ot005-2
子持ちの妹との近親相姦体験談

二年ほど前に妻を亡くし13歳の娘と暮らしていた。


男手ひとつで年頃の娘と暮らすのは何かと不便な事もあった。

そんな時、妹が離婚し、11歳の娘を連れて私に相談に来た。

そのまま一緒に少し暮らす事になった。

ちょうどその頃、私の住んでいるマンションの上の階に少し狭いタイプが売りに出たので、そこを買って住むことにした。

三ヶ月ほどすると食事やその他のことも一緒にする事が多くなり、休日前などはよく妹と飲んだ。

子供達も一緒に遊び・・・、と言うより姉妹の様に仲良くなって、どちらかの家に入り浸っていた。

妹もまた、私の家で食事をし、風呂に入り、泊まっていくといったおかしな生活になっていた。

女三人に囲まれ困る場面もあった。

ある土曜の朝、子供達は早々学校に行き、妹と二人で朝ご飯を食べていると、「お兄ちゃん、女三人に囲まれて大変でしょう?」と聞いてきた。

「なんで?」

「だって、パジャマの上からでもくっきりよ!どうしてるの・・・あっち!」

妹は37歳、肉付きも良く、年寄りも若く見える。

それと娘達・・・、いやでも朝は元気なまま収まらない時が多かった。

妹の質問に答えあぐねていると、「私が面倒見てあげようか?」と。

「え!」

「冗談!兄妹でそんな・・・」

そう笑う妹だったが、妹もきっと寂しいんだろうなと思うと急に可愛く見えてきて、後ろからそーっと抱きつく真似をした。

妹は、「あっ!お兄ちゃん」とは言ったが、『ダメ』とは言わなかった。

そのまま後ろから抱きすくめて首にキスをすると、妹も振り返り、唇を重ねた。

ペニスは痛いほど勃起していた。

妹のお尻に押し付けるようにして抱き締めると、裏スジをに妹を感じた。

私は妹のスカートを捲り、パンティーを下ろすのももどかしく前に手を回し、割れ目を弄りながらペニスを擦りつけ、窪みに当たった瞬間、グッ!と突いた。

勃起したモノはそのままヌルッと妹に吸いこまれ、唇を重ねながら夢中で腰を振った。

妹も私に応える様に尻を突き出し、くねらせた。

私はあっという間に昇り詰めた。

「さゆり!」と叫びながら、ビュッツ!ビュッツ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!とイッた。

私がイッた後も妹はまだ腰をくねらせ、「お兄ちゃん、好き、ずっと待ってた」と、また唇を重ねてきた。

半立ちのペニスがズルッと押し出され、一緒にポタポタと交じり合った二人の名残が滴った。

唇を重ねたまま、妹はまだヌラヌラの私のペニスを握りながらベッドに倒れ込み、そのままお互いの性器を確かめる様に舐め合った。

マンコは二人の汁が混ざり合い、べっとりと毛が絡み、つんと臭った。

妹の口の中で私のペニスは痛いほどに勃起し、時々びんと跳ねた。

「入れて!おっきいの、お兄ちゃん疲れるから」

妹が上になりグッ!と嵌めた。

全部入った瞬間、「ウッ!」と呻くと、妹は自分から腰をくねらせた。

結合部から搾り出される様にクリーム状の泡が溢れ、その度にクチャッ!クチャッ!クチャッ!と音がした。

「アー、当たるぅ!」

亀頭が奥の硬い所をコリコリと捏ねる度に妹は叫んだ。

射精感が襲ってくると動きを止めて妹の腰を押さえ、鎮まるとまた動く。

繰り返しながら30分~40分くらいそうしていただろうか?

膣襞と奥の辺りがうねる様にペニスを締めつけてくる。

緩めた時の柔らかな肉に包み込まれるような感触もたまらない。

あまりの気持ち良さに耐えきれず、ビュッツ!ビュッツ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!とイッた。

搾り取る様に妹の膣襞が応え、長い射精が終わった。

私の汗が妹の胸を伝わり、下腹の結合部に泡汁と混ざり合って溜まった。

妹はグッと倒れ掛かり、「お兄ちゃんのが奥に当たるたび感じちゃった」と鼻声で言った。

そのまましばらく抱き合い、勃起が収まるまでクチュと動かしては、「ウン!ウン!」と声を出した。

妹が片足を上げて離れようとすると、マンコから名残が滴り、濡れてヌラヌラの下腹に溜まった。

私は左手で妹を抱き、妹は私のペニスを手のひらで撫でていた。

「お兄ちゃんと、これからはいつでも出来るね!」

その後シャワーを二人で浴び、お互いの身体を洗っているうち、またペニスが勃起してきた。

妹はその場でしゃぶり始めた。

ジュボッッ!ジュボッ!ジュル!ジュル!とバスルームに響いた。

蓋をしたバスタブに妹を寝かせ、脚を開き、マンコを啜った。

薄めの陰毛の下は割れ目が剥き出しになり、イッた後の陰唇もクリも赤く腫れ、中は真っ赤に充血していた。

クリを舐め上げ、膣の中を舌で弄ると、ヒクッ!ヒクッ!と締めてきた。

たまらずそのままで挿入し、腰を抽った。

グチャッ!グチャッ!グチャッ!と淫猥な音が響き、根本がギュッ!ギュッ!と締まる。

その度に亀頭がグッグッと膨らんだ。

密着させたまま奥をこね回すと、妹は頭を振り、「アッ!アッ!お兄ちゃんのが中で、私、いい!」と半狂乱のように喘いだ。

休んではこね回すを繰り返ししているうちに、またさっきと同様に、妹の膣襞がうねり絞るような動きに変わっていった。

たまらずビュッツ!ビュッツ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!

3回目とは思えない量のザーメンが妹の中に抽出された。

白目を剥いた妹が、足を痙攣させながら抱きついてきた。

「ウン!ウン!」と言いながら膣はまだ収縮を繰り返していた。

半立ちのペニスが押し出され、ポカッと開いた膣口から割れ目を伝わり、二人の名残がドローッと流れた。

妹のマンコが可愛く思え、そのままそれを舐めた。

綺麗に舐め取り、シャワーを浴び、着替えたところに、ピンポーン!と娘達が帰ってきた。

その後は週末と言わず、娘達を階上の妹の所に行かせ、我が家で妹とセックスをしてます。 
サンプル