796
友人夫婦とのスワッピング体験談

私(加藤:45歳)は建設会社に勤めています。


妻(里香:40歳)は娘を産んでも結婚前と変わらぬスタイルと若さを維持していました。

娘は高校1年生ですがクラブ活動に忙しく土日もクラブの練習に参加しています。

妻は性に対して考えが堅物で、男性は私しか知りません。

私は妻がエッチな女になって欲しいと常々から思っていて、2~3年前から説得を続けていました。

サンプル
ようやく最近になって下着も私好みのエッチな下着を着けてくれるようになって、バイブを使ったオナニーを撮影させてくれるようになったのです。


でも、私の望みは妻が私以外の男を受け入れ、歓喜の表情を浮かべてセックスしているのを見ることでした。


その事を妻に伝えましたが、「そんな変態みたいな事はできないわ・・・今している事だって他人に言える事じゃないでしょう!」と聞いてもくれません。


そんな妻がパートに出たいと言い出しました。


勤務時間や通勤時間を考えるとなかなか良い条件のパートが見つかりません。


そんな時、友人(西川:43歳)の会社が事務員を募集しているのを思い出しました。


西川とは昔から家族ぐるみの付き合いで、お互いの子供が小さい時はよく海水浴やバーベキューに行ったものでした。


子供が大きくなってからも、西川の奥さん(由美:41歳)と里香はショッピングやお茶をしたり、お互いの家を行き来する仲です。


西川の会社も自転車で10分ぐらいで行ける距離で希望通りです。


私「西川に相談してみようか?」

妻「そうね・・・お願いできるかしら?」

早速西川に電話してみると、「まだ事務員は募集している。

里香さんが来てくれたら助かるよ。

勤務時間も相談に乗る」とのことでした。


西川「里香さんってパソコンはできるかな?」

私「ネットは時々見てるけど、事務レベルじゃないと思う」

西川「そうか、じゃあ俺が教えるから。

それより加藤、俺と由美のことなんだけど・・・相談に乗ってくれよ」


私「相談?ああ、いいよ」

西川「すまんな・・・、近いうちに会って飲もうか?」

私と西川は金曜の夜、会う約束をしました。


しかし西川と会うはずの金曜日、上司から突然、北陸支社のトラブル収拾のために一ヶ月の出張を命じられたのでした。


西川「大変だな、一流企業勤めは」

私「仕方ないよ、会社の命令だから。

それより里香のパートの件だけど宜しくな」


西川「ああ、任せておけ」

私「それより相談って?」

西川「うん・・・、加藤・・・寝取られって・・・知ってるかい?」

私「寝取られって、自分の妻や彼女を他人に抱かせて興奮するってやつだろ・・・まさか・・・」

西川「・・・そうなんだ」

私「由美ちゃんを誰かに抱かせたのか?」

西川「ああ。

数年前から由美が他人とセックスするのを妄想すると異常に興奮するようになってな、由美とセックスする度に説得してたんだ。

だんだん由美も理解してくれて、今年になって単独男性に由美も一緒に会ったんだ。

そのあと・・・由美も納得してホテルに行って3Pをした。

感激したよ。

由美の淫乱な一面を見れて・・・。

男性が帰った後、何度もお互いを求めた。

興奮が収まらなくて・・・その後、由美は10人以上の男を経験した・・・。

男と会う度に興奮するけど、新たな刺激を求めてスワップしてみようと夫婦に会ったんだよ。

相手の希望で別室でセックスしたんだけど・・・旦那に刺青はあるし・・・由美が『ゴムを着けて』って言ったのに真珠入りのモノを生で入れてきたそうだ。

中出しはされなかったようだけど・・・『怖い・・・』って。

・・・で、『今度は知り合いとスワップできたら』ってことで加藤に声を掛けたんだ」


私「う~ん・・・西川と由美ちゃんに選ばれて光栄だよ。

理解も出来る。

でもな・・・里香が問題なんだよ。

・・・実はうちも同じ事を里香に説得しているけど、『うん』と言わないんだ・・・」


西川「そうなんだ・・・。

待てよ・・・俺と里香ちゃんに関係が出来たら上手くいくかも?」


私「里香は堅物だからなぁ」

西川「上手く行かないと思ったら手を引くから誘惑してもいいよな?」

私「無理しないでくれよ」

西川「ああ分かってるって。

で、作戦なんだけど・・・」


私の出張中の一ヶ月の間に、私の家で西川が妻にパソコンを教えることにして、トライしてみることになりました。


幸い娘は朝の8時から夜の8時までは帰って来ません。


私のパソコンに妻の恥ずかしい写真や動画を入れておき、それをきっかけにするという単純な作戦でした。


家に帰った私は出張の件と西川とのパソコンの講習の件を里香に伝えました。


