pic-0212001421
主人と同い年の彼と中出しセックスした時のエロ体験談

男性にとって『中出しセックス』が気持ちいいように、女性も同じように『中出しセックス』は気持ちいいものです。


子宮をめがけて大量に流し込まれる『精液』痙攣する『陰茎』ココロもカラダも一体になる『満足感』・・・実はそういうセックスに何年も飢えていました。


旦那とも『セックスレス』状態でしたし、旦那が『浮気』している事もありすっかり夫婦仲は冷えきっていました。


只、子供がまだ小さい事もあり子供の前では『良い父、母』を演じる生活が続いていました。


そんなある日の事、子供が所属しているスポーツ少年団の『合宿』で外泊する事になりました。


主人はいつものように帰宅は遅いだろうと思った私は前から考えていた事を実行する事にしました。


主人が『浮気』をしているように、私も旦那には内緒で半年前から『ネット不倫』を続けてきました。


相手は主人と同じ年齢の男性でした。


彼はネット上ではバツイチで今は独身と言ってましたが、別に相手のプロフなど関係ありませんでした。


プロフの向こうでいつかは訪れるであろう『カラダの関係』のことしか興味はありませんでした。


彼とは半年近く食事をしたり、映画を見に行く『セックスのない関係』がつづいていました。


その中でお互いのことをよく知る時間を持ちました。


この男性ならセックスしても後悔はないと自分の中で『確信』を持ちました。


・・・そして先日私から彼をデートに誘いました。


先ずは『映画』を見に行きました。


作品は思いっきり『官能的』な映画でした。


当然映画の中でセックス描写が何度も出てきました。


私は勇気を出してそっと彼の下半身へ手を伸ばしました。


彼は一瞬ドキっとしていたようですが、そっと唇を重ねてきました。


舌と舌を絡めながら彼は私の手をズホンの中へ導きました。


彼の『陰茎』は固くなり先端は我慢汁で少し湿り気を帯びていました。


彼は私の耳元で囁きました。

『旦那さんのよりも大きい?』と・・・


答えに詰まっている私のスカートの中へ彼は手を入れてきました。


こうなる事を想定してこの日はノーパンでガーターだけ着けていましたので当然彼の手はすでに湿り気を帯びた陰部に触れていました。


彼『いますぐ愛美さんとしたいよ』

私『・・・私もしたい』


サンプル
私たちのほかに観客はいないようでした。


私は彼に導かれるまま、彼の座っている上に跨りました。


そして彼はピクピクする『陰茎』を剥き出しにして『コレがほしかったら愛美が自分で入れるんだよ』と言いました。


私は彼の『陰茎』を握りそしてそっと私の『膣』の入口へあてがいました。


主人とのセックスでは先ずした事のない体位、そして自分のしている事がたまらなく恥ずかしいのにでもとても興奮していました。


ゆっくりと私の中に彼の『陰茎』が入ってきました。


根元まですっぽりと入った事を子宮の先端が感じていました。


彼はしたから私の子宮を突き上げていました。


私は彼の『陰茎』が抜けないように必死で腰を動かしていました。


私と彼はきつく抱き合いディープキスをしながら下半身を激しくグラインドさせていました。


私の意識が遠くなりかけたところで彼は私の体を離しました。


そして彼は『ここで出したら勿体ないから』とだけつぶやくと、私の手を引いて映画館を出ました。


彼の運転する車はラブホテルの中へ入りました。


部屋の中へ入ると彼は『お風呂に入ろうよ』と私の服を脱がせはじめました。


さっきは下半身だけ裸でしたが今度は初めて彼の前で全裸になる事で緊張していました。


子供を生んでからの体型に自信はありませんでした。


彼は『愛美のカラダ綺麗だよ』と抱きしめてキスしてくれました。


彼は浴室へ入ると時間をかけて私の体を石鹸で洗ってくれました。


お返しに私も彼の体を洗ってあげました。


石鹸の泡を洗い流したあとたったままの彼にひざまずき彼の『陰茎』を唇で包み込みました。


