のお出かけに付いていく機会があった。

小さい子供(翔君)がいるけれども、あいかわらずの
巨乳で目のやり場に困るくらいだった。


デジカメで写真もさりげなく撮ったりして自分的に大満足の一日。

亜美は色白で結構美人な方だと思う。

最近は少しやせてさらにキレイさアップ。

子供がいるように見えないくらいカワイイ感じ。


あるとき、加藤のこととか育児の役割分担の不満とか聞いてほしい、と言われて一緒に飲みに行くことに。


亜美には、姉妹がおりみんな結婚している。

その姉の家で夜に飲むという設定で亜美は家を抜け出すことにした。


居酒屋で一緒に二人で飲み、いろいろな不満を聞かされた。

あいかわらずの巨乳ぶりで他人のモノとはいえさすがにムラムラしてくるオレ。


「ちょっと家で休んでいかない?」

「えっ、森田くん一人暮らしでしょ?ダメだよ・・・。

さっきいないって言ってたけど彼女はホントにいないの?」


「いないよ、いいから、いいから少しだけ。

飲みなおそうよ。

おいしいお酒あるし。


「本気なの・・・?わたし、結婚してるし・・・」

強引に誘って部屋でお酒を飲みなおすことに。






やっぱり下ネタ満載の会話になり、気づいたら亜美のこと抱きしめてた。


「今日遅いし泊まってきなよ。

加藤には亜美ちゃんの姉さんの家で飲みすぎて泊まったってことにしとけばイイじゃん。


「だ、だめだよ。

そんなこと・・・」


亜美の巨乳を触り、揉む。


「亜美ちゃん、すげーオッパイおっきいねー。

加藤のやつがうらやましいよ。


「翔を産んでから、体型崩れてるから恥ずかしい。

とにかく旦那に悪いよ。


「じゃあ、電気消すよ。

月明かりだけで。


白と黄緑・茶色のチェックの布団をまくって、亜美を押し倒す。

ディープキスで亜美の奥歯の方まで舌で嘗め回す。


「んはぁっ、やめて森田くん、ホントだめ・・・わたし旦那も子供もいるからさ・・・」

Tシャツをまくりブラも上にずらして亜美の大きな乳房があらわになる。

月明かりでカラダの肌は白く、少し大きめの乳輪と乳首は少し茶色い。

赤ちゃんができたら、赤ちゃんがオッパイを飲むとき見やすいように、乳輪も大きく茶色になるのかな?

翔君が母乳を飲むための茶色い乳輪・乳首を、許可なくオレが今舐めまわしていることに興奮した。

さすがにもう母乳は出てこなかったが、吸いごたえのある乳首だった。


「亜美ちゃん、すごいおいしいよ。

翔君のための大事なオッパイなのにオレの興奮材料になっちゃってるじゃん。

このオッパイはサイコーだよ。


「そ、そんなこと言わないでぇ。

恥ずかしいじゃん。


紺色のスリムなジーパンを苦戦しながらも脱がし、パンティーを下ろすと女性特有の香りがプーンとした。

アンダーヘアを触りながら亜美の陰部に舌を這わした。


「んっ、あぁっ・・・だめっ!!森田くんっ」

「翔君が生まれたときに出てきた穴だね、今そこをオレが舐めてるなんて、すごいエロイ。

加藤にも毎日舐め回されてるの?」


嫉妬で亜美のクリトリスを強く舐めたり吸い上げたりして、短期決戦で一気に攻め立てる。


「わたし、旦那がいるのに森田くんの・・・森田くんので、だめっイ、イクッ」

亜美は軽くカラダを痙攣させてイッてしまいベットにぐったりとする。


亜美のビロビロの肉に、自分のビンビンになったペニスの先を押し当てると、ムニュッと奥まで入ってしまった。

ペニス全体にあたたかさと気持ち良さが広がる。


「あぁっ、それはダメ!!」
とカラダをくねらせて拒否する亜美。

しっかり亜美の肩を掴み逃げられないように固定、ナマで挿入したまま腰を振り始めるオレ。


お酒の勢いもあるとは言え、友達の嫁さんの亜美の生殖器に、自分の生殖器を勝手にナマで挿入して妊娠の可能性のあるセックスをしていることに興奮。


「オレ、加藤の許可もなしに・・・亜美ちゃんの中で動いてる。

亜美ちゃんのマ○コ、すごい気持ちいいー。

亜美ちゃんのこの膣穴は加藤のものなのに、こんな勝手にオレ・・

許可なくこんな気持ち良く使っちゃって・・・すごい背徳感ある。


「友達同士でやっぱダメだよー、森田くん。

わたし結婚してるからダメだよー。


「ずっと前から亜美ちゃんのこと好きだったもん。

二人目が全然できないって前悩んでたじゃん。

翔君も兄弟ほしいって言ってたし、二人目はオレの赤ちゃん産んでよ。


「絶対そんなのダメ!!あの人もそんなことまでして兄弟ほしくないと思うし!!」

「亜美ちゃんも女だからいろんな男の精子が欲しいんでしょ?オレのも試してみたいんじゃない?オレもイイ年齢だし、欲しいな子供。

亜美ちゃんみたいなカワイイ子の。


「だめだよ、わたしには加藤がいるんだから。

森田くんの子供なんてダメ!」


ピタッとカラダを密着させてアゴとアゴがぶつかるくらいまで押さえ込んで腰を振りまくり段々オレもイキそうになる。

酒の勢いにまかせて腰を亜美の膣へ打ち付ける。


「そんな・・・乱暴にしないでぇ・・・壊れちゃうっ・・・すごいっ、こんなぁ、こんなのはじめて!!」

すこし痩せてスレンダーになった亜美のカラダのシルエットが、月明かりに見える。

綺麗なカラダだった。


「オレ、亜美ちゃんのオナカ借りて自分の子供つくりたい・・・カワイイ亜美ちゃんのオナカの中で育ててもらいたい・・・亜美ちゃんとオレの子供。

いっぱい膣の中に出すからさ、亜美ちゃんのオナカの中、貸して・・・。

亜美ちゃんの子宮にイッパイ入れさせて。


「だっダメ!!そんなこと!!森田くんのなんて欲しくないもん!!ダメェッ!!!」

「あっ、亜美、愛してるよ・・・亜美っオレもう・・・くっ、いくっ・・・」

亜美の膣の中を自分の白濁液(精液)でいっぱいにして大満足。

放心状態の亜美・・・。

メスをしとめたオスの気分。

自分の白濁液でいっぱいにした亜美のオナカを大事に暖めるようにさすったり、舌で嘗め回す。

膣の中に出したものを亜美に大事にしてもらいたい気分だった。


その明け方の2回くらい亜美とセックスしてお互いのカラダを求め合った。