0197
隣の部屋の奥さんと中出しセックスをした時のエロ体験談

隣の部屋に住んでいた人妻との中出し体験を。


大学はもうすぐ夏休みという7月のある朝。

午前中の講義が休講で、部屋にいた私は、洗濯物を干そうと、ベランダに出ました。

すると、「ブーン」という、電気カミソリのような音が聞こえるのに気づきました。

どうも、隣の部屋からのようです。


隣は若夫婦と、3歳ぐらいの男の子の3人家族。

旦那は30歳ぐらいのサラリーマン風で、いつも朝早く、夜遅い帰宅です。

20代後半と思われる奥さんは、スーパーか何かでパートの仕事をしているらしく、8時頃に子供を保育園に預けに行き、いったん帰ってきて10時頃にパートに出勤というパターンでした。

顔は当時人気の河合奈保子似でした。



時間は8時30分頃。

隣の部屋の、少し開いている窓から、電気カミソリのような音が聞こえてきたわけです。

始めは気にとめていませんでしたが、そのうちに、「あぅ、あっ…」というまぎれもなく女性のあえぎ声が混ざっているのに気づきました。


(何だ?朝っぱらからセックスしてるのか?)と思い、ついついベランダから身体を乗り出し、隣の部屋を覗いてみました。

すると、レースのカーテンが閉まっていますが、かすかな隙間から室内の様子が見えます。

何と、奥さんが、床に寝ころび、下半身をむき出しにして、紫色のバイブを使ってオナニーの真っ最中なのです。


サンプル
「ああっ…ん…あん…あん…」
奥さんは、右手でバイブを蜜壺に出し入れしながら、左手でTシャツをたくし上げ、自分の乳首をこね回し、身体をくねらせています。


(うぉっ、すげえ!)
アパートは路地裏にあり、隣は小さなオフィスビルの壁、少々身を乗り出して隣を覗いても、誰にも見られる心配はありません。

私は股間を膨らませながら、しばらく奥さんのオナニー姿を堪能しました。


そのうちに奥さんはさらに大きく脚を広げ、ビクンビクンと大きく痙攣を始めました。

どうやらイッたようです。

バイブを抜き取ると、愛液が糸を引いています。

今度は指で股間をまさぐり始め、余韻に浸ってる様子。


すると、ふと顔を上げた奥さんと、目が合ってしまったような気がしました。

(やべっ!)
私は慌てて顔を引っ込め、できるだけ音を立てないようにベランダから部屋に戻りました。

股間はギンギンです。

(Y子もいいけど、あの奥さんもいいなあ)
今見た光景を思い出しながら、Gパンの上から、軽く肉棒をさすっていると、突如、玄関のチャイムが鳴りました。

(新聞の勧誘かな?)
と思い、ドアを開けると、意外なことにそこに立っていたのは、隣の奥さん!

奥さんはいきなり玄関に入ると、ドアを閉め、
「あなた、今、見てたわね?」と言いました。

「え、あ、いや…その…」
てっきり文句を言われると思った私がたじたじになると、
「それはいいの。

ね、私を抱いて!」

「えっ?」

よく見ると、奥さんはTシャツの下はノーブラ、下はジーンズ地のスカートをはいています。

「ね、お願い。

私、もう、がまんできない。

奥さんは、いきなり私に抱きついてきました。

柔らかな乳房の感触が、洋服越しにもよく判ります。

さらに奥さんは、私の唇に唇を押しつけ、舌を差し込んできます。

「と、とにかく、こっちへ」
私はいったん奥さんを引き離すと、部屋に連れていきました。


そしてベッドのそばまで行くと、奥さんはまた抱きついてきて、
「ねえ、早く。

抱いて!抱いて!」

と、私をベッドに引き倒しました。

もうこうなったら、据え膳喰わぬは男の恥です。


手早く奥さんのTシャツを脱がせ、スカートもはぎ取ります。

驚いたことに、スカートの下はノーパンでした。

濃いめのアンダーヘアーの中心は、すでに愛液でヌラヌラ光っています。

そして自分も全裸になり、奥さんの上にのしかかります。


「入れて!早く!」
奥さんは大きく脚を広げ、ヌラヌラ光るあそこをすりつけてきます。

「で、でも、ゴムは?」
「避妊リングつけてるから大丈夫。

さ、早く!」

そういうことなら遠慮はしません。


奥さんのあふれる泉の中心に、肉棒を突き立てます。

「ああっ!すごい!ん…あ…」
奥さんは私の背中に腕をからめ、腰に脚をからめ、密着体勢をとります。


「ん…おお…」
私も思わず声が出ました。

セフレのOL・Y子と比べ、さすがに出産を経験している分、膣はゆるめですが、それ自体が収縮を繰り返し、私の肉棒を包み込みます。

「ああっ…」
奥さんは腰の使い方も激しく、ものの2~3分で、私は奥さんの中で、放出してしまいました。


「あっ、ああ…出てる…ああん…」
私の射精による肉棒のピクピクが引き金となり、奥さんもイッたようです。


しかし、勃起はおさまりません。

「ああ、すごい。

まだできるのね。

つながったまま、奥さんは私の上に乗り、騎乗位スタイルで2回戦突入。


愛液も精液も拭いていないため、にちゃっ、ぬちゃっとイヤらしい音がひびきます。

1度射精して、余裕を取り戻した私は、目の前でぷるぷる揺れる奥さんの乳房を鷲掴みにし、さらに乳首を口に含んで転がします。

「ああ…はあっ!ああん!」
奥さんはディープキスをせがんできます。


舌をからめながら、私は上半身を起こし、対面座位に移行。

「あっ…ああーっ!」
奥さんはほとんど絶叫しています。

しばらくその体位で楽しんだ後、奥さんを持ち上げて駅弁スタイルに移行。

より深い結合となり、さらに奥さんは激しく下半身をグラインド。


「ああ…」
今度は先に奥さんがイッてしまい、膣の内壁が小刻みにピクピク震えてきました。

「おお…」
その刺激でこちらも2回目の噴射。

2回目とは思えない大量の精液がほとばしり、奥さんの胎内に搾り取られました。


二人ともぐったりして、ベッドに倒れ込み、奥さんは私の腕に腕枕。

私は奥さんとキスしながら、乳首やヒップに手を遊ばせます。


「いきなりごめんなさいね。

とってもセックスしたくてしょうがなかったから…」

「いえいえ、こんないい体を味あわせてもらって、よかったです。

などと会話しているうちに、奥さんが身の上話を始めました。

旦那がセックスに淡泊で、2~3週間に1回、お義理のようなセックスしかしてくれないこと、旦那を燃えさせるために避妊リングまで付けて中出しOKにしているのに効果がないこと、などなど。


その後、奥さんが子供を保育園に預け、パートに出かけるまでの約2時間、こちらが午前中の講義が空いている時には、旦那の代わりに中出しセックスをたっぷりさせてもらうようになりました。

その関係は私が大学を出るまで続きました。


不思議と恋愛感情はお互いに湧かず、私は彼女の人間バイブ、彼女は私の中出し専用マンコと化しました。

でも、今にして思うと、とてもラッキー、夢のような日々でした。
サンプル