018_20140311161733dc7
妹とセックスした時のエロ体験談

ここだけの話、一回だけ、妹とヤッたことあるわw


もう十年くらい前の話だけど、ちらっと書いていい?

一番最初に妹の身体を生で触ったのは俺が高1で妹が中2の時。


その頃は男子校生だったし、とにかく飢えてて女体なら何でもいいみたいな感じで、妹が風呂に入ってる時にこっそり外から覗いたり、夜中に妹の部屋に忍び込んで起きないようにそっとパジャマ越しに胸を触って興奮したりしてた。


はっきり言って妹を女として可愛いと思ったことは一度もなかったし、あくまで興味があるのは妹の女としての身体だけだった。


ある晩、いつものように触って起きない程度にゆっくり揉んでたら、眠りが浅かったのか起きてしまって・・・。


「え?なになに?」

驚いたというか恐怖に怯えるような声で言ってきた。


いきなり胸を揉んでる最中に起きて、かなり妹がビビった声を上げたので、俺も頭がパニくって、とりあえず妹を落ち着かせようと「ああ、俺、俺、ビックリさせたか、ごめん」と言った。


その時の俺は思いっきり妹の胸を鷲掴みしてるような状態で、妹もパニくってたのか、どう返していいのか判らなかったのか、「ああ、なんだビックリしたー」と返してきた。


で、妹の身体に悪戯をしてることがバレた事で、俺はなんだかその時、腹が据わったみたいな感じになった。


既に妹の胸を鷲掴みしている姿を見られているので引っ込みがつかなくなったのもある。


「ちょっと揉ませて」

「え?」

「だからちょっと揉ませて」

片方の手で胸を揉みながら、もう片方の手でパジャマのボタンを外した。


妹も起きていきなり実の兄に暗闇の中で「揉ませて」と言われて、どうすればいいのか判らなかったのだろう。


何故か笑いながら「嫌だよ、何言ってんの?」とか言っていたが、俺が「いいから」と語気を強めてパジャマの中に手を突っ込んでナマ乳を揉み始めると、妹は黙った。


そこから明らかに妹の部屋の空気がエロモードになった。


俺が乳首を摘んで勃たせたり、揉みながら乳首を舐めたり吸ったりしていると、黙っていた妹の鼻息がフーッフーッと言い始めた。


その妹の反応は想定外だった。


妹が起きるまでパジャマ越しに乳首をカリカリして勃たせたり摘んだりしていたので、妹がエッチになる下準備は整っていたのだろう。


意外な妹の女の一面を目の当たりにして、信じられないモノを見ている気分だった。


妹がエッチな気分になっている事を受け入れると、物凄く興奮して行為がエスカレートした。


乳首に吸い付いたまま、妹のパンツに手を入れた。


妹は犯されると思ったのか、足をピッチリ閉じて力を入れていた。


でも分け入るように指を侵入させて触ってみると、マンコがありえないくらいヌルヌルしていて、手の甲に当たるパンツもマンコが当たっていた部分がちょっと濡れているようだった。


