l_509346356ea5c2f141f1b30aa09d0183
兄嫁のパンティでオナニーした体験談

俺の好きな相手は絶対結ばれない相手


何故なら好きな相手は、兄嫁

だからいつも妄想の中で
兄嫁を寝取り、激しくSEXしているシチュを想像し
オナニーをしていました

ある日、兄夫婦の自宅に泊まりに行く事になったんです

大好きな兄嫁に会えると
俺はテンションアゲアゲ

そして、皆が寝静まった後、
前々からしようと思っていたことを実行したんです

それは、兄嫁のシミ付きパンティオナニー!

足音を忍ばせ、洗濯機の前にいき
兄嫁の下着を漁る俺

そして、見つけたんです

クロッチがオシッコで
黄ばんだ兄嫁のシミ付きパンティ

チンコをギンギンに勃起させ、
その場で、シミ付きパンティー履いて
オナニーしてたんです

兄嫁のリアル女体は手に入らないけど、
しかしシミ付きパンティの匂いを嗅いだり、
はいたりすると、寝取った気分になれて
物凄い興奮してくるんです

お義姉さん大好きー

俺のチンコがお義姉さんのおまんこに入ってるよー

とか寝取りシチュを妄想しながらオナニーしていると
トイレに起きて来たみたいで本人に見つかった

ちなみに兄嫁は身長150cmぐらいのロリ体型で
決して細くは無いけど可愛らしい
感じのちょいポチャロリ三十路熟女

乳は身体に似合わないぐらいの爆乳。

多分G~Hはあると思う。

ブラチェックしたかったのだが、
ヌーブラらしく、カゴにブラ無かったし
ブラ線見えてなかったからほぼ間違い無くヌーブラ

そんな可愛くて大好きな兄嫁に
この異常なシチュを目撃されてしまった

「ちょっ!なにやってんのよ!」

「ご、ごめんなさい!!」

あとは何言ったかよく覚えてない。

とりあえず覚えているのは

「前から義姉さんの事が好きで、つい」

とか

「誰にも言わないで」

などもう何をどうしたか必死で
内臓全部飛び出すかと思った。

「夜中だしみんな起こすわけにも行かないし、
皆には、とりあえず伏せとくから
もう二度とこんな事しないで!」

と怒られた

兄嫁の眼には明らかに涙が

結構好かれようと思って
今まで信頼築いてきてもうこれでダメだ!

と思い、とりあえず就寝。

翌朝、朝一発目の「おはよー」は、
明らかに暗かったが
それからのみんなとの会話は
結構今まで通りのトーンで会話してくれる。

どこまで怒ってるのかも分からず昼頃帰る事に。

あれから俺とは会ってないが、
今後の付き合いが難しい
サンプル