1110-700x913
私達は33歳の夫婦です。

私が知っている限りでは、妻の男性経験は2人でした。


最近、夜の生活がマンネリしてきたので、妻に思い切ってスワップのことを話してみました。

妻は少し興味ありそうでしたが、拒否していました。

私は妻に内緒で、スワップ相手を探しました。

そして、SM・アナルなしで、距離的にもちょうどよく、年格好も似たMさん(旦那・34歳)、Yさん(奥さん・31歳)の夫婦と知り合いました。

スワップ経験は3回あるそうで、やさしそうな夫婦でした。

私はこの夫婦に決め、連絡を取り、待ち合わせをしました。


当日、妻を連れて出掛けました。

まだ妻は知りません。

私が車でホテルのゲートを潜ると、妻は「昼間からここ?」と。

私は「たまにはいいじゃん」と軽く流してホテルへと入りました。

広めで、1階と2階があるちょっと豪華な部屋にしました。


部屋に入ると私は相手夫婦にメールをし、妻に今日のことを告白しました。

妻は部屋の設備に感動していたのか、私の計画を読んでいたのか、「うん」と二つ返事でした。


そうこうしているうちに部屋のチャイムが鳴りました。

ドアを開けると、スポーツ体型のMさんと、スレンダーでギャル系のYさんでした。

しばらく4人で話し、Mさんと妻が1階の浴室でシャワーを、私とYさんが2階でシャワーを浴びることにしました。

私が妻のことを気にしながら服を脱いでいると、Yさんが気遣ってくれたのか、「私の服も脱がせて」と寄ってきました。

少し緊張しながら服を脱がすと、真っ赤な下着でした。


Yさんは下着を自分で取り、一緒に浴室に入りました。

浴室にはマットとローションがあり、シャワーをした後Yさんの体にローションを塗って、胸とあそこを触りまくりました。

Yさんのあそこは綺麗に剃ってあり、聞くところによるとMさんが3日に1度剃ってくれるそうでした。


お互いの体を洗い合い終え、浴室を出ると、1階から妻の声が聞こえてきました。

体を拭きながら1階を見てみると、妻が足を開き、Mさんが顔を埋めていました。

妻はシーツを握り締めて必死に声を抑えているようでしたが、Mさんが顔を動かす度に腰をうねらせ声を上げていました。

1階の様子に見惚れている私の後ろからYさんが私のチンポを握り、「心配なの?でも大きくなってるよ」と耳元で囁き、私をベッドへ誘いました。


私が「気にならないの?」と聞くと、「割り切って楽しんでるから」とニコリとしながらキスを求めてきました。


この言葉で私は吹っ切れてYさんに集中しました。


Yさんは結構敏感で、耳元やうなじをスーッと舐めると小さい声で、「あっ」と反応がありました。

胸を触り、凹んだ乳首を吸うとだんだん硬くなって出てきました。

胸を刺激しながらあそこを触ると熱くなっていました。

1階と同じように、私もYさんの足を広げあそこに顔を埋めました。

私の舌は普通の人よりも細長く、先が尖がっています。

Yさんの腰を持ち上げ舌を奥まで入れ動かしました。

Yさんの声もだんだん大きくなってきました。

そしてビラビラを開き、クリの皮を剥き刺激すると、「イク、イク」と言いながら、あそこから潮らしきものが流れ出てきました。


Yさんは「ごめんなさい。

濡れなかった?」と聞いてきましたが、私は「大丈夫だよ」と言いながら今度は手であそこを刺激しました。


そしたら今度は大量に潮らしきものが出てきました。

Yさんは「ちょっと待って」と言い、私の上に跨がり69の体勢でチンポを口に入れました。

目の前にはYさんのあそこが。


私はまた舌を出し入れしました。

Yさんは自ら腰を上下させ、ビクビクっとなったと思うと、私の顔に潮らしきものを放出しました。

私は顔を拭くため一時中断し、タオルを取りに行きました。

途中で1階を見ると、妻がMさんの上に乗り、腰を激しく振っていました。


私はゴムを着けYさんに挿入しました。

私は、前から、横から、後ろからとYさんを突きました。

Yさんを上にして挿入しようとした時、「生がいいでしょ?あっちもたぶん生でしてると思うよ。

でも、イク時は必ず外でね」と言いながらゴムを外し、挿入しました。

Yさんは抜けないくらいに、わざとあそこを締め付けているようでした。

私は下から胸を掴み、乳首を摘んだりしました。


Yさんの動きが激しくなると何か視線を感じました。

ふと見ると、階段の方から妻がこっちを覗いていました。

私と目が合うと妻はニコリとしました。

そしてMさんが妻をそそのかすように私達のベッドの横に連れてきました。


YさんはMさんに気づくと、動きを緩めました。

Mさんは妻を私の横の壁に手をつかせ、後ろから妻を突いていました。

妻は声を抑えていたようでしたが、すぐに「イク~」と叫んで、崩れ落ちました。

そんな妻をMさんは抱きかかえ、さらに攻めていました。

そして妻の背中に精子を出しました。


それを見終わるとYさんはまた動きを激しくしてきました。


私が「そろそろイキそう」と言うと、チンポを口に入れ、精子を受け止めてくれました。


Mさんは妻をベッドに抱え、私の隣に横たえました。

私は妻とシャワーを浴びに行きました。

妻の体を洗っていると・・・、あそこの毛がない。

妻は「剃られちゃった」と笑っていました。


シャワーを終え、部屋を出ると、そこにはMさんとYさんの姿がありませんでした。

1階に下りてテーブルを見ると置き手紙と封筒が。

手紙には、『楽しい経験ができましたか?また楽しみたい時には連絡ください。

黙って失礼してすみません』と書いてあり、封筒には心付けが入っていました。


帰りの車の中で妻と「また彼らと楽しみたいね」と話しながら帰りました。
サンプル