妹の濡れた股間を指でヌルヌルと掻き回したり撫でたりしながら、片方の手で乳首を挟みながら揉みまくり、もう片方の胸の乳首をベロベロしたり吸ったりした。


その間、妹は直立不動の体勢で動かなかったがずっと鼻息が荒かった。


しばらくそうしてから、妹の体から手を離してパジャマのボタンを元に戻して布団をかけて、「じゃあな、おやすみ」と言って自分の部屋に戻った。



サンプル
妹は何も言わなかった。


自分の部屋に戻って、先ほどの妹の感触を思い出してオナニーした。


しかし何度抜いても興奮がすぐ蘇って寝れなかった。


そうしていると妹の部屋から「あっあああっ」という声が聞こえた。


それが妹のオナニーの声かどうかはわからない。


でも俺はそれがオナニーの声だと確信した。


なので俺は、次の晩も妹の部屋に忍び込んだ。


受け入れられたと思ったからだ。


でも俺が、妹の布団に手を入れて胸を揉み「起きて」と言うと、妹が「もう、やめてよ。

昨日、あれから寝られなかったんだからね!お母さんに言うから!」と責めるように言った。


俺は「ごめん。

もうしない」と言ってスゴスゴと退散した。


それからしばらく、俺と妹はまったく口を聞かなくなった。


気まずいながらも一言二言口を聞くようになったのは、俺が高3になったくらいだった。


で、ヤッたのは、俺が高校卒業して一年浪人後、大学進学で家を出る日の前の晩だった。


俺は中学からの友達に送別会を開いてもらい、深夜一時だったか、もっと遅い時間だったかに家に帰ると、親は寝ているのに妹だけが起きて居間にいた。


そして珍しく「お帰り」と言った。


「どうした?まだ起きてたのか」

「いや、別に。

もう寝るよ」


でも俺が「酔ったー」と言いながら水を飲んでいてもまだ寝る様子はなく、「ゴールデンウィークとか戻ってくる?」と聞いてきた。


俺が「どうだろうね。

まだ考えてないよ」みたいな事を言うと、「夏休みは?」と聞いてきた。


明らかに寂しがってるふうだった。


その後は何を話したか覚えてないが、コタツに座って数年ぶりに違和感なく会話した。


俺はその頃は風呂も覗いてはいなかったし、妹には指一本触れてはいなかったが、スタイルがいい妹のことはまだ性の対象として見ていた。


で、とにかく酔っていたのもあった。


話しながら「あ~、酔った~」と言いながら妹に寄っかかった。


妹がまったく拒否しなかったので、俺はそのまま妹の胸を揉んでみた。


「ちょっと~、酔っぱらい。

やっぱりスケベじゃん」


そう言いながら俺の頭をペンッと叩いた。


「そうだよ~酔っぱらいだよ~」

そう言いながら妹に抱きつくと、妹は口では色々言っていたが、あからさまな拒否はしなかった。


酔った勢いでそのまま押し倒しながら妹の身体を貪り始めると、妹は「あっダメ」と小さく言った。


俺は構わずそのまま流れでキスをし、舌を入れた。


舌を入れる予定など童貞の俺にはなかったのだが、酔っていて理性もなく本能的な行動だった。


舌を絡めると急に妹の鼻息が荒くなった。


そして俺が妹のパジャマを脱がしながら首筋に舌を這わせている間、妹は息を荒くしたまま「ダメ・・・ダメ」とうわ言のように呟いた。


上着とパジャマの上を脱がすと電気が点いたままだったので、妹の揺れる胸が顕わになった。


血が繋がっており、小さい頃から見慣れた俺と同じような顔だが、身体は色が白く、指がスラっとしていて綺麗だった。


寒かったのもあったのだろう。


俺が刺激する前から乳首が硬くなっていた。


俺は我慢出来なくなり、パジャマのズボンとパンツを同時にずり下ろして妹を全裸に剥いた。


そして二階で親が寝ているというのに俺も全裸になり、身体を妹の裸に擦りつけた。


妹とは言え、初めての女体。


すべすべして擦りつけると気持ちよかった。


それは妹も同じだったのか、身体をクネクネとしていた。


肌の相性が良かったのか、それとも妹の肌が良いのか、二人でクネクネすると腹辺りの肌が吸いつき「プッ・・・プッ・・・」と鳴った。


生のマンコを生まれて初めて見たのも、舐めたのもこの時だ。


顔を近づけるとムッとした女の匂いがしたが、構わず吸い付いた。


セックスとはクンニをするものだと思っていたので、特に汚いとかは思わなかった。


それどころか無味のヌルヌルした実の妹の愛液をすすったりもした。


どうしていいか分からず、今まで聞いた知識のみでとにかく愛撫していると、それまで「だめ・・・だめ」とうわ言のように言っていた妹が、いつの間にか「う・・・う・・」と呻いて腰を動かしていた。


