0359
彼女の姉との浮気セックス体験談

<スペック>


幼馴染:19歳、大学2回生、155cmあたり、顔はかなり可愛いな。

幼馴染の妹:18歳、高3、160cm、姉には劣るが普通に可愛い、桐谷美玲に似てる、姉とはあんまり似てない、Bカップ。

俺:19歳、大学2回生、178cm。

一応名前つけとく、幼馴染(あおい)、幼馴染の妹(みれい)でよろしく。

俺とみれいが付き合ったのは、みれいが高1で俺が高2の時だった。

サンプル

受験勉強を頑張るみれいに教えてあげるうちに、すごく仲良くなっていった。

んで、みれいは見事高校に合格し、入学したみれいに、ある日俺は告白され、付き合い始めた。

あおいは、『あっ、そうなん』って感じの反応だったかな。

それから普通に3人でも遊びにいったりしたし、みれいとも沢山デートした。

テスト前は一緒に勉強したりして楽しかったなぁ。

みれいと少しうまくいかなかったのは受験の時だった。

全然遊べなくなったし、俺の家にあおいが勉強しに来ることが多くなった。

同じ受験生だったし、話は合うし、少しみれいの愚痴を言うことも度々あった。

でも、あおいはなんでも優しく聞いてくれた。

あおいとは普通にずっと仲は良かった。

あおいが推薦入試で秋に一回落ちたことがあった。

俺んちで号泣してて、思わず抱き締めたこともあったな。

そっから本当にお互い励ましあって頑張ってた。

受験が終わって俺とあおいは見事大学に進学。

めっちゃ嬉しかった。

みれいも喜んでくれた。

みれいにはたくさん我慢させてしまったし、春休みは沢山遊んだりした。

「寂しかった寂しかった」ってずっと泣かれた日もあって、正直心が痛かった。

大切にしようって思った。

まぁ一年違いの俺達だからさ、次はみれいの番なんだよな。

俺はすっげー応援した。

勉強も教えてあげたり、しんどくなったら遊びに連れて行ってやったりね。

ちゃんと好きだったはずなんだよ。

でもある日、あおいに彼氏ができたことをあおいから聞いたんだよな。

あおいにはずっと彼氏が居なかった、ってか、あおいからそんな話聞いたことなかったから、複雑っていうか、なんかよくわからない気持ちになった。

可愛いし、モテるはずなのに今まで聞かなかったのもおかしいんだけどさ。

なんかあおいが気になって気になって仕方なかった。

どんどんみれいへの気持ちは離れていってた。

俺自身も辛かった。

あおいを見ても辛かった。

たぶん、もう俺はあおいを好きになってた。

でもみれいは受験生だし、絶対受験終わるまでは邪魔しないって決めてた。

そんな中、あおいは彼氏と別れた。

理由は知らない。

んで12月31日。

みれい、あおい、俺で初詣に行くことになった。

あおいはたまたま家に居たみたいで、みれいが誘った。

んで初詣、みれいは嬉しそうに楽しそうで、ずっと俺の手を繋いでた。

トイレ行く時、あおいと2人になったんだよな。

なんか寂しそうで、そん時、俺から手を握った。

なんでそんなことしたのか俺もわからんかったけど、なんか握ってあげたかった。

あおいは、「なにっ??」ってすっごい顔でビックリしてた。

俺は、「寒そうやったから」とか意味わからんこと言ってたな。

そのまま幼馴染の家にみんなで帰った。

まだ幼馴染の家族は帰って来てなかった。

みんな順番に風呂入って、俺はみれいを寝かしつけてた。

ぎゅーってしてきて、可愛い奴やった。

寝かしつけたみれいを見て、やっぱ悲しませたらあかんなって思った。

内緒で神社で買った合格御守りをみれいの枕元に置いた。

んで俺はトイレ行って寝よって思って、とりあえずトイレに行った。

