0062
廃病院に肝試しに行った時のエロ体験談

あたしの高校は裏に山があってよく変質者が出てた。


帰りのホームルームで先生から「昨日も生徒がスカートを捲られました。

みなさん帰りは1人で帰らないようにお願いします」なんて事を言われるくらい、治安はあまりよくなかった。


でもあたしは、普段から仲のいい友達6人位で帰ってるからあまり気にした事はなかった。


それより高校最後の夏休み、何して楽しむか考えるために由美の家に集まった。


由美は気が強くてボーイッシュな子。


背も168cmくらいであたし達の中でも一番胸が大きかったし、リーダー的存在でもあったので、何か決めるときは由美の所に集まってたの。


あたしは一回家に帰って着替えてから自転車で由美の家に行った。


もういつものメンバーは揃っててお酒とか飲んで盛り上がってた。


あたしが部屋に入ると・・・。


「おっそいよ~。

もう話し合い始めちゃってるよ~♪」


あたしもとりあえず一杯飲んで、話に混ざった。


最初は海とかキャンプとかの話で盛り上がってたんだけど、学校の話に変わって、先生の悪口でまた盛り上がって(笑)

今度は学校の裏山の話になって、裏山には昔、精神病の人を集めて治療する施設があったみたいで、今は廃墟になってて肝試しとかに行く人がいるみたい!

ネットで調べたらたぶん分かると思うから詳しい場所は言わないけど(笑)

親から聞いた話だけど、裏山の廃病院は経営が厳しくて、仕方なく患者を保護者や違う施設に移して病院は潰れたらしい。


患者の中には夜中に裏山の病院まで戻ってくる人も少なくなかったみたい。


ネットの書き込みでも『おっさんが立ってた』とか書いてたし。


そんな事を考えながらお酒飲んでたら・・・。



由美「ねぇ、あそこは?廃病院。

みんな行ったことなかったよね?」


他の友達「いいけど・・・だったらあたし達だけじゃなくて男の子も呼んだ方がいいんじゃない?」

あたしもそれは思った。


女だけって不安だったから。


由美「男呼んだらめんどくさくない?同級生の男とか興味ないし!ちょっと行って帰れば大丈夫じゃない?」

・・・たしかに、由美の家から学校の裏山は近いし、歩いても30分くらい。


それにきっとあたし達以外で肝試しに来てる人も居ると思ったから深くは考えなかった。


結局、「今夜12時から行こう」って話になって、時間までお酒飲んだりしてかなり盛り上がってた!

時計を見るとそろそろ12時で、みんな用意をして歩いて行く事にした。


一番飲んでた由美は足元がフラフラしてて・・・大丈夫かなぁって思ったけど、6人も居たら平気かなって思っちゃって、みんなテンション上がりっぱなしでメチャ楽しかった♪

話しながら歩いてると学校が見えてきて、細道を通って廃病院に着いたの。


結構人の気配とかしてて・・・。


由美「もう誰か肝試しに来てるぽいね~。

ほら、あそこの小屋の方とか沢山いるし。

病院の中も誰かいたらつまんないよね~」


たしかに小屋の方は懐中電灯とか持った人がうろうろしてた。


結構遠かったから影や光しか見えなかったけど。


あたし達はゆっくり廃病院の中に入ってみた。


色んな物が散らかってて落書きもあった。


三階建てっぽくて、階段見つけて二階に行こうとしたら携帯から着メロが。


みんなビクッてしたけど由美の携帯だった(笑)

みんなで笑ってると・・・。


由美「ごっめ~ん・・・親がメッチャ切れてて!さっき飲んでたお酒がこぼれてて、親が寝てる部屋まで臭ってきてるから、すぐに拭いて片付けろってさぁ~(笑)」

あたし「そっかぁ・・・じゃあ戻ろっか?」

由美は「すぐ戻ってくるからみんなで楽しんでてよ♪」

由美は足も早かったし気も強かったからみんなそこまで心配してなかった。


あたし「1人で平気?やっぱりみんなで戻ろうよ!」

由美「大丈夫だってば。

すぐ戻るからさ」


由美はそのまま、あたし達が止めるのも聞かないで走っていった。


しょうがないから廃病院の二階に行って色々見てたら・・・。


ガタンッ!音がした!!

みんな「キャア!」って叫んで・・・。


あたし「なになに?なんの音??」

すると今度は・・・。


ガタッ・・・ガタッガタッ・・・。


「キャッ!」

・・・バタン・・・。


外から音が聞こえた!

一瞬、声も聞こえた気がしたけど、もう怖くてみんな急いで学校まで走った!!

