22_20130910064802acc
息子の友人達に輪姦された体験談

夫が会社を経営していまして

優雅な有閑マダム生活を過ごしています

自宅は都内中心部にあり、
稼ぎの良い夫のお陰で
仕事をする必要もなくセレブな専業主婦をしています

私には中学生3年生の息子と
小学校6年生の娘の4人家族なんです

幸せな有閑マダム生活を
過ごしていたんですが

そんな私に事件が起きたんです

いつも遊びに来る息子の友達の大雅君から
デートに誘われたのだ。

「おばさん、日曜日
ディズニーランドへ2人で行かない」

「何を言っての。
どうして、わたしみたいな
おばさんと行きたいの。
2人で行くなんて変でしよ。
もし行きたいなら友達といけばいいでしょう」

「おばさんと行きたいのだけど。
断られたなら、仕方ないね」

息子の友達の大雅君は
がっかりした様子だった。

ただ、そんな大雅君を見て、
わたしは少しうれしくなった。

暮らしには不満はないが、
性生活には大いに不満があった。

ここ2年間全く夜の営みはなく
セックスレス夫婦

もともと回数は多くはなかったが、
全くないのは辛かった。

夫にお願いしたが、
疲れてるとか
その気にならないとか言われ、
断られていた。

その日も、悶々とした気持ちが高まり。

午後寝室で恥辱なことをされる事を想像して、
自慰をしていた。

声も出ていたと思う。

私はちょつとマゾなところがあって、
恥ずかしいことや虐められるようなプレイを
想像するのが大好き

絶頂に達しようとした時、
人影が見えた。

「誰、そこにいるのは」

「見つかっちゃたか。大雅です」

「そんなところで何をしているの」

「おばさんに会いたくて、
無断で侵入したら、
変な声が聞こえてきたので、
近づいたんだ。おばさんは何をしていたの」

「調子が悪くて寝ていたの」

「うそだ、オナニーをしていたのだろ
携帯の動画で盗撮したから!」

「携帯を貸しなさい」

「嫌だょ」

と叫んで大雅君は
足早に家を出て行った。

携帯の動画に撮られたことが
非常に気になっていた。

そんな時ふらりと大雅君が
私が一人でいるところにやって来た。

「おばさんこんにちは」

「あっ、大雅君」

私はどきどきしながら
息子の友達を見た。

彼は色々話すのだが、
携帯の動画については、
触れようとしない。

思わず私から

「盗撮したあの動画は消してくれた」

と聞いてしまった。

「あの携帯の動画?
おばさんがオナニーしていたやつ」

「違うわよ。寝ているところを撮ったのよ」

「どうして、寝ているところの
動画が気になるの。
あの時おばさんは大きな声で喘いでいたし、
服も着ていなかったよ」

「ね、お願いだから、
私の恥になるから、消しておいて」

「どうしようかな。せっかく撮れたものだし、
消すには条件があるよ
この間断られたディズニーランドへ
行ってくれるなら考えるよ」

「え、ディズニーランド。
いいわよ、ただし私の息子も
連れて行っていいでしょ」

「嫌だよ。それじゃデートでなく、
父兄同伴になっちゃうじゃないの。
行くなら2人きりだよ」

困ったが、あの動画が
他の人に見られてしまうかもしれないと
考えると承諾するしかないと思い、承知した。

「わあ、うれしいな。
父兄同伴じゃないのだから、
僕に合った服装にしてね」

「そんなの無理よ」

日時を決め、
車で現地へ行くことに

主人と子供たちにはクラス会が
あって日曜はいないと説明した。

当日、できる限りのお洒落をして、
出発した。

「服装は、地味だね。
それじゃやはり、父兄同伴に見えるよ。
ディズニーランドでは
結構年齢が高い人も派手だよ。
ディズニーランドで僕が決めるから購入して、
着替えて」