んでトイレ終わって戻ろうとしてんけど、台所のある部屋が光ついてた。

俺はお母さんたち帰って来たんやって思って一応挨拶しに行った。

そしたらそこにおったんは、パジャマ姿のあおいやった。

あおいは俺見てめっちゃビックリしてた。

普通に夜遅かったから、急に人が入って来てビックリしてたって感じかな。

あおいは麦茶を飲みながら・・・。

あおい「ビックリしたよ、どうしたん?」

俺「いや、お父さん達帰ってきたんやと思ってん。寝られへんの?」

あおい「ん~わからんw喉乾いたから」

俺「そか~」

あおい「みーちゃんは?」

俺「寝たよ」

あおい「そっかぁ、そろそろ寝よっかな」

俺「そやな」

んであおいの部屋の前へ。

あおい「じゃあね」

俺「あのさ」

あおい「ん?」

俺「少しだけ入ってもいい?」

本当、何言ってんだよ俺、って思った。

あおい「え、うん・・・なんにもないけど(笑)」

俺「すぐ戻るし!」

んな感じであおいの部屋に入った。

あおいはベッドの上に寝転び、俺は床に座った。

俺「あ、電気消しとくわ。眠くなったら気にせんと寝ていいからな」

あおい「あ、うんwありがと」

俺「なんか、久しぶりに入ったかも」

あおい「そうだよね・・・」

俺「・・・。少し変わった?」

あおい「ん~少し変わったかもw」

俺「あ、机の位置とかやな?」

あおい「うんw変えたw」

とか他愛ない話をしてた。

んで少し沈黙があった。

俺「あおい?・・・寝た?・・・」

そっとベッドに近づく。

ドキドキするような可愛い寝顔があった。

あおい「も~」

あおいは俺の反対を向いた。

俺「なんや起きてたんや」

俺はベッドに座って枕を握ってるあおいの手をそっと握った。

あおい「何、やめて」

でも追い払われた。

俺「寒いやろなって思って」

また訳のわからんことを俺は言う。

あ「寒くないから」

俺「隣、寝ていい?」

あおいは何にも言わなかった。

俺「寝るで?」

何にも言わず反対側をあおいは向いていた。

俺はあおいの方を向いてそっと横になる。

あおいの髪の毛からはシャンプーのすっごい良い匂いがした。

少しシーンとしてた。

俺「今年何お願いしたん?寝た?」

あおい「内緒」

俺「そっかぁ」

そしたら少し身体を動かして、あおいは枕に顔を埋めつつも俺の方を見てきた。

俺「ごめんな、眠い?」

あおい「・・・」

俺「・・・」

あおいは眠そうな目をしてた気がする。

俺はまた手を握った。

あおい「だから、やめてって」

俺「やめたくない」

俺はアホなことを言って恋人繋ぎにした。

あおい「もう意味わからへん、俺はなにがしたいん?」

俺「好きやねん・・・」

あおい「は?◯◯、おかしいで?」

俺「あおいが好き」

俺はあおいの手をギュッてした。

あおい「・・・」

あおいは何にも言えなさそうだった。

俺はそっとあおいにキスをした。

少し逃げようとしてたけど俺はキスした。

あおい「ずっと好きやったんはこっちやねんで?ずるい、いつもずるい」

俺は全然気付いてなかったんや・・・。

どんどんどんどん涙目になっていくあおい。

またそっとキスをする。

もう苦しくて苦しかった。

なんの苦しさなのかはもう全然判らなかった。

俺「ごめん、ごめんな」

俺はあおいの手を握ったまま、あおいを抱き寄せる。

俺「上向いて?」

あおい「・・・」

俺「あおい?」

あおい「・・・」

俺はあおいの顎を優しく上げてまたキスをした。

優しく優しく唇を包んだ。

「好き」って何回か言ってたと思う。

そっと舌を入れる・・・。

あおいも少しずつ息が荒くなり、はぁはぁ言っていた。