あたし達はハァハァ息を切らせて座り込んだ。


とりあえず由美が戻ってくるのを道で待ってたけど、まったく戻ってこない。


電話をしてみたけど出ないし・・・。


仕方なく由美の家までみんなで行ってみたけど、電気は消えてて鍵も閉まってた。


友達「もしかして寝たんじゃない?だいぶ酔ってたしさ」

あたし「だよね、結構時間経ったけど連絡も無いし・・・もう、しょうがないなぁ」

そのままあたし達は由美の自宅前で解散して帰った。


部屋に戻ったあたしはお風呂に入ってテレビを見ながらウトウトしてた。


由美に明日の買い物行く時間を聞いておかなくちゃと思って携帯に電話したけど・・・やっぱり出ない。


呼び出し音が長く鳴って・・・。


(起きないかなぁ、また朝にでも電話すればいっかぁ)

そう思って切ろうとしたら・・・。


カチャ・・・。


あたし「あ、由美~、もぅ~寝る前に連絡くらいしてよね、みんな心配してたんだよ!あ、そうそう!明日の事なんだけどさ~、時間何時にする~??」

・・・返事がない。


・・・何かガサガサ音がする。


テレビの音を切ってよく聞いてみると・・・。


ガサガサ・・・。


「ウッ」

・・・ガサガサ・・・。


「アウッ」

・・・。


「ウッ」

・・・プッ・・・プゥー。


・・・切れた。


あたしは何か嫌な予感がして由美の家に急いで行った!

やっぱり部屋の電気は消えてた。


(まさか廃病院に戻って、あたしらを探してるんじゃ・・・?)

由美は責任感が強い。


廃病院に行ってみようと考えたけど、1人は怖かったから友達何人かに電話した。


誰も出ない・・・。


解散して結構時間も経ってて、もう朝の5時近く・・・寝てるみたい。


それでも親友の由美が気になったし、ここからならそんなに遠くない。


あたし、勇気を出して、廃墟の近くまで行ってみたの。


ぱっと見た感じ誰かいる気配もなくて、やっぱり帰ろうとしてたら、廃墟の裏にある離れた小さな倉庫から・・・。


カタン・・・。


何か音がした!

怖くなって逃げようとしたら倉庫の隙間からチラッと光が見えた。


誰かいるのかと思って近くまで行ってみたら、倉庫の扉の前に何か争ったような土の跡と、引きずられた跡が残ってて・・・由美のサンダルが片っぽだけ落ちてた!

あたしは怖くて、倉庫の扉を開ける勇気がなかったから、少しだけ空いてる隙間から中を覗くと・・・。


・・・由美が裸にされて数人のおじさんに犯されてた・・・。


由美の声が聞こえてきた。


由美「・・・ウウッ・・・アウッ・・・ウッウッウッ・・・」

(もしかして、あれからずっとここで・・・??)

薄っすら見える由美の顔からは何かベトベトしたのが垂れ下がってて、由美が動物みたいな声で、「アガッ・・・ガッ・・・ブッ・・・ウブッ・・・ヤッ・・・ヤベ・・・テッ・・・ウブッ・・・助ケッ・・・」って唸ってた。


隙間から見える由美は、前と後からされてるみたいで、ガクガク揺さぶられてて・・・由美を犯してるおじさん達が精神病の人だとすぐに分かった。


パジャマ姿で口からよだれも垂らしてて・・・。


あたしも見つかったらヤバいと思って扉から離れようとしたら・・・。


ドンッ・・・。


何かに当たって後ろを振り向くと、同じ感じのパジャマ姿の人が居た!

大声で叫ぼうとしたら・・・殴られて気を失ったみたい・・・。


・・・ジュプ・・・ジュプ・・・。


何か聞こえて目が覚めた。


あたしの目の前に、ボロ雑巾みたいになって倒れてる由美が見えた。


慌てて近くに行こうとしたけど動けない・・・。


あたしは犬みたいなポーズにされてて、服も脱がされてて後からハメられてた・・・。


由美が見えたかと思うと、目の前に男の人が来て口に入れられた・・・。


あたしは隙間から見てた由美と同じような感じで男の人に囲まれて動けずに・・・。


「アグッ・・・ユミッ・・・ウッ・・・ウッ・・・アッ・・・アウッ・・・助ケッ・・・」

あたしと由美は犯され続けて15時くらいに解放された。


ベトベトの体・・・中に沢山出されてて、太ももを何かが流れ落ちてる。


あたしと由美は夕方になって日が落ちる前に服を着て由美の家に行った。


親が夜しか帰ってこない由美の家でシャワーを借りて、ひたすらお酒を飲んだ。


すべて夢だと思いたくて・・・。


次の日、テレビにあの廃病院が映ってて、近くの施設から15人も居なくなり、未成年の女性が1人倉庫内で発見され、暴行を受けた痕跡があると報じていた。


あたしらもあのまま夕方まで倉庫にいたら、また朝まで犯されてたかもしれない・・・。


そう思うと凄く怖かった。


今は普通に大学に通ってるけど、あの夜の事はこれを読んだ人と由美しか知らない。
人妻