彼が決めた服装は、
赤のTシャツとかなり短いミニスカート

抵抗したが無理やり購入させられ、
着替えることに

Tシャツは小さいサイズだったので、
私の大きめの胸が目立ってしまう

すごく恥ずかしくて
知ってる人に見られたくなかったので、
サングラスを外せなかった。

様々なアトラクションやショーを見た。

大雅君は、時々肩に手を回したり、
手を握ったりしてきたが、
気にしないようにした。

遅くなり、帰るために車に乗った。

その時、突然彼が私を
抱きしめキスをしてきた。

強く抵抗したが、彼の力にはかなわず、
おっぱいまで強引に触られてしまった。

「何するの。大雅君の両親に言うわよ」

「言ってもいいよ。
話したら、2人でディズニーランドへ来た
理由も言うけど。
動画を消すのは、もう少し待って」

動画のこと、ディズニーランドでの
出来事すごく気になっていた。

そんな時変なメールが届いた。

私が自慰していた
動画が入っていたのだ。

全身裸で、喘いでいる声が
はっきり聞こえた。

発信人は貴女の恋人となっていたが、
間違いなく大雅君だろう。

主人や子供たちが帰ってきても、
気持ちが落ち込んできちとした
会話ができなかった。

深夜うとうとしていると
誰かが肩をたたいた。

振り返るとそこに大雅君がいた。

「やあ、おばさん。メール見たかい」

私は気が動転して、
何も言えなかった。

「結構、うまく撮れていたでしょう。
もっと別な動画をとらせてくれない」

わたしは小声で

「主人が起きてしまうわ。
居間へ行ってくれる」

とお願いした。

居間へ移動すると、
きゅうに彼は強く私を抱きしめた。

力の限り抵抗したが、音が漏れるのが怖く、
しばらくすると抵抗を諦めた。

彼は体も私より大きく力も強かった。

さらにキスをされた。

軽いのでなく、
口の中に深く強引に舌を入れられた。

久々のキスだったので、
体の力がぬけてしまった。

彼は私のパシャマの上着を脱がし、
乳房を露にし強く揉んだ。

「きれいで、大きなおっぱいだね。
愛撫しながら、写真をとるよ」

私は両手で胸を隠そうとしたが、
いきなりビンタをされた

後は彼のされるがままで
犯されるように、写真を大量に撮られ、
繰り返し胸を愛撫された。

そしてバジャマズポンも脱がそうとした。

「お願い、それだけはやめて」

必死に縋ったが、
無視され脱がされ、下着も取られ、
私は無理やり全裸になった。

彼は私の秘所に顔をあて、
激しく舐め始めた。

私の体は既に興奮状態になっていた。

相手が誰かは構わない

私を貫いて

私は息子の同級生に
犯され、そして感じてしまった

久々のセックスで
私の中で眠っていたものが、
起き始めた。

相手は息子の友達

それも中学生の少年とSEXなんて
ショタコンじゃあるまいし

こんな禁断の関係は
絶対やめなければいけないという気持ちと、
また抱かれたいという
気持ちの二つが交錯した。

そして、またメールがきた。

メールには私の裸の写真が多く
添付されていた。

そして、今日の12時に
下着姿で来いと指示があった。

夜中、家を抜け出し
神社に到着した。

そこで、指示通り下着姿になり
露出する事に

「よく来てくれたね。
ナイスボディだね」

息子の友達はまた、
写真を撮り始めた。

「やめて、誰か人がくるかもしれなわ。
早く家に帰して」

「まずは、そこのベンチに座って」

彼は、私の隣に座り肩に手を回した。

私の顔を眺めた後、
キスをしてきた。

ディープキスだ

抵抗はしたが、見せかけだった。

キスをしながらブラジャーを外され、
愛撫され

「いいおっぱいだね。
僕は君の体の中で、このおっぱいが一番好きだよ。
大きくて柔らかくて触りがいがある。
乳首を吸うと乳房の肉が
僕の口いっぱいに入ってくる」

更にバンティーを取られた。

「立って、後ろを向いて」

そういうとお尻を強く掴み広げ
肛門を舐め始めた。

アヌスを舐められるのは初体験。

それも人が来るかもしれない
神社で全裸にさせられ、
野外アナルプレイ

逃げ出したいという
気持ちもあったが、
同時に官能の嵐が自分を襲い、
私の秘所は雫がたれ落ちるばかりに濡れていた。

その濡れた秘所を彼は吸い上げた。

そして立ちバックで挿入され
野外SEXで犯される事に

もう敏感になっていた私は
挿入された瞬間、膣イキする
ふしだらな私

その日は6回も膣イキ

もう私は戻れないかもしれない。

こんな妻、母親で
主人と子供たちに
申し割けない気持ちでいっぱいだった。

何故、こんな投稿をするのか。

不思議に思っている人もいるでしょう。

これは、私の意志ではなく、
大雅君に投稿されているからです

彼からは様々な要求がされていますが、
この投稿もそのひとつです。

「少年との体験」

というサイトさえ、
以前の私は知りませんでした。

大雅君の部屋で彼のパソコンで今、
記載しています。

私が今着衣しているのは、
彼に言われてエプロンだけです。

彼は裸エプロンになった私の後ろで、
首筋を舐めたり、顔を彼の方へ向けさせ
