gaijineroeroe425000109

昔の話で恐縮ですが、私が高校の頃、まだビデオデッキが普及し始めた頃(vhsだベータだなんて言ってる頃)親の手伝いをしてビデオデッキを手に入れ、裏ビデオを通信販売で買い捲り、「裏ビデオの帝王」なんて呼ばれて、自宅がたまり場になっていました。


男友達ばかりがやってきましたが、うわさが広まり、少しイケイケの女3人も「見たい」と言って来てくれました。


3人とも、ルックスは上々で、派手目でパーマをかけていました。


3人とも彼氏が居て中の1人の女は年上の彼が、学校の門に派手な車で迎えに来て帰るという、少し怖かったですが、話してみると気のいい、魅力的な、オナネタになるような女達です。


ビデオをセットして、いきなり荒い画質で、演歌のbgmに「何よこれーー」と笑い転げます。


昔の裏ビデオはそうだった。


手書きのタイトルコールに逆に禁断の、悪いことをしているような興奮を覚えたものです。


このビデオは、初体験をするというビデオで、自分達とそう変わらない普通の女の子って感じの子がホテルのベットで男と絡み始めます。


「キレイなアソコだね。


「毛も生えてないけど・・・初体験でこんなに濡れる?」


「おっきいね」感想を口にする女達・・・

60分の間、あまり痛がるそぶりはなく、大きいチンポが出入りして、愛液が混ざったような血が出るのは判ったが、初体験かどうかは判断しかねた。


今見ると何てことないが、当時としてはいいビデオの評価でした。


終わると、


「あの男の人、おっきかったね。

h君、比べるとどのくらいーー?」


「あははー、何言ってんのーー」


「俺?同じ位だよ。

あの男、同じ動きでつまんないよね。


「えっ、本当?自信ありげだな。

見せてくれない?」


「マジで言ってんの?」


何かいい方向になってきた。


1時間も見ると開放的になる。

3人のうちの1人は修学旅行の時、トイレである男とセックスをしたのである。


私が偶然入るのを見て、聞き耳を立てると、「ギシギシギシ・・・あっ・・・あっ・・・ギシギシ・・・」古いトイレなので軋むし、小さい喘ぎ声が燃えて、興奮した。


声で抜いちゃいました。


性に対して自由なところがある。


「オナニーって好き?」単刀に私がたずねると「好き!」と3人からかえってきた。


「セックスももちろんいいんだけど、オナニーはまた別の良さあるよね・・・」


「そうだよね。

彼女とセックスして、家に帰ってきて、やれやれって一息ついて、思い出してまたオナってすっきりして寝るというな。


「アハハハ、女だって、すると良く眠れるしね。

時間にして3分位だしね。

気持ちなのかも。


「バイブも最近はまって、学校にも・・・」


「私は指派・・・」


話がエスカレートしてきて指のこねくり回しかたまで・・・


違うビデオを流し始めると、場の空気が明らかに変わってきて、3人が制服の上から胸を揉み、スカートの中へ手を入れてさすり始めた。

やばいぞ。


私は所在なさげに部屋を出て、トイレに行ってズボンを下ろすと、恐ろしく勃起していた。


「hちゃーん~なにしてんの~早くきなよ~」と声がする。


覚悟を決めた私は、笑わせるため、わざと裸で勃起させたまま「何だよ~」と部屋に入っていくと・・・


「うあーーーっ」


「何ーーいきなりー」


「すごいー大きくなってる。


さすがにびっくりしたようだ。


そういうことが好きで、いろいろバカやったことがある。


チョコを顔中に塗って、シャネルズ!って出てったり(古くてすみません)


「男の人のオナニー見たことがないから、やって見せてよ!!」


「本当かよ・・・こんな恥ずかしい事ないぞ!!」


「お互い様よ。

私だって・・・レディの前でチンチンなんて出されて・・・」


「それにしても大きいね。

ビデオの人と変わらないっていうか先っぽはずっと大きいよ。


3人も制服を脱ぎ、下着だけになって、色っぽさでむしゃぶりつきたくなった。


「たまらんな!彼氏居なけりゃ襲っちゃうんだけどな・・・怖いもんなー言うなよ」


「言うわけないでしょ」


3人が下着の上から、1人はローターを持参していて当てたり、指で押したりしている。


細長く濡れているのが見える。


私もしごき始めた。

シュッシュッシュッと音がすると、3人の目が注がれ、顔が赤らんできた。


「すごい・・・血管・・・先っぽが赤くなってきた・・・」


パンティーをずらし、マンコがあらわになり濡れているのが見えた。

3人ともきれいな方だった。


毛の処理は、2人はしているが1人はそのままで濃いが、それもまたエロくて良かった。


ほとんどもうみんなビデオは見なく、互いにオナニーを見て感じあっていた。

15分もするとビクビク痙攣して、逝きだす子もいた。

私も限界だった。

先汁がたれてきた。


「すごい濡れているね。

気持ちいいの?」


「気持ち良くて、もやもやしてるところだよ。

これで休めば、もう少しできるし、めんどくさい、イッちゃえって判断の所だね・・・やばい、逝きそうだよ。

俺すごいとんじゃうけど、どーする?いいか?」


「近くで見たい。

かかっても・・・かけて!」


「よしっいくぞっ」嬉しいこと言うじゃないか。


ドピッ~~~っ1発目は彼女達を超えて、壁に漂着し(k点越えと呼んでいる)2発3発4発・・・9発位まで出た。

彼女達3人とも精子でべたべたになっていた。


「すごすぎ!!熱い!舐めてみる?」


3人とも舐めてくれた。

臭いんだけどいい味なんて声が・・・。


「そうじしてあげようか」


3人がチンポを順に舐め始めた。


イッたばかりで苦しいが、気持ちよかった。


筋肉痛のような・・・。


3人ともとても上手で、手馴れてすぐに再勃起してしまい、おさまりがつかなくなった。


「やばいな・・・ちょっとずつ・・・やっちゃう?」


「うん。

このままじゃ・・・ゴム持ってる?」


「親の持ってくるよ。


3人の一番若さあふれる頃のセックスはすごかった。


腰の振り・・・かわりばんこで目まぐるしく・・・3人は苦しい。


親が帰って来るまでの1時間やりまくりました。


部屋中いやらしい匂いがして、急いで窓を開け、香水をまきました。


私に夢中になった3人が、5,6人に増え、度々ばらばらで私の家にやってきては、セックスをしてカップラーメンやパンを食べて帰っていくという嬉しいようなつらいような。


自転車がガチャッと音がするとビクッとしたものです。


高校卒業と同時に500キロ離れた東京に上京した私は、新たなもっと性体験をするのをまだ知る由もない。

サンプル