kimamamh0412000019
温泉で知り合った夫婦との3Pセックス体験談

じじくさい趣味だが、俺は温泉が好きで、休みの日に予定がない時は1人で日帰り温泉やスーパー銭湯に行く。


その週は全く予定も無かったので、土曜日の朝から少し遠出して隣県の日帰り温泉に行った。

かなりの山奥で、そもそも客が沢山来るようなところでは無かった上に、午前中のうちに着いてしまったので駐車場もガラガラだった。

俺が入った時には大浴場にはおじいちゃんが2人いるだけで、体を洗っているうちに、おじいちゃん2人も上がっていき、一時的に貸切状態になった。

サンプル
いい年こいて、湯船で泳いだりしながら実に広々と満喫できた。

そのまま露天風呂に出て、また少し浸かった後、普段はあまりしないことだが、石のベンチで顔の上にタオルを置いて、仰向けで寝転んで休憩していた。

そのまま少しウトウトとまどろんでいると、露天風呂におじさんが一人、入って来た声がした。

「おっ!露天に人がおったんか!?」

おじさんは「うぇ~ぃ」と言いながら露天風呂にゆっくりと浸かった。

俺も立ち上がり、再び露天風呂に入りにいった。

すると、おじさんが急に声を掛けてきた。

「お兄ちゃん、エラい立派なチンポしとるなぁ~」

ふと目を落とすと、まどろんでいるうちに2分勃ち状態になってしまっていた。

2分勃ちなので、まだ重力が勝ってて真下を向いている。

平常時でこのサイズに見えたのなら、確かにかなり立派なモノだろう。

しかし俺は、この言葉の意味を図りかねていた。

温泉でこんなことを言ってくる男性といえば、アッチ系のお誘いではと・・・。

「えっ!?あっ・・・いや、俺・・・その気はないんで・・・」と答えると、おじさんは焦って、

「違う違う違う!そういうのじゃないって!!」と物凄い勢いで否定してきた。

俺は安心して、おじさん(以下加藤さん)の向かいに座って話し始めた。

「ゴメンナサイ(笑)。急に言われるから勘違いしましたよ~」

そして、湯船の中で股間が収まったのを確認して、再度立ち上がって、

「さっきはウトウトしてて半勃ちだったんで、ホントの平常時はこんなもんですよ」と加藤さんにもう一度じっくりと見せた。

「いやいや、これでも十分デカいわ~羨ましいわぁ~」と加藤さんも立ち上がって見せてきた。

自嘲する加藤さんのモノも決して小さくはなく、真っ黒な亀頭もそこそこの重量感で目立っていて、

どちらかというと立派な部類に入るのではないかと思ったが、確かに俺よりはひとまわり小ぶりだった。

チンポを見せ合った所為か、一気に距離感が近づいた気がして、その後も色々と話をして意気投合してしまった。

話によると、加藤さんは47歳で金融系のサラリーマンらしく、去年の春に一人息子が東京の大学に進学して家を出てしまったので、

4つ年下の奥さんと旅行や温泉巡りを楽しんでいるそうだった。

温泉から上がると、その奥さんが一足先に上がって待っていた。

友近風のなかなか綺麗な奥さんだった。

ピタッとしたTシャツ1枚で、エロい体のラインに少しドキッとしてしまった。

そのまま俺たち3人は、温泉に併設されたレストランで昼食をとった。

すると昼食後、奥さんがトイレに立っている隙に加藤さんが小声で予想外のことを言ってきた。

「どう?うちの嫁さん」

俺は普通に意味が分からず、「えっ?どうって?」と聞き返すと・・・。

「いや、だから、抱けそうか?ってことよ」

俺は急な話に頭が混乱してしまったが、よくよく聞いてみると、

加藤さん夫婦は温泉巡りの楽しみの1つで、そこで出会った夫婦やカップルとスワッピングしたり、一人客と3Pを楽しむのだそうだ。

俺は別に熟女好きというわけではないし、40の大台は超えたこともないが、あの顔と体ならイケそうだったし、

据え膳食わぬは・・・みたいな話を風呂の中で散々していた手前、断るのもどうかと思いお受けすることにした。

加藤さんはトイレから帰ってきた奥さんにOKサインを送ると、奥さんは俺にペコリと頭を下げて、「ヨロシク」と言ってきた。

温泉施設を後にした俺達は、加藤さんの車を先導に、高速のIC近くのラブホに2台で入った。

温泉に入ってきたばかりなのでシャワーも浴びずに、早速服を脱ぎ捨てて、真っ昼間から40代の夫婦との3Pが始まった。

加藤さんは全裸でソファーに座ったまま、奥さんに指示を出し始めた。

「ほら、早く剛君のを元気にしてあげろよ」

奥さんは言われるがままに俺のモノにしゃぶりついて来た。

さすがに年の功かフェラテクは素晴らしく、一瞬でフル勃起状態になってしまった。

「これ・・・ホンマに凄い・・・」

奥さんは頬ずりしながら執拗に舐め続けてきた。