妻は、「じゃあパパが帰ってくるまでに事務仕事をこなせるようになってるから」と、明るく答えました。


私と西川の罠とも知らずに・・・。


翌週、私は北陸に旅立ちました。


週末の土曜日の10時に西川が家に訪れると里香から連絡がありました。


私は落ち着かない土曜日を過ごし、夕方になって里香に電話をかけました。


妻「今日は午前中だけ西川さんにパソコンを一から教わったのよ。

来週の水曜日の午後からまた教えて下さるって。

それまでに完璧に憶えるようにって」


私「そうなんだ・・・頑張れよ」

そう言って私は電話を切りました。


続いて西川に電話しました。


私「よう・・・今日はありがとう」

西川「北陸はどうだ?・・・」

私「仕事は順調さ」

西川「今日、里香ちゃんがお茶を入れてくれてる間に里香ちゃんの写真を見せて貰ったよ・・・。

里香ちゃんって結構いい身体してるな。

胸も乳首も綺麗だ。

陰毛も薄くていやらしいし。

その後2時間も並んで座ってたんだぜ。

いい匂いだし勃起したよ」


私「・・・そうか・・・で、いつ、行動に出るつもりだ?」

西川「今週と来週は真面目にしているつもりだよ」

私「無理しないでくれよ」

私は電話を切りました。


2週間の苦しいようなドキドキする時間が過ぎていきました。


「土曜日に行動に出る」と西川から連絡がありました。


ちょうど土曜日は娘が友達の家に泊まるそうで、里香からお礼を兼ねて夕食に誘われたそうです。


「夕食の後、飲む機会があれば迫ってみる」と言ってました。


私はアシストするつもりで里香に電話をしました。


西川の好きな酒類を教え、里香も酒の相手をするように伝えたのでした。


土曜の夜、時計は7時半を指しています。


もう、里香は西川と飲んでいるのでしょうか?

落ち着けません。


9時を過ぎました。


メールの着信を知らせるメロディーが流れます。


西川『今、里香ちゃんはトイレ。

帰ってきたらパソコンの写真を見せる』


ああっ・・・上手く事は運ぶのでしょうか?

なかなか進まない時計とにらめっこする2時間が過ぎていきました。


突然、携帯に着信音が鳴りました。


西川からです。


私「もしもし・・・」

返事がありません。


私「・・・もしもし・・・」

“・・・ギシ・・ギシ・・・ギシ・・・ギシ・・・”

返事はないのですが微かにベッドの軋む音が聞こえます。


妻「・・・もう・・・許して・・・あんっ・・・また、イッちゃうぅ・・・」

里香の声です。


西川「里香ちゃん・・・どこが気持ちいいの?」

妻「ああっ・・・そんなこと聞かないでぇ~ああっ・・・いいっ・・・」

西川「もっと、気持ちよくなりたい?」

妻「・・・あんっ・・・なりたい・・・」

西川「今どんなことしてるのか言ってみて・・・」

妻「・・・西川さんに・・・入れられてるの・・・いいっ・・・」

西川「もっと具体的に言わないと抜いちゃうよ」

妻「・・・あんっ・・・西川さんのオチンチンに犯されてるの・・・いいっ・・もっと・・・突いて・・・」

里香の変わりように私は自分の肉棒を扱きながら聞き入ってしまいました。


西川「・・・加藤に里香ちゃんの事を話そうかな?」

妻「イヤッ・・・それだけはやめて・・・」

西川「里香ちゃんが俺の女になってくれたら考えてもいいけど・・・」

妻「・・・本当に・・・言わない?」

西川「秘密にするよ、絶対に」

妻「・・・本当に言わない?・・・なります・・・西川さんの女に・・・」

西川「会社でも俺の女だからな。

毎日チンポを咥えるんだぞ」


妻「・・・はい・・・西川さんに逆らいません・・・だから・・・秘密にして・・・」

そこで電話は切れました。


次に西川から電話があったのは翌日の昼過ぎでした。


西川「昨夜の電話を聞いたか?」

私「・・・ああ・・・聞いた」

西川「昨夜から嵌めぱっなしだよ」

私「そうか・・・」

西川「加藤が出張から帰るまでに楽しませてもらうから」

事実、私が帰るまで里香と西川はセックス漬けの毎日でした。


西川の会社に勤めだした里香は社長室で秘書のような仕事を与えられたそうです。


1ヶ月後には私と西川が望んだスワップも実現し、由美さんの身体を堪能させてもらいました。


月に1、2度ですが有給を取って昼間から由美さんとラブホに出掛けることもあります。


私は里香と由美さんの両方とセックスしていますが、西川は里香としかセックスしていないそうで由美さんは不満そうです。


将来、子供達が大きくなって家から巣立った時は、4人で暮らすのもありかなと里香と話しています。

サンプル