1071
私は28歳の会社役員です。

妻も28歳、大学生の時からの交際で結婚し、普通の生活を送っています。


最近、同じマンションに引っ越してきた50代の男性『佐藤さん(仮名)』と意気統合し、よく近所のサウナに一緒に行くようになりました。

ある日、佐藤さんから「妻と浮気をしてみてくれないか」と誘われました。

自分の妻の味を他の男性から聞いてみたいとの話でした。

私はドキドキしながら話を聞き、話を聞くうちに自分の妻が佐藤さんに抱かれていることを想像したら興奮がピークに達していることに気づきました。

二人で悪巧みを考えました。

お互いの奥さんと浮気し合うことです。

もちろん妻達には内緒です。


まずは佐藤さんからでした。

私の家に招待して食事をして、佐藤さんが帰った後で・・・。


私「佐藤さんがお前のことを随分気に入っていたよ。

『あんな奥さんをもらえて羨ましい』って。

佐藤さんって50歳とは思えないほど精力的だよな。

サウナで見たんだけど、あそこもかなりデカいんだよ。

見た目はただのハゲたオヤジだけどあのチンポで犯られたら、ちょっと病み付きになるかもな。

奥さん35歳って言ってたから、まだまだ毎晩やりまくってるんだろうな、ハハハ」


妻の反応を探りました。


妻「私、あのタイプのおじさんって嫌いじゃないわよ。

あなたと付き合ってる時、一時喧嘩して別れた時に付き合った人がいるって言ったでしょ。

その人46歳だったの。

年上ってそれなりに包容力があって良かったわよ。

ただ、あっちのほうはさっぱりだったけどね、ウフフ」


反応は上々でした。


次の作戦は、私が無断外泊して妻を怒らせて、次の日に佐藤さんが私の家を訪ねて、その夜、私が繁華街で女性と歩いていたという話をして妻の浮気心をそそるという筋書きでした。


実行日、私は酔って実家に行き、そこで寝ました。

その夜、私の携帯電話に佐藤さんから電話がかかりました。


佐藤「もしもし、佐藤です」

私「ああ、どうも」

私は心臓が喉にくるほどドキドキしてました。


私「どうでした?」

佐藤「とても素敵な奥さんですね」

私「ということは・・・?」

佐藤「ええ・・・、まぁ」

私の頭の中にどうしようもなく熱いものが廻り始めました。

股間に血液が集まり、ペニスがズキズキとしてきました。

その夜は、「明日、サウナで会いましょう」と言われ電話を切りました。


家に帰りました。

妻は何も変わりない様子でいました。

私は妻の前でわざと実家に電話を入れ・・・。


私「母さん、昨日は悪かったな。

スナックの女に付きまとわれてちょっと悪酔いしたみたいで・・・」


妻はビックリした様子で私の話を聞いていました。


電話を切った後、妻が・・・。


妻「あなた、昨日実家に泊まったの?」

私「ああ、接待で行ったスナックの女の子に食事に連れていけってせがまれて、相手先の部長が行こうっていうから行ったけど、飲みすぎて気分悪かったから実家に寄ったら、それっきり寝たみたいで、おふくろも夜遅いからお前に電話かけられなかったって言ってたよ。

悪い悪い」


妻「そうなの・・・」

私「どうして?」

妻「どんなに遅くなっても電話してよ!私、疑っちゃうじゃないの!」

その日、妻を抱こうとしたら生理だからと断られました。

きっと佐藤さんの精液が残っているのでしょう。

夜中に何度も興奮して目が覚めました。

妻の寝顔を見ると、半開きの口が妙にいやらしく、ロングTシャツが捲れ上がり、白い内股が見えていました。

あの白い太股を佐藤さんの舌が這いまわり、そのパンティーの奥をまさぐられ、あの太いカリ首で攻め立てられたのだと想像するとどうしようもなく、私はトイレに駆け込み、初めて味わう興奮のエキスを放出しました。


布団に戻ると妻は仰向けに寝ていました。

私はそっと妻の股間を嗅ぎました。

生理用品が当ててあるにも関わらず、精液の匂いはすぐに判りました。


(中に出されたんだ!)