彼は『愛美がこんな事してくれるなんて嬉しいよ』といい私の口の中で彼の『陰茎』は再び固く大きくなりました。


『さっきは気持ちよくしてあげられなかったね』と言いながら私を抱き上げベッドへ運びました。


彼はキスをしながら、乳房、おへそ、脚と舌で愛撫しました。


足の指を一本々舐め回す頃にはすっかり私の『花弁の奥』はすっかり蜜で溢れていました。


『じゃあそろそろメインディッシュを』と彼は私の脚を広げさせると『花弁』を指で一枚々めくりはじめました。


『もう凄い濡れてるよぉ』と舌で花弁をしごくように愛撫しながら指でクリの皮を剥き、そしてクリの先端を舌先を固くして舐めまわしました。


舌を花弁の奥へ差し込みベロベロと舐めまわされるとまた私は意識が遠くなるのを感じました。


『愛美、じゃあいれるよ』と正常位で彼は『陰茎』を挿入してきました。


映画館ではセックスに集中出来なかったけど、今は彼と二人きりの時間を過ごしている。


彼の腰の動きに合わせて二人の『生殖器』が重なり合い、擦れ合いました。


セックスしている時も『愛美の中気持ちいい』『愛美も感じてるの』と彼は何度も私に話しかけてきました。


主人とのセックスは単なる『交尾』でしかなく挿入している時も無言でした。


それと比べても彼は私とのセックスで『快楽』を共有したいという気持ちをかんじていました。


『愛美の中に出したい・・・いいかい?』

『最初からそのつもりよ・・・中にいっぱいちょうだい』

彼の腰の動きが早くなり彼は『イクゥ!中に出すよぉ』と叫んだ瞬間私の中で彼は大量の精液を何度も『陰茎』を痙攣させながら私の子宮に何度も精液を流し込みました。


しばらく重なりあったまま余韻を楽しんでいましたが彼はおもむろに『陰茎』を抜くと私の『膣』から逆流した白濁した液体をすいだしました。


そして私の口の中へ『おれと愛美のラブジュースだよ』と流し込みました。


私はそれを飲み込みました。


『やっと一つになれたね』と私を抱きしめました。


彼も私と同じように初対面の時から今日の日のことだけを想像して過ごしていたらしい。


ひとりで自慰して過ごす夜もあったよといいながら、視線を向けるとさっき射精したばかりなのにまた彼の『陰茎』が隆起していた。


彼は私を四つんばいにさせると、後ろから挿入してきた。


乾いた音を響かせながら私を後ろから攻め立てた。


そうしながら、クリを指で愛撫したり乳房をわしづかみにしたりと彼のセックスにはソツが無かった。


遊びなれた大人なんだろうなと思いながら彼の二回目の中出しを受け入れていた。


一晩中、休むことなく彼の『陰茎』は何度も私の中で中出しを繰り返した。


疲れて寝ている時もお構いなしに彼は脚を広げて挿入してきたくらいだ。


5回目までは記憶しているけれどそれからはもう記憶が無いほどセックスをした。


朝が来てルームサービスの朝食を食べる彼に何回くらいしたの?と聞いたら8回したけど愛美と別れるまでにあと2回はするよとケロッとした顔で笑った。


その言葉どおり彼はホテルを出る前に一緒に入ったお風呂の中と、そして帰りの車の中で2回の中出しをキメた。


帰宅した後、パソコンを立ち上げると彼からのメールが来ていた。


『セックスしてますます愛美が好きになりました。

いやらしくて可愛い愛美とこれからも交際したいです』と・・・。


・・・そんな交際を続けて半年、今私は彼の子供を妊娠中です。


主人は自分の子供ではないとわかりきっているのに離婚するつもりもないらしく生んでも構わないと言います。


彼は妊娠してから『結婚しよう、僕の子供を一緒に育てよう』と言ってくれてますが、彼はカラダの相性は良くても人間としては信用できないこともあり離婚~結婚に踏み出せないのです。


・・・そろそろ堕胎できない時期になります。


妊娠したことは後悔していません。


だって少なくとも気持ちのいいセックスを心ゆくまで堪能して出来た子供ですから。


只、倫理的には背徳のセックスの果ての妊娠ですからね。


最終的には生むと思いますがこの始末は自分でつけるしかないんですね。
サンプル