kimamamh081200247

それは4年前、僕がまだ小学校3年生の時でした。


姉(当時、小学校6年生)とリビングで夏休みの宿題をしていました。


母(当時38歳)は普段は優しい人なのですが勉強や行儀には厳しい人でした。


夏休みでもラジオ体操が終わって帰ると、「午前中は勉強しなさい」と宿題をやらされていました。


当時の家は庭もあり、大きな家だったと記憶しています。


ピンポ~~~ン♪

呼び鈴が鳴って母が玄関に向かいました。


一瞬だけ母の、「キャー」という叫び声が聞こえた気がして振り向くと、「旦那はどこだ!」と怖そうな男の声がして、ドタバタと争ってるような気配がしました。


当時の僕は全く何が起こってるのか想像もつきませんでしたが、姉は泣きそうな顔をしてたのを覚えています。


次の瞬間、リビングの扉が開いて、坊主頭でサングラスをした怖そうな男の人が入ってきて、「お父さんはどこや?」と聞いてきました。


僕は首を横に振りました。


同時に数人の男の人たちもドカドカとリビングに入ってきましたが、母も引きずられるように連れてこられ、リビングの真ん中に転がされました。


男の人たちは父を探してるようで母に詰め寄っていました。


でも母は、「知らない」「会社に行ってる」と叫んでいました。


その時は男の人たちが何を言ってるのか、なぜ父を探してるのか全くわかりませんでした。


男の人たちはドカドカ2階に上がって父を探してるようでした。


その後も家に数人の男の人がやってきて、10人以上僕の家にいたと思います。


母はずっと泣きながら僕と姉を抱き締めていました。


男の人たちは家中の部屋を探し回っていました。


何人かは携帯電話で誰かと喋っていました。


みんなドスの利いた怖い喋り方で、人相も悪く、僕は声も出せず震えていました。


しばらくして坊主頭の人が母の耳元で何か囁きました。


その瞬間、母の顔が引き攣ったようになりました。


坊主頭の人が周りの男の人たちに何か指示するようなことを言い、そのうちの2人に僕と姉を逃げないように押さえつけろと言いました。


僕と姉は母から引き離され、壁際に連れて行かれました。


「恨むなら旦那を恨みなよ」

坊主頭の男の人は確かそう言ったと思います。


男の人たちが母を囲み、泣き叫び抵抗する母の衣服を引きちぎり、パンティーを脱がせて母の口に捻じ込みました。


僕は何が何だか全く理解できず呆然としていましたが、姉は泣きながら下を向いていました。


母は必死に抵抗しているようでしたが、男の人たちは大勢いて両手両足を掴まれて動けません。


すると何人かが裸になり、抵抗できない母の胸を揉み、股間に手を持っていきました。


そして男の人の1人が母の両脚を拡げ、身体の上に密着するように乗りました。


急に母が暴れ出したかと思うと静かになりました。


その時は小学校3年生だった僕は意味がわかりませんでしたが、母は男の人に犯されたのでした。


その後も男の人たちは交代で母を犯し続けました。


時々見える母の顔は涙と鼻水でグシャグシャでした。


それでも隙を見て逃げようとしたり抵抗したりしてましたが、男の人たちの力には敵うはずありませんでした。


男の人たちの大きなチンコが母の股間に何度も入れられるのを僕はずっと見てました。


それまで僕はチンコもマンコもオシッコするためだけのものと思っていたのでビックリしました。


しばらくして男の人の1人が母に、「チンコを咥えろ」と言いましたが、母は口を喰いしばり抵抗していました。


坊主頭の男が姉を連れてくるように若いお兄ちゃんに命令しました。


「やめて!お願いだから娘には手を出さないで!」と母は叫んでいました。


姉も泣きながら必死に逃げようとしましたが、すぐに全裸にされてしまいました。


姉の股間には少しだけ毛が生えていました。


「お前が言うこと聞いて何でもするなら娘には手を出さない」

坊主頭の男の人がそう言うと、「わかりました、何でも言うこと聞きます、何でもします」と母が答えました。


姉はダイニングから持ってきた椅子に股を開かされたまま紐のようなもので括られました。


それから母は男の人たちのチンコを舐めて口に含んでいました。


男の人たちは四つん這いの母の後ろからチンコを入れて体を動かしていました。


「そこは・・・」

母が呟くように言った直後に、「ギャー!い、痛い・・・」と叫びました。


男の人たちは終始笑っていました。


男の人が四つん這いの母の後ろから挿し込んでいたチンコを抜いて立ち上がると、母が崩れるように床に落ち込みました。


「もうマンコはガバガバのユルユルやから尻の穴へ突っ込んだった」と男の人は言いました。


「じゃあ俺もアナルいただくか」

それから母は口とマンコとお尻の穴へいっぱいチンコを突っ込まれて失神してしまいました。


母が失神して気を失ってる間に男の人たちは母との約束を破り、姉にまで手を出しました。


泣いて母に助けを求める姉は無残にも男の人たちの玩具にされてしまったのです。


母が目を覚ました時には姉は気を失って床に倒れてました。


半狂乱の母もまた、翌朝まで大勢の男の人たちの玩具にされていました。


そしていつの間に来たのかビデオカメラを持った男の人がそれを一部始終撮っていたと思います。


翌日になって坊主頭の男の人の携帯に電話が入り、父が見つかったみたいだと言って男の人たちは出て行きました。


その日は母も姉も僕も昼過ぎまで呆然としていましたが、母が姉と僕を抱き締めて夜まで啜り泣いていました。


後日聞いた話です。


父は元々銀行員でした。


不正疑惑で銀行を退職し転職したのですが、その会社は評判の悪い会社だったようです。


父はその会社の経理をしていたのですが、会社のお金を横領していたようで、最後に何百万円ものお金を持って逃げたらしいのです。


それで怒った会社の人たちが父を捜しに家に押しかけて、腹いせに母や姉を強姦し、ビデオやカメラでその様子を撮って母に口止めさせたということでした。


今は離婚して母子3人でアパートに住んでいますが、母はその会社で事務員の仕事しています。


毎日、疲れた顔をして帰宅してきます。


高校に進学した姉も放課後、アルバイトでその会社に行っています。


父の所在は僕には教えてくれません。
サンプル