gensenero006-18
中学の同窓生と中出しセックスをした時のエロ体験談

今さっきの出来事ですが、今日は中学の同窓生の直美が家に遊びに来ていました。


昔はかなり可愛い子で人気者でしたが、今は立派に母親をやっています。


会社の近くまで来たので、少しだけお茶して子守りをしに帰る予定でしたが、旦那の話と懐かしい昔話で盛り上がってしまい、直美は「今日はお母さんもいるし、飲んじゃおうかな!」と言い出したので、私の家に行って飲む事にしました。


家についてすぐにワインを開けると、凄く嬉しそうに飲み始めました。

子供が出来ると、嬉しい反面自由がなくなると言う事で、恋人時代をよく思い出すそうです。


それでも旦那は仕事の後に遅くまで遊んでいるらしくて、その不平等が許せないらしいです。


と言うわけで、今日は日頃の逆パターンで「私の方が遅く帰ってやるー!」と意気込んで飲んでいました。


飲み始めたのは7時位で8時半位には直美はかなり酔っぱらっていました。

そして直美がトイレに行った帰りに、「うわー太志君鍛えてるの?筋肉すごいねー」と言いながら隣に座って来た。


そうなって来ると、直美は私の体を触りながら話しているし、部屋も薄暗くしてあるので、ちょっと変な雰囲気になってきた。


私は一度直美とやってみたかったので、全然イケイケで「直美まだ母乳出るの?」と聞くと爆笑しながら「えええ?たぶん出るよ!あははは、なんで?」と言っていたので「ちょっと飲んでみたいんだけど!」と言った。



サンプル
もう同窓生で付き合いも長いので、直美は全然引く事も無く「マジ?飲みたい?超面白い!あはは」と言っていたので、「じゃあいただきまーす!」と言って直美をソファーに押し倒した。


直美は「うそーマジ?マジ?」と言っていたが全然抵抗していない。


私は勝手に背中に手を突っ込んでブラジャーを外した。


「別に子供にも飲ませてたんだからイイだろ?子供より俺の方が付き合い長いだろ?」と訳の分からない事で誤摩化して、勝手に服を捲ろうとすると
「ええええ、うそー、本当に?もー恥ずかしいから電気消してよー」と言って来たので電気を消した。


そして真っ暗の中でおっぱいを出して、まずはゆっくりと揉んでみた。

直美は笑いながら「えーおっぱい飲むだけでしょ?なんで揉んでるの?あはは」と言っていたが、嬉しそうだった。


そして母乳を飲むとか関係なく、普通に乳首を攻め始めた。

もう直美は何も言わずに感じていました。


確かに乳首を強く吸うと、少し母乳が出てきました。

よく知っている直美のおっぱいを吸っていると思うと、普通の女以上に興奮してしまいます。

直美もかなり声を出して感じています。


そのまま何も言わずにアソコに手を伸ばして行きました。

途中お腹のあたりで、妊娠線って言うのでしょうか?少したるんだ感じがしました。

アソコまで手が届くと、すでにヌルヌルです。


私は興奮して、自分も直美も全裸にしました。

そして直美のマンコをクッチャクチャに掻き混ぜました。


直美は「いやああ、何コレ、ああああん、あん、凄い、だめえええええ」と大声をあげて、潮を噴いてイってしまいました。


その後はベッドに移動して、たっぷりとフェ○チオをさせました。

直美もムチャクチャ興奮しているみたいで、しゃぶり方が異常でした。



しばらくすると直美が「もうイイでしょ?入れてイイ?」と聞いてくるので、「ええ、まだ駄目駄目」と言うと「もう無理!」と言って勝手に生で入れてしまいました。


そして騎乗位でガンガン腰を擦り付けてきて、あっという間にイってしまい、ビクビクと震えていました。


私は今度はバックにしてガンガンに突きまくりました。

直美は失神寸前です。



私は直美に「直美、どこに出して欲しい?」と聞くと、朦朧としながら
「どこでもいいよ、ハァハァ」と言っていたので、

「じゃあ、中に出すぞ、いくぞ、いくぞ」と更に激しく突くと

「だめ、あああん、あん、駄目、中は、ハァハァ、あああ、すごい、ああああ」

と口では駄目と言ってるが、体が抵抗してないので、そもまま思いっきり大量の中出しをしてやった。


直美は「ハァハァ、太志君のすごい、ハァハァ、すごい出てる、ハァハァ」と満足そうだった。


直美のマ○コは出産後だったがガバガバな感じは全然なかった。


終わった後も直美は甘えてきて、「また来てもイイ?」と聞いて帰って行ったので、これからはセフレになりそうです。
サンプル