pic-0212001079
姉がホテヘルをやっていたエロ体験談

ホテルヘルスのホームページで姉の裸を見てしまった・・・。


今年のGWにオレは京都にいる友人のところに泊まりで遊びに行った。

翌日、大阪の風俗に遊びに行く事になったので、事前にパソコンのホームページで情報集めしてる時に発見。

顔は化粧のためか若干いつもと違ったが、姉にソックリだ。

姉は私立女子中学・高校に通っていて、その当時は男がいる雰囲気ではなかった。

サンプル
大学は地元ではなく、1浪した後大阪の大学に進学していて、現在は1人暮らしの21歳。

(姉のおっぱいってこんなだったんだ・・・)

興奮とは少し違う変な感情が湧いた。

小学生の低学年の頃は一緒に風呂に入ってたけど覚えていない。

『可愛いルックス、おっとりとした性格で、ベッドの上でもMなんです』

そうホームページで姉が紹介されている。

ちなみにホームページでは姉は19歳になってた。

オレがホームページを見ながら、「姉貴かも・・・」と言うと、友人が「良い体してるな。遊んでみたい」と興奮。

翌日、オレは違う店の女の子と遊んだ後、友人はパネル指名した姉と遊ぶ事になった。

姉は“未経験新人”とホームページに書かれていたけど、人気があるみたいで待ち時間が結構あり、タイムラグが出来たためだ。

友人と姉は初対面だから、姉が不審に思う事はなかっただろう。

友人と女の子が店から出てきてラブホに向かうところを、オレはコンビニの中から見ていた。

地元にいる時よりも化粧はやや濃かったが、やっぱり姉だった・・・。

2時間30分くらい経った後、友人と合流して居酒屋に行った。

友人「お前の姉さん凄く良かった。リピートするよ」

友人は満足そうにビールを飲みながら言った。

友人の話は、まるで姉を寝取られたように感じて不思議と興奮した。

実際姉とそのような関係は無いし、今後もあり得ないのだが。

友人「凄くイチャイチャしてくれるし」

友人と姉はお互い下着を脱がしっこしたらしい。

ブラジャーを脱がして形の良い巨乳を見た時、友人は思わず両手でおっぱいを揉みながら乳首を舐めたとの事。

しばらくして姉が、「シャワーに行こう」と手を繋いで浴室に案内した。

歯磨き、イソジンでうがいをした後、シャワーへ。

浴室では特に変わったプレイはなく、シャワーの後の混浴では友人が後ろからおっぱいを思う存分揉んでディープキス。

姉は積極的ではなかったが、友人のディープキスをしっかりと受け止めてくれたらしい。

その後、セルフでバスタオルで拭いた後、ベッドへと向かった。

友人「姉さんは受け派だな。Sの男には堪らん。良い声で喘いでくれるし」

ベッドでは友人が攻めに徹したらしく、ディープキス、首筋、おっぱいと愛撫した。

ホームページでも、姉の性感帯はおっぱいと書かれていたがその通りらしかった。

おっぱい好きな友人が丹念に強弱をつけてピンクの乳首を舐め続けると、姉はそれまで吐息だったのが喘ぎ声を出し始めたらしい。

その後クンニをしようと姉の下半身を見たら凄く濡れていたとの事。

姉のフェラはまだまだ未熟らしく、なかなか友人はイケそうになかった。

友人が「入れていい?」とお願いした時、姉はすぐに「ダメよ(笑)」って言ったので友人も諦めたらしい。

セックスはしなかったんだと、オレはホッとした。

最後はシックスナインで口内発射。

友人は話し終えると携帯の画面を見せてきた。

画面には女の子の顔は写っていないがヌードが。

オプションで姉を写メ撮影したらしい。

2枚目は下半身が。

パイパンだった・・・。

姉は知らないうちに店からたくさんのオプションを可能にされていた。

元々陰毛は薄かったが、数日前にオプションの剃毛をされたとの事。

それ以来、パイパンにしてるらしい。

友人「明日からはオプションの数を減らすみたいで、写メも今日までだったらしい。ラッキーだった」

友人は姉との雑談の内容も教えてくれた。

だけど、オレが1番知りたかった、『なぜ風俗を始めたのか?』については聞かなかったらしい。

友人「そんな事聞いたら女の子のテンション下がるし、本当の事も言わないだろ」

また、ホームページでは19歳となっていたが実際は21歳の学生である事(これは事実)。

今は恋人はいない事。

生理が無ければ週2回くらい出勤していて、年末くらいで風俗を辞める事。

まるで恋人のように接してくれる姉に友人は気に入り、今も月に1回くらい遊びに行っているらしい。

盆休みに5日間だけ姉は里帰りしてきた。

付けまつ毛をしていない等、化粧が薄い普段の姉で少し安心した。

性格もいつも通り優しいけれどクールな感じ。

友人から聞いた甘えたな性格は全く感じられない。

女性って恐ろしいって思ってしまいました。

オレの家族は平凡なサラリーマンの家庭で、下ネタも言える雰囲気ではない。

オレも風俗の事は姉に聞けなかった。

姉は地元の親友の女の子とお茶したりするなど、まったりとした日々を送り大阪に戻っていった。

以上で終わりです。 
サンプル