キスをしたり、
旨を鷲掴みしたりいたずらをしています。

今日も犯されるでしょう。

この土日、彼の両親は遠方へ
旅行に行っており、
来るように指示されたのです。

この2日間の出来事は後日また記載します。

今私は彼から「艶美」と呼ばれています。

彼から命名されたのです。

息子の友達に調教され、
性奴隷になっています

動画とか写真の性もあるのですが、
恥辱的なことをされるのが
好きな私の気持ちに原因があります。

主人と子供たちには、
不在について色々言い訳をしていますが、
いつかばれるのが、とても心配です

最近、6年生の娘から
お母さんきれいになったと言われ、
どきどきしました。

彼によると、父親は
芸能プロダクションの役員

自宅にもタレントの出入りが多かったそう

13才の時、結構有名なタレントと
ホテルで初体験をして、童貞を卒業した

それ以降も熟女を中心に10人以上の
経験があるとのこと。

彼の自信に満ちた行為がそれを物語っている。

ある日、ホテルに呼び出された。

自慰を見られた日より、
自慰はしておらず、
欲求が高まっていたので、素直に従った。

「艶美、アナルの経験はあるのか」

「あなた、私にある訳ないでしょう。
あんなことは一部のマニアだけがしていることよ」

私は彼に対し、
あなたと語尾を上げて言うように指示されていた。

「そんなことはないよ。
みんなしているよ。
今日はアナルに挑戦だ
じゃ、浣腸して肛門洗浄するぞ」

「あなた、止めて、絶対嫌よ」

押さえつけられると、
いつもの性癖で力がぬけ、
下着を脱がされお尻を
大きく開かれてしまった。

彼は太い注射針で2回浣腸液を
私のアヌスに注入

すぐにお腹が苦しくなってきた。

「あなた、トイレに行かせて」

懇願したが、許してもらえず、
洗面器を持ってきて、
ここでしろと言われた。

いくらセックスをした中でも、
脱糞する姿は絶対見られたくなかった。

彼は私の秘所とアナルを何度も
指でこすった。もう我慢が
できなくなった。

私は彼の前で、
大便を洗面器にして
ウンチを放出してしまったんです

「ちょっと臭いがきついな」

彼は窓を開け、呆然とした私を抱え、
バスルームへ連れて行った。

アヌスにローションを、
指でなすりつけた。

私は抵抗もせず、
その快感を味わっていた。

そして生まれて初めてアヌスに挿入

相当な痛みを予想していたが、
実際はわずかで太いウンチが
お尻に残っている感じだった。

そして彼が腰を動かし始めると
膣以上の気持ちよさが私を包んだ。

その日彼は、あすこに2回アナルSEXし、
肛門射精を3回した。

「艶美、神社の時、何故あんなに濡れていたんだ」

「知らないわよ。
あなたが変なことをするからでしょう」

「たぶん日中人が、集まる場所で下着姿にされ、
更に下着を脱がされ、全裸になったからじゃないか。
艶美はマゾで露出するのが好きなんじゃないか」

「違うわよ」

彼は携帯でどこかに電話していた。

そして

「艶美行こう」

と言って私の手を引っ張った。

「あなた、どこに行くの」

「艶美の喜ぶ場所だよ」

着いた場所は盛り場のストリップ劇場

まだ、早い時間だったので、
営業はしていなかった。

彼は店の従業員と話をしていて終わると、
彼は

「来月ここで踊ってもらうよ。
艶美が出演するタイトルは、
露出大好き変態人妻の最初で最後のストリップ。
まな板本番ショーもだよ。
これから店の担当者が、
踊りを教えてくれるからがんばって。
僕は帰るから」

「何言ってるの、
あなた。そんなことできる訳ないでしょ」

「艶美は裸を見られるのが、好きでしょ。
当日は知らない人の前で踊るのだから、問題ないよ。
とにかく僕の命令は絶対だよ。逆らわないで」

私は黙るしかなかった。

「じゃ、奥さんこっちへ来て」

と店の従業員が舞台へ呼んだ。

すごく恥ずかしい服装をさせられ、
店の従業員が3人いる前で踊りの練習をした。

初めて、複数の人前で裸になった。

恥ずかしいのだが、すごく感じてしまって
足元が少し濡れてしまった。

従業員は若いね、20代後半とか
良いからだしてるね。

ウチの踊り子よりグラマーだね。

ウチでずつと働かないとか言われ体をベタベタ触られた。

「艶美、今日は舞台の日だね。
準備はできていると思うけど頑張って」

私は大雅君と一緒にストリップ劇場へ向いました。

先月のレッスンの後、家でも練習しましたが、
プロには全然かなう状態にはありません。

それより、専業主婦で社会をあまり知らない私が
多数の男性の前で踊り、脱ぎ、
全裸にならなければいけない。

もし、主人や子供たちがこのことを、
知ったらどう思うか。

大雅君を恨みました。

だが同時に多数の男性が、
私の裸を見つめると考えると、
淫らな心情が自分を襲いました。

ストリップ劇場は超満員でした。

「これから、露出大好き人妻の最初で
最後のストリップが始まります。
ナイスボディをたっぷり堪能ください。
初めてのダンスですから、
不手際もあると思いますが、ご勘弁願います」