俺のモノも痛いほど怒張してきて、血管も浮き上がり、ドクドクと脈打ち出したので、一旦口を離させて、ベッドに移動して69の体勢にさせた。

奥さんのアソコはピンク色で綺麗・・・というわけにはさすがにいかなかったが、匂いも無いし、20代でもこんなマンコのヤツいるよなってレベルだった。

しっかりとクンニしてあげると、感じやすい体質なのかボタボタと顔の上におつゆを垂らし始めた。

しばらく続けていると奥さんの腰がガクガクと震え始めてきたので、体勢を入れ替えて今度は奥さんを仰向けにさせて、手マンでもう一攻め。

奥さんを手マンしながらソファーの方を見ると、加藤さんはこちらを見ながら股間をフル勃起させていた。

ここで俺もSっ気が疼きだして、加藤さんに声を掛けた。

「加藤さんの奥さんエロいですねぇ~。もうこんなに感じてしまってますよ。加藤さんも見てるだけじゃなくて、こっち来ましょうよ~」

加藤さんは俺の声に応えてベッドに来ると、俺に手マンされている奥さんの口にチンポを押しやりフェラさせた。

なおも攻め続けていると、奥さんの体は反り返り、軽く果てたようだった。

奥さんの息遣いはそれまで以上に荒くなり、早く挿入するよう懇願し始めた。

俺は口元の方に移動し、両手で加藤さんと俺のチンポを握らせるような体勢になった。

平常時でも一回りの差があったが、勃起状態ではその差はさらに広がっていた。

俺もこのAVのような状況に興奮してきて、AVのような言葉責めを始めた。

「入れて欲しいって、どっちのチンポが欲しいの?」

「こっち・・・」

「こっちじゃわからんよ!」

「剛君の方・・・」

「えっ!?旦那さんの方じゃ無くていいの?なんで?」

「大きいから・・・」

「大きいだけ?」

「太い・・・」

「太いだけ?」

「硬い・・・です」

「じゃあ、もう一度ちゃんとお願いして!」

「大きくて、太くて硬い剛君のチンポを入れてください!!」

ここで俺のドS魂が炸裂した。

「ダメ~!先に旦那さんのを入れてもらって下さい。それで旦那さんをイカせられたら、ご褒美に大きいのを入れてあげます」

加藤さんは俺ペースの展開に少し困惑気味だったが、俺に促される形で正常位での夫婦セックスが始まった。

俺は奥さんの胸を揉んだりしながら声を掛け続けた。

「ほら、早く旦那さんをイカせないとご褒美あげませんよ。加藤さんも、旦那より他人のチンポを欲しがってる淫乱な女にお仕置きで返り打ちにしてやって下さいよ~」

若造にハッパを掛けられたからなのか、もともとそうなのかは分からないが意外と激しいセックスで、見ているこっちも興奮するほどだった。

勝手なイメージかも知れないが、40代夫婦のセックスって、もっとまったりとしたものかと思っていた。

やっぱり奥さんは感じやすい体質なのか、先にイカされていたが、20分ほどで加藤さんも年甲斐も無く大々的にブチ撒けて果てた。

ここまでで奥さんは俺の手マンで1回、加藤さんに2回イカされていたので、体力的に大丈夫かとも心配したが、

それこそ据え膳食わぬはで俺の方も収まりがつかない状態だったので、肩で息をする奥さんに構わずご褒美をぶち込んでやった。

奥さんは喘ぎ声とも悲鳴ともつかない声で鳴いていたが、思いのほかあっさりと奥まで俺のモノを受け入れてくれた。

「ちょっ・・・奥まで来てる・・・」

奥さんには未知の体験だったようだが俺の方は1週間射精してなくて溜まっていたせいか、いきなりフルスロットルでガンガンに腰を振り始めた。

奥さんの腰が浮き上がる程のハードな突き上げに、加藤さんも呆気にとられながらイキ狂う自分の妻を眺めていた。

15分ほど無言でガムシャラに突きまくったところで射精感が襲ってきたので、奥さんの反応を見て、ここは我慢せずに一旦イッておくことにした。

事前に中出しOKと言われていたので、そのまま中で出すと、1週間溜まっていた所為か自分でもビックリするほど大量の白濁液を奥さんの中に注ぎ込んでしまった。

引き抜く時に、ブチュブチュと音を立てながら、自分のカリで掻き出されるように、溢れ出してきた。

引き抜いた後も、精液の泉のように後から後から溢れ出して来ていた。

奥さんは意識朦朧としながらも体を起こして、俺のモノを舐めて綺麗に掃除してくれた。

俺のモノは奥さんが舐めてくれている間もまだギンギンだったし、もう一発ぐらいやらないと満足出来なかったが、

奥さんの方が限界っぽかったので、泣く泣くここで終了とした。

ホテルを出る時にメアド交換ぐらいしようかと思ったが、加藤さん曰く、「一期一会で連絡先は交換しないことにしている」とのことで、差し控えた。

奥さんの方はかなり名残惜しそうだったが(笑)
サンプル