妹の愛液のヌルヌルを舌で感じ、股の間に埋もれるように舐めていた俺の顔はビチャビチャになった。


俺が舐めるのをやめて妹に再び覆いかぶさり、チンコを手で持ってマンコの入り口を探っていると、妹はトロンとした目で「ゆっくりして」と震えるような声で言った。


何度か離れては位置を確認しつつ、ここだという所で何度かグググとチンコを押してみると、ある場所で狭い部分にズズっと入り始めた。


と同時に妹が「いっ!・・」と言って下唇を噛んで耐えているような表情になった。


十分ゆっくりしたつもりだったが、それでも妹は「ちょっ、ゆっくり」「だめ、無理かも」とか言っていた。


俺はそう言われながらも根元まで妹のマンコに押し入った。


二階で寝ている両親は、まさか一階で息子と娘が童貞と処女を捨てているとは思わなかっただろう。


根元まで入ると妹は眉を寄せながら口を開けて「はぁ、はぁ」と辛そうだった。


入れたらすぐイッてしまうだろうと思っていたが、意外と持った。


少ししてピストンをすると妹は虚ろな目で宙を見つめてユッサユッサとピストンに合わせて揺れていた。


俺が少しずつピストンを速くしていくと、虚ろな目をしていた妹は目を閉じ眉を寄せて「うっ・・・うっ」とうめき声を発した。


小さい頃から見慣れた俺と同じような顔が女のセクシーな顔になった時、少し嫌な気分になった。


それを打ち消すように荒々しくキスをした。


そして貪るように舌を入れると今度は妹も「ううう」と呻きながら舌を絡めてきた。


それが起爆剤になり、急に射精したくなった。


射精の勢いでピストンが荒々しくなると、妹は結構な大声で「ちょっ・・痛!」と泣きそうな声を出した。


その時は避妊の事などまったく考えず生で挿入し、外で出す気もなかった。


酔っていたこともある。


妊娠に対してリアリティがなかった。


そもそも飲み会が終わればその日は終わり、後は明日に備えて帰って寝るだけと思っていたので、まさか家に帰った後、そんな展開になるなど予想もしていなかった。


なので、妹の膣の中に本能のまま射精した。


射精のたびに俺が突き上げると妹はその度に腰をビクッと動かした。


射精後、まだ女の顔をして眼を閉じている俺と同じような顔に対して物凄く嫌悪感を感じたが、俺はそれを隠し抱き寄せて頭を撫でた。


すると妹は力なく俺に抱きついてきた。


絞めつけられている状態でピストンしたせいか、それとも初めてチンコを愛液にまみれた中で酷使したせいか、精液を出しきって萎んでいくチンコがジンジンと痛かった。


しばらくそうして、妹は落ち着くと「ゴールデンウィーク帰ってくる?」とまた聞いてきた。


そんな話をしているうちに俺は眠気に襲われてその状態で寝ようとすると、妹が「ちょっと、ダメだよ。

ここで寝ちゃ」とか、「お母さん達にバレるでしょ。

起きて」などと抱きついたまま、急にお姉さんみたいになった。


妹は足に力が入らず、パジャマを着た後に二階の部屋に行くまで俺が支えていった。


部屋に入る時、妹に「おやすみ」と言って、キスをしながら胸を揉んだ。


妹の胸を揉んだのはそれが最後だ。


その晩だけは中学以前の頃のように妹と打ち解けて話せた。


しかし、次の日になるとやはり気まずく、ギクシャクした。


実の兄妹なので、セックスという行為はタブーが増えるだけで、逆に気まずさは強くなる。


それからは嫌い合っているわけではないというのは分かっていても、お互いどう接していいかわからないという感じだ。
サンプル