0289
ナンパしてきた人とエッチした時のエロ体験談

去年のことです。

忘年会が終わって一人街を歩き帰るときにナンパされた人と、後日会ってしてしまったのです。


娘は高校生で家事だけでは暇なので5年前からスーパーで働いてます。

40歳だと世間では熟女ですか?

まだ若いつもりですが、夫はもう女扱いしてくれなくなりました。

ナンパしてきた人は30歳半ば位で、私と同じように酔ってました。


この年でナンパされると思ってなかったから、少し嬉しい気持ちでした。

夜も8時過ぎてたから、帰らなくてはと言い、断り続けたのです。


諦めると思ってたらちょっと待ってと言い、紙に電話番号とアドレス書いて渡されました。

「あまりにも素敵だったから声かけたけど駄目みたいですね。

ダメ元だけどメル交換してください」

と言い紳士的に去って行きました。

格好良くてさわやかな印象でした。


いろいろと悩みましたが、新年になり、挨拶程度のメルを送ると返事がすぐ来たのです。

それからメル交換が始まり、女と見てくれる彼のことが気になりました。



サンプル
一度会ってもいいかなと思うようになり、先週の水曜日の昼にご飯食べに行きました。

娘は部活で7時過ぎ、夫は9時過ぎに帰ってくるので、彼とドライブに行き、花畑の公園で手をつないで歩いてました。


心地良かったので腕を組んであげると嬉しそうにしていました。

こんなこと、夫と付き合ってるとき以来です。


帰りの道中でわき道に入り車を止めました。

どうしたのかと思ってると、覆いかぶさってきて、キスされてしまったのです。

一瞬手で払いのけようとしましたが、久々のキスで酔ったのかもしれません。


力が抜けてしまったのです。

胸の中に手がきて、乳房を触られて、それでけで濡れてしまったのです。


彼がスカートの中に手を入れてきました。

濡れてるのがわかるのを知られたくないので、股を閉じて、

「ダメ、ダメぇ~」
と言い断り続けてました。


でも胸に顔が来て、乳首を吸われて、感じちゃったのです。

そしてまたスカートの中に手が来たときには、

「ここでは、ダメなの」
と言っちゃったのです。


胸は肌けたまま、ボタンも掛けずに手で覆ってたまま車は走り、数10分でラブホの駐車場に止まりました。

私の頭は混乱してました。


まだ迷っていたし、気持ちの整理もできません。

でも彼にリードされて車を降りて部屋に入りました。


もう2人だけの世界です。

そして20数年ぶりのラブホの部屋です。


抱きしめられてキスされて……
ああ~とうとう不倫してしまうのね、と思ってるのもつかの間でした。


小柄の私を抱きかかえてベットに寝かされました。

肌けたままの胸を開き、乳首を吸われちゃったのです。


電気が走る感じで、ぴくぴくと震え、全身から力が抜けちゃいました。

頭も白くなってきて、ただ気持ち良いだけの感覚なのです。


いつの間にか全裸にされました。

彼も裸になって愛撫されながら抱かれてました。

彼がおまんこを舐めかけてきました。


「ダメ、ダメ、シャワーを浴びてから……」
聞いてるのか聞いてないのか、そのまま舌まで入ってきたのです。


気が遠くなりかけました。

あまりにも気持ちがよかったからです。

そこからあまり記憶に無いんです。


私は体の隅々まで舐められたような気がします。

そして、ずっと喘ぎ声を出し続けていたようです。

夢の中にいるようでした。


彼の精液が胸に出してきたときに我に返りました。

そして再びの挿入は後背位。


後ろから突き上げられて、絶叫してしまいました。

そして、奥深いアクメを迎えたのです。


すごく素敵なセックスでした。

この年齢で、こんなセックスができる私は幸せ者ですね。
サンプル