0327
貧乳人妻との不倫セックス体験談

僕が料理長をしているレストランに勤めるパートの人妻Y(30歳、子供3人)にフェラしてもらいました!!


2年前から働きだしたYとは職場でも仲が良く、上司と部下というより、良き友人として過ごしてきた。

ちょうど一回り年齢が違うこともあって、色々相談できる兄のように慕ってくれてもいた。

そんな僕らが一線を超えたのが先週の土曜!
半年ほど前からマイホーム資金の関係で、土曜だけは子供を旦那に任せて、時給の高いディナータイムに働くようになった彼女。

時間の合うときは僕のクルマで自宅まで送ることもしばしばな関係に。


その夜は雨がひどく、Yが余った料理を持ち帰りたいってこともあって、いつも通り車で送ることにした。

ただ、いつもと違うのは、車まで傘を差さずに走ったため、Yの白いワイシャツの制服が濡れてスケスケになったこと。

さすがに直にブラじゃなかったけど、黒のキャミソールがいやらしくワイシャツ越しに見えて・・・。

今までは友人としか見てなかった女性の色っぽい姿を見て、興奮して車内ではあまり話せなかった。


いつもと違うそんな僕を、悩みでもあると勘違いしたのか・・・。


「何かあった!?」と聞くY。


「私でよければ話を聞くわ」ってYの誤解で、自宅から少し離れた川沿いに車を停めて話すことに・・・。


助手席のシートベルトを外して、「どうした!?仕事か家で何かあった!?」と聞くY。

世間一般の男性なら、ここで口説いたりガバッといけるのでしょうが、ホント僕は勇気がなくて「いや・・・」とか、「ん~・・・」しか言えない。


さすがに20分ほどすると、Yも帰らなきゃいけない時間になった。


Y「帰ろっか。

何か相談に乗れるならまたメールして」


(いかん、このまま帰したくない!!)

切羽詰まって、やっと一歩踏み出せました!!
助手席のYにガバッと抱きつく僕。


Y「えっ!?」

身をよじるY。

緊張し過ぎてYの香りも思い出せません。

無我夢中でYを抑えながら、キスをする僕。

驚きから抵抗したYも、途中から僕の舌を受け入れてくれて、しばらく抱き合いながらディープキスをしました。

ドキドキが半端なかったです!!

僕、モテないんですよ(笑)
結婚して以来、女房以外の素人女性とこうなるのは初めてで・・・。

Yとエッチしたいけど、旦那もいるし、家に帰してあげなきゃいけないからホテルには行けない・・・。

かと言ってゴムも無いし、カーセックスなんて経験ないから、どうしたらいいのやら・・・。

ホント残念な僕は、現実的なことを考えてしまって、カラダを離してしまいました。


しばらく無言が続いた後、「何で?」って聞くY。


何でって聞かれても・・・、エッチがしたいなんて言えないし・・・。

何も言えないダメオヤジ(涙)
そんな時です、Yから神の一言が!

「料理長・・・したいの!?」

勇気を出して頷く僕。

またもや無言が続いた後、Yが僕のズボンに手を。

何も言わずベルトを外し、ズボンとパンツを一緒に下ろされ・・・。

ホント恥ずかしいことに、息子はギンギンです!!

ここからの興奮は今でも忘れません!!
右手で息子を優しくしごくY。

すでに先っぽからはガマン汁が・・・。


「料理長、元気だね~(笑)大きいし!」

冗談っぽく言うY。

確かに太さには自信ありますが、長さは人並みだと思う僕の息子・・・。

興奮しながらも、旦那は小さいのかな!?なんて思ってたら、Yが息子に顔を近づけてきました!!
そう!!咥えてくれたんです!!
右手で竿を支えながら、亀頭を口に含むY。

舌を裏筋に這わせながら、少しずつ上下に。

半端なく上手い!!
玉舐めとかはないですが、唾液の量と適度な口の締め付け、上下運動に合わせた右手のしごきは、経験の少ない僕にはサイコー!!
フェラをしながら、「んっんっ」と吐息が漏れるY。

普通の人妻が抜群のテクニックでフェラをしている姿に、息子は爆発寸前!!

もうちょっとこの感覚を味わいたいし、Yのカラダを知りたいこともあって、僕は右手を伸ばしYのワイシャツのボタンを外しました。

余裕がない僕は、ワイシャツの隙間から右手をYの胸に。

一気にブラの中に手を滑らせました!!
想像通り・・・胸がない(笑)
制服の上から胸がないのはわかってましたが、実際に生乳に触れるとBカップ弱。

手探りでしたが、その乳には少し大きめの乳首が硬くなっています。

親指と人差し指で乳首をコリコリすると、フェラしながら、「んっんっ~ん」と吐息を漏らすY。

限界でした(笑)

「出そう!!」

僕が呟くと、手と顔を激しく上下するY。

ここ何年か記憶にないぐらいの射精感でYの口に放出しました!
放出後も口に含んだまま優しくしごくY。

僕は放心状態のまま、カバンからポケットティッシュを出し、大量の精子を吐き出すYを見ていました。


ここから先は記憶が曖昧です。


「ごめん」とか、よくわからない言葉しか出てこないままYを降ろし帰宅。

さすがに次に仕事で一緒になった時は恥ずかしかったんですが、Yは普段通り・・・。


ホント気持ち良かった反面、何で最後までしなかったんだって後悔があります。
サンプル