00208
みんなで飲みに行った時のエロ体験談

この前、彼氏の友達やその彼女(男6人女3人)で飲みに行った時、「似てる有名人は誰か?」っていう話題になりました。


彼氏の友達のDが言うに、私は、「大空あすかに似てる」って・・・。


私が(誰?それ?・・・)状態のまま、他の男子まで、「似てる」「そっくり」の大合唱。


ちなみに私が少しだけ興味のあるY君が、「俺、何回もお世話になった」なんて言い始めて、大体どういう関係の子か想像はついたけど、Y君が私に似ている子でやっちゃってるんだと思うと、少し嬉しいというか恥ずかしい気になりました。


後日、彼が大空あすかのビデオを借りて来てくれました。


最初は、ロリ系の可愛い子だなと思っていたのですが、中身を見て絶句しました。


結構ハード。


私が一番びっくりしたのは、ヨダレをダラダラ垂らしながらするフェラ。


女の私が見てもウズウズもんでした。


その日はそのまま彼氏とやっちゃいました。


彼氏があすかちゃんばりのフェラを求めてきたので。


最近マンネリ気味というのも手伝って、私も萌えて積極的に習得しました。


その日のSEXはいうまでもなく良かったです(笑)

その後、また皆で飲みに行った時に2次会でDの家に流れました。


その日は男4人女2人でした。


別にエッチな展開はなく、ポーカーで盛り上がっていました。


夜の12時になった頃、アイスを食べたいという話になり、ポーカーの成績のケツとケツ2が買いに行く事になりました。


買い出し隊は私とY君でした。


彼氏には悪いけど、心の中で少しだけ(やったー)と思いました。


コンビニが徒歩で15分位のところにあり、酔い覚ましに河原を歩いて行きました。


河原の暗い道を2人で歩きました。


超~いい感じでした。


色々会話をしているうちに、いつの間にか大空あすかちゃんの話になりました。


私が、「大空あすかちゃん好みなの?」って聞くと、Y君は照れくさそうに、「・・・うん・・」って言いました。


そんなY君を見て私の悪戯心に火がつき、「何回しちゃったの?」って意地悪な質問をしました。


するとY君が意地になって、「100回以上!」って答えたので私の方が恥ずかしくなりましたが、負けず嫌いの私は、「と言うことは、私をオカズに100回位いたしちゃったんだ?」って言ってやりました。


そしたらY君が急に、「好きだ!」って言って私を抱き締めました。


最初は(何?)だったのが、(驚き!)から(チョット嬉しい)に変わりましたが、最後は彼に悪いので謝ってお断りをしました。


それからコンビニまで行く道、帰り道の気まずいことと言ったら・・・。


でもY君が少し可哀想になり、「お詫びに明日、ご飯作りに行ってあげる」と言うと、Y君は大喜びして元気を取り戻しました。


もちろん彼氏には内緒なので、午後3時から2時間だけで、エッチは絶対無しという約束で・・。


次の日、彼氏の都合が悪くなり、午前中暇になったので、自宅でY君のご飯(お弁当)を作りました。


そして約束通り、午後3時にY君のマンションに遊びに行きました。


「夜に食べてね!」とお弁当を渡すと、「今、食べたい!朝からなにも食ってないんだ」とY君。


Y君曰く、「今日は私の作るもの以外のものを食べるのは邪道!」らしく、朝からわざと何も食べないで待っていてくれたのです。


私、少しキュン!っと来ちゃいました。


今の彼氏だと味わえないシュチュエーションだなと思いました。


すると私の中になんだか、Y君に何かしてあげたい気持ちが沸々と湧いて来ました。


私は衝動的になり、いきなりY君にキスをしました。


するとY君は堪えられず私を押し倒したのですが、エッチは無しの約束なので我慢して貰いました。


今のことは私が悪いのでY君には謝りました。


ですが結果的に心を弄ばれる形になったY君は耐えられず、私の目も気にせず泣き出しました。


私も申し分けない気持ちでいっぱいになりました。


私は罪滅ぼしという訳ではありませんが、Y君に、「手コキとフェラなら良いよ・・・」って言いました。


私も後で、なぜ代償行動が手コキ&フェラなんだと思いましたが、その時はそれしか無いと思っていました。


私はY君にキスをするとジーンズのファスナを下ろしました。


中のY君のアレはもうビンビンになっています。


ドキッとしたのは彼氏のより凄かった事です。


私はY君のを手でしごきながらオッパイを舐めてあげました。


「ああ~、E(私)ちゃん~」って可愛らしい声をあげて感じてくれました。


私は彼氏に仕込まれたSEXテクをフルに使ってY君に奉仕しました。


Y君は女性経験は余り無いらしく、(そんなに凄く無い)私のテクでもメロメロになってくれました。


Y君があまりにも感じてくれるので私も興奮して来て、何度もY君とキスをしました。


私の方から積極的に舌を絡ませたくらいです。


私が、「大空あすかちゃんと私と、どっちが可愛い?」って聞くと、Y君は「Eちゃん!Eちゃんの方が全然良いよ~」って・・・。


感じながら可愛い声で答えるY君に私のプライドは凄く満たされました。


そして私はY君にフェラをしてあげました。


わざと舌を細長く出して、アレに絡みつく様なねっとりしたフェラをしました。


Y君は反応が良いので気持ち良くしてあげるタイミングやポイントが良く分かりました。


カリを舐めていた時も、凄く感じる所は体をよじって声が大きくなります。


私がわざとイヤラシイ顔をして舐めてあげるのだけれども、気に入る角度や顔になると、「あああ~、その顔いやらしいよ~」ってヨガってくれます。


彼氏の場合は、気持ち良いんだろうけどムっとして、「んんん~」くらいしか言いません。


はっきり言ってつまらない・・・。


その点、Y君は萌えました。


後から私はきっとSッ気があるんだろうな~と思いました。


Y君はMっぽいのでSEXの相性いいのかな~とも思いました。


私は途中で髪を二つに結んであげました。


「どう?あすかちゃんぽい?」って聞くとY君は興奮がヒートアップしたらしく、顔がニヤけと泣きそうな顔とでクシャクシャになっていました。


私は彼氏と練習したヨダレだらだらフェラをしてあげました。


Y君はもう我慢が出来なくなり、「ああ~Eちゃ~ん・・・イック~」って言うと私の顔に精子を大放出しました。


Y君の顔を見ると放心状態でとても満足そうな顔でした。


私はこれで全てが清算された様な気持ちなり、心のつかえが取れました。


私は身支度をするといつもの友達の顔になり別れの挨拶をしました。


Y君も残念そうでしたが、少し踏ん切りがついたようです。


その夜はもちろん彼氏としました。


だってY君の部屋を出る私は、心もアソコもドロドロでしたから・・・。


ただ彼氏とのSEXはかなりマンネリで、最中もY君のアレのことやMっぽいところを思い出しました。


やばいかな~。


あれからY君とは何もありませんし、Y君も努めて友達関係を保ってくれています。


でも私のSの部分がY君を求めているようです。


今後もし何かあったら書きますし、何も無かったらもう書きません。


小空あすか(笑)