私の興奮は再び燃え上がりました。

再びトイレに駆け込み、放出しました。


翌日、サウナで佐藤さんと会いました。

その日サウナはガラガラで、お客は私と佐藤さんとリクライニングでいびきをかいている若者だけでした。


サウナの中で佐藤さんが・・・。


佐藤「昨日はどうでした?興奮で寝られなかったでしょう?私も一度妻の浮気が発覚した時、興奮で寝られませんでしたよ。

いやぁー、奥さんは可愛い声で喘ぐんですね。

あの声を思い出しただけで勃起してきそうですよ」


私「詳しく教えてください」

佐藤「興奮しますよ、なんせ自分の奥さんのあそこに入ったチンポがここにあるんですからね。

奥さんのあそこは狭いから1回目はすぐに出してしまいましたよ」


私「何回したんですか?」

佐藤「2回中に出して、私が『もう一回しよう』と言ったら、『ヒリヒリして痛いから』って口に出させてくれました。

奥さん絶頂になると、私のカリ首をキュッキュッってよく締めてくれるんですね。

四つん這いにしてお尻に舌を指し込んで穴とクリトリスを責めたらシーツを掻き毟りながらベッドで這い回るんですよ。

その姿が可愛くて、30分ほど続けたら潮吹いちゃいましたよ」


私「・・・そんなことまで」

佐藤さんのペニスは半分勃起していました。

私のモノもすでにコチコチで、私は恥ずかしくてタオルで隠していました。


佐藤「立ってきたんでしょ?隠さなくでもいいですよ。

次に私の妻の中に入るチンポ見せてください。

ほら、このチンポが奥さんの中で暴れたんですよ。

このカリ首が気持ち良いって言ってくれました。

奥さん、愛液が多いから最初からスムーズにチンポが入りましたよ。

最初にチンポをあてがった時に、『旦那以外のチンポを入れられる気持ちはどう?』と聞いたら、『とうとうしてしまうのね』って言うから、『やめときましょうか?』って言ったら、『ダメ!もうだめ、早く入れて』って言いながら自分から腰を摺り寄せてきましたよ。

女ってすごいですよね。

一旦チンポが入ってからがもっとすごかったですよ。

腰をくねらせながら悶えるからチンポが抜けるんですよ。

そしたら、『イヤイヤッ、早く』って言いながら私のチンポを掴むんですよ。

あれだけ大声で喘ぎながら身体を絡みつかせてきたら男冥利につきますね。

あなたが羨ましいですよ。

あああ、とうとう私もカチカチに立ってきましたよ。

ハハハ、なんなら奥さんの中に出した精液でも見せましょうか?」


勃起した佐藤さんのペニスは本当に本当に50歳のものとは思えないほど上を向き、見事に張り出したエラが妻をどれだけ悶えさせたか物語っていました。

私はタオルを取り、ペニスをしごきました。

佐藤さんもゆっくりとしごき始めました。


佐藤「奥さん、アナルもいけますよ。

舌を半分くらい突っ込んだら痙攣しながら叫び声をあげていましたから、そのうち開拓してみましょう」


私「そうですか・・・」

実は最近の私は結構淡白で、佐藤さんほど妻を悦ばせていません。

妻が佐藤さんのセックスにはまってゆくのが怖くなってきました。


佐藤「ほらほら、出るよ。

このチンポが奥まで奥さんの中に入って、奥さんは叫び声を上げながら私の精子を受け止めたんですよ・・・。

あああっううっくぅぅぅ~っ」


佐藤さんのペニスの先からサウナのタオルの上に精液が飛びました。


(あの精液が妻の中に・・・)

そう思うと私も絶頂が近づいてきました。


佐藤「おうおう、ガマン汁が溢れてるよ。

興奮していますね。

今度は奥さんの声でも録音してきますよ」


私「えっ、またするんですか?」

私はペニスをしごきながら聞きました。


佐藤「当たり前じゃないですか。

あなたもこの世界の興奮を覚えたでしょ。

ほらほら、奥さんを犯したチンポと奥さんに注ぎ込んだ精液を見ながらもっと想像してください。

奥さんの喘ぎ声を思い出して」


私は射精しました。

1メートル以上飛び散ったでしょうか。


佐藤「すごいです。

やっぱり若い人は沢山出ますね。

私の妻の中にもたっぷりと注いでください。

そして今日のように詳しく話を聞かせてください」


サウナの熱と興奮で私は頭が変になりそうでした。

しかし、この興奮は私の身体に刻み込まれ、佐藤さんの求めていた世界に引きずり込まれて行く自分が怖くもあり、そしてこれからどのような世界に妻も入っていくのか怖くなってきました。

しかし股間はその興奮を忘れきれず、まだドクドクと精子を製造しているようでした。
サンプル