qwer
昔の同僚である人妻との中出しセックス体験談

今まではソープばっかりだったのですが、此処最近は田舎でもデリヘルが増えてきたのでちょいちょい利用するようになりました。


最初は結構若い子ばっかりのお店が殆んどだったのですが、人妻系も多数出てきました。

やはり、若すぎると話も合わないし、病気に関して余りにも無頓着(^_^;)、オ○ンコも綺麗にしていない子が多くて(^_^;)。

指マンするとその日一日指がくさいって事もあったので、人妻系に絞って最近は遊んでました。

だって人妻系は、ほぼ100%、本番OKですから・・・。

チップ無しの人妻も多いんですよ(^_^)v。

デリヘルは会うときが緊張するよね。

知っている人が来る、ってことはまず無いって思うのですが・・・。

何度人妻ヘルスでゴムつき本番したことでしょうか?

最近地元で「綺麗な人妻が揃っている」と評判のところにはまるようになりました。

そこのお店で5人目の人妻をデリバリーしてもらった時の事です。

ドアがノックされて開けてみて直ぐにお互いにわかりました。

昔の同僚でした。

お互いに

「あれっ?○○さん?」で始まり、

「どうすんのよ~(^_^;)」

「もうこうなったら本番しちゃおう(^_^)v」

「え~~~っ?」

「絶対誰にも言っちゃ駄目だよ~~!」

「うん、勿論!←ウソ(^_^)v」

でもまさかこのときは生中出しに発展するとは思いもよらず・・・・。

知っていた女にフェラされる気持ちよさ。

一気にこちらは燃え上がります。

フェラさせながら得意の指マン開始!

もう相手はメロメロです(^_^)v。

部屋中に響く大声で

「ああぁぁぁぁ~~~!」

「いいぃぃぃぃ~~~!」

もうそろそろ40に近い女なんですが結構しまりもよく、Gスポットもザラザラとしています。

こうなったら女の方から

「入れて、生で入れて」と言わせるしか有りません!

一生懸命汗ダラダラで責めてあげました!

女はお汁ダラダラ状態(^_^)v。

受け入れ態勢万端です(^_^)v。

「入れていい?」

「早くちょうだい!」(^_^)v

「何を入れて欲しいの?」

「オチ○チン!」(^_^)v

「どんなオチ○チン?」

「大きくて硬い!」(^_^)

「何処に入れて欲しいの?」

「オ○ンコ!」\(^o^)/

「誰の?」

「美和の!」\(^o^)/

「最初から全部、大きな声で言って!」

「○○さんの大きいチン○ン、美和のオ○ンコに入れて~~!早くちょうだい!!」(^0_0^)

いや~、アダルトビデオの世界だ、ホントに言いやがるの。

では、遠慮なく、当然生で自慢の巨根をお見舞いしてやりました。

「はぁぁぁぁ~!、いぃぃ~~!すごいっ!!!」

「中で出していい?」

「えっ?、だめよ、絶対!」

「解かった、外に出す」←大嘘(^_^)v

後はバツ一、1人の子持ち再婚の女の割には結構具合の良い物を堪能させていただきました。

最近、中折れになるもので、一旦出してマン汁だらけのチン○を綺麗にさせてもらいます!

「ほらっ!、綺麗にしろ!」

「ふごっ、ふあい(は、ハイだと思う)!」

そしてカチカチに復活した棍棒を再び濡れ濡れのオ○ンコに!

再び部屋中に女のよがり声が響きます。

「気持ちいいか!」

「気持ちいい!!」

「あぁぁっ!ずごいいぃぃぃ~~!!」

「中に欲しいか!」

言葉も無く頷く女・・・(^_^)v

真っ赤に上気した女の顔を見て再確認!

「このまま中に出すぞ!」

「うん!○○さんの一杯オ○ンコにちょうだい!!」\(^o^)/

さぁ、ラストスパートです!

またまた部屋中にあえぎごえが・・・

その声の色っぽさにこちらもそろそろ限界が・・・

遠慮なく、女の一番奥に大量に放出させてもらいました。

行った後もお互いに余韻に浸るように、チン○を奥に入れたまま・・・

暫くして抜いても白濁液は出てきませんでした・・・

お互いの物を洗いっこしているときに女が一言

「赤ちゃんできたらどーしよー・・・」

「んなもん、知るかいな、同意の上でしょ!(^_^)v」

「え~~・・・」

さ、することしたし、さっさと帰ろう。

でも帰るときは源氏名教えてくれて

「また気が向いたら呼んでください・・・・」って。

言われなくても呼んでやるよ、そしてまた一杯つぎ込んでやるよ・・・

いやいや、チップも無く、安い料金で生中出しできるなんて・・・

やったね!

追伸、此処のヘルスは本番100%!、「今日は中出しOKです!」って聞く前に言う女もいたりして(^_^;)。

便利なもんができたわい(^_^)v。

初投稿で長々とどうもすいません。

でもこれは100%事実に間違い有りません(^_^)v

とある地方都市に有ったことですよ・・・・・
サンプル