俺「舌・・・出して・・・」

そして、お互い絡ませあった。

あおい「はぁはぁはぁはぁ・・・好き・・・はぁはぁ」

俺はこれを聞き逃さなかった。

もっと激しく熱いキスをした。

もう気付いたらお互い身体動かせて足絡ませて、激しく身体擦り合わせてた。

俺は激しくキスしながらあおいのTシャツの中に手を入れる。

柔らかいものをそっとそっと手で包み込む。

先っぽを触れるか触れないかぐらいで優しく触ると、あおいは身体をねじらせ、「アッ」と声を漏らした。

キスから耳に舌を這わせ、耳の中を舌の先で優しく舐める。

そのまま舌を這わせあおいの胸へ、優しく優しく咥える。

少し強く吸ったり優しく舌先で舐めたり・・・。

あおいはその度に声を堪えていたが、漏らしたりしてた。

そしてキスをしながらズボンに手を入れる。

俺は優しく太ももに触れる。

パンツは熱くてズボンの中は熱気がすごかった。

あおいのあの部分はヌルヌルに濡れていた。

その上からあおいのクリに触れると「アッ」て声を漏らした。

俺は何回も触った。

あおいは声を堪えて堪えて苦しそうな顔をしていた。

そしてズボン、パンツを脱がせ、あおいのヌルヌルのアソコに指を入れる。

優しく手マンをした。

たまにクリを触ると、すごく身体をねじらせた。

それが凄くエロかった。

俺は服を脱いで急いでゴムを付ける。

あおい「◯◯・・・、うちしたことない」

俺は正直ビックリした。

もう経験済みやと思ってた。

俺だって童貞なのに・・・。

俺「俺も。大丈夫、痛かったらすぐ言うてな」

あおいは頷く。

少し乾いたあおいのアソコを再び優しく触る。

そしてゆっくりゆっくり少しずつ少しずつ、あおいの中へ入れていった。

あおいの中はものすごい熱かった。

ねっとりキュッて締めてきて、正直すぐにもイキそうだった。

あおい「はぁッアッアッ」

あおいは頑張って声を堪えていた。

俺「はぁはぁ・・・好き、好きやで」

奥まで入ったとき、今までにないくらい強く強く抱き締めあった。

本当に好きって思えた。

あおいにも、「好きだよ」って言われた。

そのまま裸で抱き合ったまま寝た。

朝、あおいに起こされ服を着る。

夢か現実か判らなかった。

あおい「昨日のことはぜーんぶ嘘!」

笑いながら言ってきた。

俺「え?」

あおい「嘘やの。まぼろしw」

俺「どういうこと?」

あおい「嘘ってこと、もうそういうこと」

俺が理解に苦しんでると・・・。

あおい「もう、早く行ってよ、起きないうちに」

たぶんみれいのとこって意味だよな。

俺「ごめん」

あおい「いいかーらー!」

俺「あおい、待っててな。俺は嘘じゃなくて本当だから」

あおい「わかったから早く行って!」

俺「おう」

んで、あおいの部屋を後にした。

(まさかあおいと卒業するなんてな・・・)

罪悪感いっぱいでみれいの部屋へ向かった。

みれいはスヤスヤ寝てた。

それからみれいの受験が終わるまで、あおいとはほとんど関わらなかった。

受験が終わり、落ち着いた頃、俺はみれいに別れを告げた。

あおいが好きなことも伝えた。

みれいとは数ヶ月会わなかった。

それで今はあおいと付き合ってます。

あおいによると、一時期はみれいとクソ仲悪かったらしい。

でも何ヶ月か経って、何にも無かったように、吹っ切れたように普通になったらしい。

俺に対してもそうだったかな。

みれいに別れを告げた時は凄く大変やったし、正直修羅場だったし、あんなみれい見たことなかったな。

今では新しい彼氏もいるみたいだよ。

でも3人でも遊びに行ったりするようになれたよ。 
サンプル