a11122343001726
たくさんの男性と
スワッピングした時のエロ体験談

40代半ばを迎えた夫婦です。


寝取られ願望の強い夫。

スワップから始まった私たちの変わった性生活。


段々願望をエスカレートしていく夫に困惑気味の私も、けっこう楽しんでいるのかも・・・。


この書き込みも夫の指示。


子供を諦めた私たち夫婦が、スワップを始めたのは私が35歳・夫38歳の時でした。


3~4年は夫婦でスワッピングを楽しんでいました。


かなりハードにお付き合いをして、その期間にお会いした夫婦・カップルは80組程度。


2度・3度それ以上に回数を重ねてお会いした夫婦・カップルもいますので回数はかなり有ります。


ある時、スワップパーティに参加していた単独男性と3Pをすることになり3人で逢う約束をしました。


しかし当日、会社で事故があり主人はその対応に追われて帰れなくなりました。


「折角約束したのだから、お前だけでも逢って来い!」と主人に言われ、不本意でしたが約束もしていたので一人で会いに行きました。


逢ってプレイはお断りするつもりでしたが、主人から携帯がかかり、プレイを楽しむようにいわれました。


勿論その彼とも変わり主人が頼んだようです。


2~3日帰れないので泊まってもいいとの事でした。


その日は彼と食事をしてホテルに・・・・。


主人抜きのプレイは、意外と興奮するもので強烈なアクメを何度も味わいました。


勿論、主人の許しも有るので泊まりました。


翌日の昼ごろ、彼に家の近くまで送ってもらい帰宅しました。


主人からの電話で、もう1日帰れないといってきました。


夜一人で寝るとき、昨夜のことが思い出されて寝付けず2度ほどオナニーをしちゃいました。


翌日主人が帰宅、夕食もそこそこにベッドイン。


一部始終彼との事を話させられました。


私も思い出しては濡れてきます。


主人は聞きながら興奮して強く勃起しています。



サンプル
最近ではない強烈さでセックス。


主人も私も2度のエクスタシーを味わい眠りました。


それからです、主人の寝取られ願望が始まったのは。


最初は男性と1対1で会うことが多く、しばらくして男性が1人、又1人と増えていき、最高は男性6人までになりました。


その頃は主人もホテルにはきましたが、プレイには参加せず飲んで見てるばかりでした。


勿論、私も逆ハーレムを楽しんではいました。


ただ、主人に「6人はやめて!」とお願いしました。


何故ならあまり人数が多いとはっきり言って苦痛の時もあります。


快楽より苦痛の方を感じる時も有るのです。


結局3~4人で楽しむことが多くなりました。


その間に、アナルセックスも覚えました。


今ではアナルでも逝くようになりました。


そして2年ほど前、主人が提案してきました。


それは、温泉宿に私一人で宿泊し、混浴のある宿であれば男性が入っている時に入浴して向こうから誘ってきたら部屋に呼ぶ。

と言うものでした。


混浴が無ければ、バーかラウンジで声をかけられるのを待つ。


自分が気に入った男性なら部屋に呼ぶと言うものでした。


その話には裏がありました。


実は主人も同じ宿の違う部屋に宿泊し、他人の振りをして、男性を部屋に呼んだら合図してくれ、と言うものでした。


つまりその行為を覗きたいというのです。


最初は反対しましたが、あまり熱心に言うので承諾しました。


話が決まれば早いもので、その月の末土曜日に北関東の温泉旅館が取れました。


会は違いますが2部屋。


主人と別々です。


タダそこは混浴が無いので、バーかラウンジで・・・と言う事に。


当日は、主人の運転で出発。


温泉地の駅で私を降ろし主人は車で、私は送迎バスで宿に向かいました。


ロビーで私の部屋の番号を確認した主人は、さっさと自分の部屋に・・・。

食事も別々に取りました。


いざラウンジに・・。


土曜日と言うこともあって、会社の宴会などでかなり混んでいます。


2次会なのかかなり酔った男性がカラオケなどで騒いでいます。


私はカウンターに座り、浴衣を少し粋に着て多少色っぽく見せます。


主人が反対側のカウンターでビールを飲みながらこちらを見ています。


女一人で飲んでいるのが珍しいのか、何人かダンスやカラオケを誘ってきます。


その中に、私よりかなり若い30代前半の男性が横に座って話しかけてきます。


「一緒に飲みませんか?」とか「お一人ですか?」とか聞いてきます。


ちょっと気に入った男性だったので、「私の部屋で飲みませんか?」と誘ってみた。


最初は不振がって這いましたが、酔いもあったのか「いいですよ」と答えてきた。


主人に合図した。


主人が近くに来てカウンターの上に置いたルームキーをその男性や周りにわからないように持って出て行った。


私の部屋は和室なので、きっと押入れにで隠れるのだろう。


主人が出て行った後、その男性が「同僚4人なんだけどいいですか?」と聞いてきた。


内心ビックリしたが、誘ってしまった以上仕方が無い。


本当に飲むだけかもしれない。


「先に行ってお酒の用意して置くわ」と言って立ち上がった。


「いいですよ僕たちが持っていきます」と言ってくれた。


彼たちは15人くらいの会社の宴会で来てるとの事。


上手く言って4人で抜け出すから・・・・と言った。


部屋を教えて先にラウンジを出た。


部屋に戻ったら案の定主人は押入れの中にいた。


4人とは言わなかった。


そのほうがビックリするだろうと思った。


「もう来るから・・」と主人を押入れに押し込んだ。


用意してきたHぽい下着に着替えその上から浴衣を羽織った。


しばらくしてドアをノックする音。


返事をすると4人の男性が入ってきた。


皆若い。


手には冷蔵庫からありったけのビールウイスキー日本酒、それに乾き物おつまみ、すべて持ってきたのだろう。


1組だけ敷かれた布団を隅に押しやって車座に座った。


私もその中に入った。


しばらくは他愛も無い半紙で盛り上がっていたが、酔うにつれ段々と下ネタに変わってきた。


いや、私がそういう方向に持っていったのかもしれない。


浴衣の襟を少しはだけ、足も崩した。


反対側の男性が股間をちらちら見るのが感じる。


一気にセックスの話をした。


「彼女はいるのか」とか「Hしてるのか」とかきわどい話にした。


若い人は積極的だ。


隣の男性が私の方を抱いた。


尚そのままの体勢で話をしている。


段々と男性たちの口数が少なくなった。


これを気に私の方を抱いている男性の股間に浴衣の上から手を置いた。


はっきりわかる大きくなっているのが。


すぐにその彼が私にキスをしてきた。


合図をしたかのように他の男性がにじり寄ってきて、浴衣の上から触ってくる。


1人は私の胸、1人は股間、もう1人は私の後ろに回って浴衣を脱がす。


ブラジャーは着けてない。


パンティーだけだ。


今度はじかに胸を触ってくる。


パンティー上から擦られる。

私は足を少し開いた。


ついに宴が始まった・・と感じる。
サンプル