とアナウンスが行われた。

私の衣装はおっぱいが半分以上
露出しているブラジャーと細いヒモのパンティ。

楽屋で着替えたときから、
私の女陰はびっしょり濡れてしまいました。

舞台へ登場しました。

会場は人で溢れていました。

音楽に合わせ、笑みをたたえて、踊りました。

会場の男性は音も漏らさず、
私の体を食い入るように見ていまいた。

私は始めての舞台にも、
かかわらず一人ひとりの男性の顔を見つめ、
うっとりした表情を送りました。

そしてまず、ブラジャーを脱ぎ捨て

会場から拍手が起き、
私のおっぱいに対する賞賛の声が出ました。

私はスターになった気分で、
会場全体の男性に愛撫されたいと感じました。

そしてパンティを脱ぎました。

私は三ヶ所の方向に腰を下ろして、
おまんこを指で開き観客に見せました。

「おまんこがべちゃべちゃだよ」

と声が聞こえました。

その声を契機に私は気持ちが昇りつめ、
いってしまい短時間ではありますが、
気を失ってしまいました。

「それでは、まな板本番ショーを始めます。
候補者はいますか」

の声掛けに5人の人が手を上げました。

じゃんけんで選ばれたのは、
20歳位の若い大学生風の人でした。

私にとっては、主人、大雅君、
三人目の性行為をする人です。

彼は後ろから鷲掴みでおっぱいを強く揉みました。

お尻を掴み、おまんこを激しく嘗め回しました。

私は慣れない手つきで、ゴムを口に含み、
フェラチオをしながら、
彼の勃起しているペニスにゴムをつけました。

彼はバックから挿入して、
一気に射精しました。

私も同時に頂点に達しました。

初めての経験ですが、
私はゴムを外して精液が垂れているペニスを
口に含み、きれいにしました

「艶美、ストリップご苦労さんだったな。
感想はどうだ」

「あなたの命令で、
踊ったのだけど、すごく強烈な印象だったわ」

「たくさんの人に、
艶美のむちむちした身体を見られて、
興奮したか」

「すごく感じたわ。また、踊りたいと少し思うわ」

「やっぱり、艶美は、
見られるのが好きな変態マゾ熟女だね。
若い男に犯されたのはどうだった」

「あまりに感じすぎて、
どこにいるのかわからなくなったわ」

「わかった。今日は、俺が所属している、
中学にある写真撮影同好会に来てくれ。
セクシーな服装で来いよ」

「わかったわ」

私は笑みを浮かべて返事した。

今の私は、大雅様の前では
ナチュラルにトランス状態

そして、男子中学生の
淫らな愛人となっていた。

彼の命令を全て受けてしまう
状態にあった。受けることで、
激しい官能の世界が待っているのだ。

私は胸のふくらみが、
少し見えている赤のキャミソールと、
Tバックの下着が見えそうなピンクの短いミニスカートで
部室に現れた。

途中、息子に会わないかとても心配だった。

私が中に入ると大雅様が

「今来たのが、さっき回覧した
写真のストリップ嬢だ。皆で歓迎しよう」

と紹介してくれた。

あ、ストリップの写真を見られたのだ。

息子の同級生で知っている子もいたので、
私の正体が判明しないか怖くなった。

すぐに宴会になった。

中学生なのにビールを飲んでいる。

私は15人位の中学生に、お酌して回った。

途中、ふとももを擦られたり、
お尻を撫でられたり、
胸を掴まれたりしたが、嫌な気持ちはわかず、
逆に身体が熱くなる

後半私は、脱がされて、
ストリップ舞台で着ていた胸が露出したブラジャーと、
Tバックのパンティーだけの姿になっていた。

「じゃ、ここでストリップを踊ってもらおう」

予告されていなかったので、びっくりしたが、
ストリップ場と同じ音楽が流れてきたので、
そのまま踊り始めることにした。

息子の同級生の前でストリップを踊る母親
<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする