a11122343003176
ナンパした超美人なお姉さんとエッチした時のエロ体験談

20歳の時、会社というかバイト先での体験です。


当時、柔道部をやっていたせいもあり体格のいい俺は、夏のバイトとして都内某高級ホテルのプール監視員をやっていました。


時給は安かったのですが、水着の女性が見れるというスケベ心で始めたバイトでした。


そこでいつも、昼過ぎ頃に競泳水着を着てくる黒木瞳に似た超美人なお姉さんを見るのが、日課になっていました。


決まって2時間近く泳いだ後、プールサイドでカクテルを注文し、帰って行くのでした。


8月も終わりの頃、平日の人が少ない時、泳ぎ終えた彼女に思い切って声を掛けました。


(今、思えばよく仕事中にナンパできたなと思いましたが・・・)

「よくお見えになりますね・・・」

彼女は一瞬エッ!?という顔でしたが・・・。


「ええ、あなたもよく仕事してますよね。

私の事、見てくれてたの?」


俺は、心の中でラッキー!と思った。


何せ顔を覚えてくれているのだから。


ここで、ちょっと頑張って・・・。


「いやー、あなたほどの美人は、ここの◯◯ホテルでもすぐ目立ちますので、いつも見てましたよ!」

ストーカーとも思われない俺の発言だったが、功を奏し・・・。


「私もあなたの事、いつも見てたわよ。

良かったらこれから私の部屋で飲まない?」


ありえねー!?

いきなり先頭打者ホームランか!

で、でも今仕事中だし・・・。


「あと2時間でバイト終わるので、それで良ければ・・・」

「わかったわ、1035号室に来て。

私、待ってるわ」


「は、はい」

冷静さを保とうと必死だったが、声は思いっきり上ずってた。



サンプル
俺はもう興奮気味で、あそこはピンコ立ちだった。


その2時間は、監視用の椅子にずっと座ってた。


でもその2時間は、いつもの5時間くらいの長さに思えた。


バイト終了後、すぐに1035号室に向かった。


ドアの向こうには、なんと!ガウンに水着姿の彼女が出迎えてくれた。


しかも結構飲んでたらしく、すでに顔は紅潮してる・・・。


「もしかして、もう酔っ払ってます?」

「そうよ。

来るの遅いから結構飲んじゃった」


「あまり、飲みすぎはよくないですよ、横になって少し休んだ方が・・・」と、何気にベッドに誘う俺。


「そうね・・・ちょっと介抱してくれるかしら・・・」と、少しニヤっとする彼女。


ここはもう行くっきゃない!と思い、俺は彼女のガウンを脱がせ、そっとベッドに寝かせた。


年齢不詳だが、美人で175cmくらいのスリムな色白極上ボディにハイレグな競泳水着は、俺の理性を壊すのに十分だった。


俺は、間髪入れずに、彼女の胸を水着の上からまさぐった。


「うふ・・・」

彼女の吐息が漏れる。


指は、そのまま胸から股間へ。


水着の上からクリトリスを刺激。


少しずつ強くする。


「う、うん、うん、いいわー」と彼女。


だんだん濡れてくるのが分かり、続いて水着の上から舌で攻める。


最初カルキ臭がきつかったが、彼女の愛液の匂いと混じり、妙に興奮してくる。


俺の息子はもう爆発寸前だ!

「もう、我慢できないんだけど・・・」と情けないが俺。


「いいわよ、早くきて・・・」と大人な対応の彼女。


「じゃ、ごっつぁんでーす!」

つい、柔道部の口癖が出てしまったが、もう噴火寸前の俺はパンツを脱ぎ、正常位で速攻入れた。


「ああん、あっふーん」

何とも色っぽかった。


「硬くて大きなおちんちんね・・・」

「お、オスッ!」

俺は嬉しさのあまり、ガンガンに突いた。


「イ、イヤぁー、あまり激しいと壊れちゃうわぁ・・・あーん」

もう腰痛にでもなるくらいの速さで突きまくった!

このままでは持たないと思い、体位を立ちバックへ変えた。


彼女の腰に手をやり、パン!パン!パン!と部屋中に響くくらい突いた!

「ス、スゴーイ!下から突き上げてくるわー!もう、ダメぇー!」

「イッていいっすよ!俺もイキますから・・・」

「ああん、だめえええ、いっくうーん!」

「ぬおおおおおお、いっ、いくよー!」

ドックン!と俺は彼女に思いっきり中出しした。


超気持ちよかった。


1週間分の精子だった。


トロトロと、脚の間から白い液体が流れるのが分かった。


でも彼女は、別段気にした様子もなかった・・・。


その後、朝まで3回戦した。


俺はもうヘトヘトだった。


また会えると思い、連絡先等は聞かなかったが、彼女はその後二度とプールには来なかった・・・。


今となっては、いい思い出です。
サンプル